絶対NG!犬のために今すぐやめるべき習慣4つ

絶対NG!犬のために今すぐやめるべき習慣4つ

犬と一緒に生活をする時にNGとなる習慣があります。犬にとってNGとなる習慣を行っていると、犬を危険な目に合わせたり信頼関係を崩してしまったりする可能性があるそうです。犬のためにやめるべき習慣とは?

はてな
Pocket
お気に入り登録

絶対NG!犬のために今すぐやめるべき習慣4つ

犬にとって有毒な食材と白い犬

1.犬にとって毒となるものを置く

日常の生活で、犬が中毒を起こすものはたくさんあります。例えば、ポトスやカラジウムといった観葉植物、アサガオやチューリップといった人間にとって身近な花は、犬が中毒を起こす植物として知られています。

また、食べ物だとチョコや玉ねぎ、カフェインが含まれている飲物、キシリトールが入っている人間が食べるガムなどは、犬にとって毒のある食べ物として有名だったりします。これらの毒のある食べ物を愛犬が食べてしまうと、最悪の場合命を亡くしてしまうことになってしまいます。

犬は食いしん坊なので、気になったものを見つけると食べてしまう場合が多いので、中毒を起こしてしまうものを愛犬が生活している場所に置くのはとても危険といえるでしょう。ちなみに、ご紹介したもの以外にも犬にとって毒となるものは数多く存在しますから、愛犬が生活しているスペースに気になるものがあるときは、犬にとって毒とならないか調べるようにしましょう。

2.食べ物を置いたままにしている

テーブルの上の食べ物を見つめる犬

人間が食べている食べ物をテーブルなどに置いたままにするという習慣も、今すぐやめるべき習慣の1つとなります。先ほどもお伝えしたように、人間の食べ物には犬にとって毒となる食べ物がたくさんあります。それらを食べることで中毒を起こしてしまう可能性もありますし、毒ない食べ物でも人間の食べ物を頻繁に食べることで肥満になったり、体に様々な悪影響を与えたりすることになってしまいます。

なかには、テーブルに置かれている鳥の骨付き肉を食べたときに、鳥の骨が内臓に刺さって大ケガをしてしまった犬もいるそうです。一見食べ物には危険が少ないように感じますが、犬にとって危険となる要素がたくさんあるので、食べ物を置いたままにするという習慣はやめるようにしましょう。

また、犬は人間が思っている以上に食べることに一生懸命になるので、高さのあるテーブルなどに食べ物を置いていても、ジャンプをしたり家具をよじ登ったりして食べ物を食べることがあります。ですので、愛犬の側を離れるときは、愛犬がいる場所とは別の場所に食べ物を移動させるようにすることをおススメします。

3.犬を独りにするときでもドアや窓を開けっぱなしにしている

開いている玄関から顔を出す犬

残念なことですが、マンションなどの高い所から落下して命を亡くしてしまう犬は少なからずいるそうです。ほとんどの場合、飼い主が愛犬から目を離しているときに、開けっぱなしにしていた窓やベランダから落下してしまったことが原因となるそうです。

また、換気のために玄関のドアを開けっぱなしにしていたら愛犬が脱走してしまった!という話もあります。犬が脱走してしまうと交通事故にあったり、行方不明になったりしてしまう場合が多くとても危険です。これらの命に関わる事故は、飼い主が少し気を付けるだけで簡単に防ぐことができますので、愛犬の側を離れるときはきちんと戸締まりをするようにしてあげてください。

4.叩く・体罰

悲しげな表情で座る犬

しつけのために愛犬を叩く、愛犬がいうことを聞いてくれないことにイライラしてつい叩いてしまった。という飼い主は少なからずいることでしょう。このような叩くという行為は、百害あって一利なしとなるので、今すぐやめるべき習慣といえます。

叩いてしつけをしている人は、叩きながらしつけをすると愛犬がいうことを聞きやすいと感じるかもしれませんが、実際は暴力の恐怖によって愛犬にいうことを聞かせているだけとなります。はじめは「叩かれたくない」と感じて犬がいうことを聞く場合が多いそうですが、体罰を繰り返していくうちに愛犬は自己防衛をするようになったり、飼い主を信頼できなくなったりしていくそうです。その結果、自分を守ろうと攻撃的な性格になってしまうことがあるみたいです。

また逆に、恐怖をずっと感じることで犬が常に怯えた性格になってしまうこともあります。無気力な性格になったり、余計にしつけが上手くいかなくなったりすることも多く、ストレスを溜め込んでしまう原因にもなってしまいます。叩くという行為は飼い主にとっても愛犬にとっても良いことは一つもないので、心当たりがある人は褒めながら愛犬と楽しくできるしつけの方法に切り替えるようにしましょう。

まとめ

窓が開いたベランダから外を眺める犬

犬のためにやめるべき習慣はどれも犬にとって凄く危険なものといえます。飼い主が少し気をつけるだけですぐに改善できるものばかりなので、心当たりがある場合はすぐ改善してあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。