飼い主がしてあげられる犬のための老衰ケア3つ

【獣医師監修】飼い主がしてあげられる犬のための老衰ケア3つ

動物愛護週間には長寿動物の表彰がありますが、犬や猫の飼育頭数の増加とともにこの表彰頭数も年々増え続けているようです。人間同様に進むペットの高齢化ですが、一緒に暮らしていく際に知っておきたい、心がけたい老齢の犬のためのケアを考えてみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の老化現象

手を握られる犬

犬の場合は多少の個体差はありますが、一般的に小型犬で10歳以降、大型犬で7~8歳以降がシニア犬とされています。しかし室内飼いが増え生活のストレスが軽減されている近年では犬の寿命も延びているといわれており、以前では15歳で長寿とされていた小型犬も18歳まで生きる例も少なくありませんし、10歳前後ではまだまだ元気いっぱいな犬たちも多いのが現状です。

しかしパッと見て元気な犬たちも少しずつ老化が始まっているので、上記の年齢付近になったらちょっとした変化を見逃さないように注意をしてあげましょう。

老化が始まったかどうかのチェックリストはこちらです。

  • 眼球が白っぽくなってきた
  • 耳が遠くなってきた
  • 睡眠時間が増えた
  • 段差を避けるようになった
  • 運動を面倒くさがるようになった
  • 好きな食べ物が変わった
  • 口臭がキツくなった

これらのうち2つが当てはまれば、そろそろ犬も老化が始まったと言っていいかもしれません。そして更に加齢が進み心身の衰えが目立つようになると、「老衰」という状態になります。運動をせず寝ているので下半身の筋肉が落ちて立ち上がりに苦労したり、歩いている最中に腰を抜かしたり、固いフードを嫌がったりといった状態が良く見られるようになります。
もちろん、老化だとおもっていた中には病気が隠されている場合もありますので、注意してください。

老衰ケア

白内障の犬

1.食事

身体的な活動量も低下しており、消化管の機能も低下しているため、それまでと同様の量やスピードで食べることはできません。食事に対する執着も薄れている場合もあるので、嗜好性が高く、低カロリーかつ高タンパクなフードや食べたがるものを用意しましょう。

うとうとしたり顔を上げたりしている時間が長くなるので、「食べたい」という意欲が沸いている時間に、やわらかく消化を良くしたもので少しずつ食べさせてあげてください。

2.運動

水を飲む犬

日中寝ていることが多く動くのを億劫がりますが、排泄時は寝ている場所を汚さないためにも犬たちは起きたがることが多いです。年を取ると下半身の筋肉が衰えて立ち上がるのが困難になっていますが、そこを補助してやると自力でトイレまで行けることも少なくありません。排泄のタイミングを利用して、段差のない室内を少し歩かせてあげると気分もリフレッシュするでしょう。

排泄の最中に腰を抜かしてへたり込んでしまったり、予期しないところで粗相をしてしまうこともありますが、叱らずちゃんと排泄できたことをほめてあげてください。また介護用のおむつやペットシーツをうまく利用していきましょう。

3.就寝時

年老いた犬たちは寝ていることが多くなるので、その寝具となるベッドも負担を考えて選んであげましょう。人間も寝たきりになって体勢を自分で変えられない時間が長くなると、体重のかかる骨が出ている部分に「褥瘡(床ずれ)」ができます。これは骨と皮膚の間にある組織に血液がめぐりにくくなり、赤くただれたり傷が出来たりすることです。ひどい場合は皮膚に穴が開いたりします。

これを防ぐためには体圧を分散させたり、こまめな体位変換が必要です。寝たきりの犬の場合は筋肉が落ちていて骨が浮き出ていることが多いので、圧力がかかりやすい部分の周りにやわらかい素材のクッションを当てるなどしてケアします。体位変換をした後、下になっていた骨盤付近や肩のあたりを軽くマッサージしてあげるのも良いでしょう。

まとめ

あくびする犬

長い間家族として暮らしていた犬たちが徐々に老いて、お別れが近づいていく日々を過ごすのは悲しいものです。しかし犬たちには最期まで穏やかに、心安く過ごしてもらいたいと思います。旅立ちの日まで愛情をもってケアしてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。