そっとしておこう!犬に構わないほうがいい瞬間4つ

そっとしておこう!犬に構わないほうがいい瞬間4つ

犬にだって構わずにそっとしておいて欲しい瞬間があります。過剰に構うとストレスに感じてしまう犬もいます。犬に構わないほうがいい瞬間とは、どんな瞬間なのかご紹介しましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬に構わないほうがいい瞬間①「ごはんを食べているとき」

お皿に山盛りのごはんを食べているラブラドール

犬がごはんを食べているときは、声をかけたりカラダを撫でたりせず、そっと見守ってあげましょう。お皿やごはんに触れようとすることや手を伸ばすこともやめた方が良いです。取られてしまうのではないかと勘違いし、手にガブリと噛みついてしまうことがあるかもしれません。ごはんを食べているときに飼い主さんに構われると、早食いになってしまう犬もいます。早食いをしてしまうと、消化が悪くなってしまい、下痢や嘔吐の原因になってしまうかもしれません。

焦って食べてしまうことで、ごはんを喉に詰まらせてしまうかもしれません。飼い主さんにとっても犬にとっても危険なことがあります。ごはんを食べている間も飼い主さんに構って欲しかったり、褒めて欲しい犬もいます。しかし、構って欲しくないと意思表示をしているのに、無理に構ったり、わざとごはんを取るフリをしてからかったりしないようにしましょう。

犬に構わないほうがいい瞬間②「眠っているとき」

アゴを乗せて眠っているチワワ

眠っているときに構われることは、犬にとって大きなストレスです。お留守番している時間が長い犬に対して、寂しい思いをさせているのだから“もっと遊んであげなきゃ”とか“もっと構ってあげなきゃ”と思ってしまいますよね。しかし、飼い主さんが一緒にいるときに眠っているということは、決して退屈しているということではありません。

退屈なのであれば、“遊ぼう!”と構って欲しいアピールをしてくるはずです。きっと、カラダの疲れを取るために眠っていたり、心の疲れやストレスを緩和させるために眠っています。とくに、自分のベッドや寝床で眠っているときは、本格的に眠りたいときなのだと思います。構わずにそっとしておいてあげましょう。

犬に構わないほうがいい瞬間③「帰宅後すぐ」

HOMEと書かれたマットに座る犬

帰宅すると、全身で喜びを表現してくれる犬に対して、飼い主さんだって全力で構ってあげたいですよね。しかし、そのことが、犬にとってお留守番中のストレスや不安や寂しさを強めてしまう可能性があるんです。帰宅後すぐは、大袈裟に声をかけたり、抱き上げたり、激しくスキンシップをすることなく、「ただいま。ちょっと待ってねー」と声をかけるくらいにしましょう。手を洗い、着替えをし、その後でたっぷりと構ってあげると良いと思います。

そうすることで、「お留守番は決して重要なことではない」「お留守番は決して怖いものではない」「飼い主さんや家族は必ず帰ってくる」と理解し、ストレスや不安や寂しさを減らしてあげることができます。また、帰宅した飼い主さんを見て、大興奮して暴れてしまう犬もいますね。お座りをさせたり、ハウスをさせるなどし、落ち着いた状態で構ってあげるようにしましょう。

犬に構わないほうがいい瞬間④「吠えているとき」

吠えているポメラニアンの子犬

無駄吠えを叱ってもやめない、というワンちゃん多いですよね。実は、飼い主さんの対応に問題があることがほとんどです。チャイムが鳴ると吠える、訪問者に対して吠える、道ですれ違う犬に吠えるなど、吠える理由は“怖いから”です。怖くて吠えているときに「やめなさい!」「静かにしなさい!」「うるさい!」と叱ったところで逆効果です。怖くて威嚇していることに対して、飼い主さんも加勢してくれた、と勘違いしてしまうからです。怖くて吠えているときには構わないようにしましょう。

吠えているのに誰も構ってくれず、誰も反応してくれず、無視をされた状態でいると、犬は吠えることをやめます。訪問者に対して吠えていた犬も、飼い主さんが構わないことによって「あれ?この人、大丈夫かも…?」と、少し安心して興味を持ってくれるかもしれません。

まとめ

ソファーに座る女性の膝の上の犬

ついつい構ってあげたくなってしまう気持ち、よくわかります。でも、構いすぎてしまうと、犬にとってはストレスなだけです。スキンシップやコミュニケーションが不足してしまうことはよくありませんが、過剰であってもよくありません。ワンちゃんが「構って♡」と、おもちゃを持ってくるなどアピールしてくれたときは、思いっきり構ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。