若い頃とはどう違う?老犬の動きの特徴4つ

【獣医師監修】若い頃とはどう違う?老犬の動きの特徴4つ

共に過ごす愛犬をペットではなく、大切な家族と感じながら生活している飼い主さんも多いですよね。子犬はあっという間に成長し、たくましい成犬になり、時間と共に年老いて老犬になっていきます。1日でも長く愛犬と過ごしたいという願いは、どこのお家の飼い主さんも一緒ではないでしょうか。若い犬と老犬の動きの違いを知っておき、老犬ならではの健康管理に気をつけましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬は何歳から老犬?

外で眠る黒いレトリバー

ご自宅の愛犬は何歳ですか?ブリーダーさんやペットショップから犬を購入されたご家庭は、愛犬の年齢を把握できていると思います。しかし、何らかの理由で保護されていた犬を里親として迎え入れた場合、はっきりとした年齢が分からないこともありますよね。

犬のシニア期は小型犬は6歳頃から、大型犬だと5歳頃からと言われています。さらに年齢を重ねた高齢犬は小型犬が11歳、大型犬が8歳からです。

愛犬の年齢が把握できている場合は、年齢に合わせた食事に変えたり運動量を調節してするなどして、年相応のケアの仕方も分かりやすいと思います。年齢がはっきり分からない愛犬は動きや行動、体調などから察して適切な管理をしてあげたいですね。

老犬になった時の動きは、力なく歩く、階段を嫌がる、物にぶつかるなど、それまではあまり見られなかった動きをとることが多くなります。一緒に暮らしていると、すぐに気付く動きが多いので気にかけて観察してみましょう。

老犬の動きの特徴1.力なくトボトボ歩く

歩いている犬

お散歩中だけでなく、室内を移動する時も若いころのように、元気に歩き回る事はしなくなるでしょう。老化によって足腰が弱ってきている可能性があります。また筋肉の衰えや関節に痛みがある場合もあります。老化現象のひとつではありますが、関節痛などで痛みを伴っている場合は老化現象以外の何かの病気の可能性も否定できません。痛みが強そうな場合はしっかり動物病院で診察してもらいましょう。

老犬の動きの特徴2.立ち上がれなくなる

犬用ベッドで休む柴犬

寝起きで立ち上がりたい時、またお座りや伏せの姿勢から立ち上がることが少しずつ困難になってきます。老化現象の初期の頃は時間をかけながら立ち上がりますが、徐々に立ち上がること自体が出来なくなってしまいます。

こちらもトボトボ歩くのと同じく、運動機能や筋力が低下することによって起こります。犬の足腰には滑りやすい床が非常に負担になります。老犬は足腰が弱っているので負担を少しでも軽減できるようカーペットやマットを敷くなどして工夫しましょう。

老犬の動きの特徴3.旋回する

柵の中を歩く犬

愛犬が突然くるくると回りはじめたら驚かれると思いますが、旋回運動も老化現象のひとつになります。老犬になると運動機能が衰えると共に、脳が萎縮してくることがあります。そのため人間と同じように認知症の症状がでる犬がいるのです。

ただし旋回運動だけで認知症と決まってしまうわけではありません。病気によってもこのような行動をとることがありますので、まずはかかりつけの病院さんに相談してください。他にこの行動と共にトイレの失敗が増えた、深夜に徘徊するなどの行動が見られる場合は認知症の可能性が高くなります。

老犬の動きの特徴4.物にぶつかる

伏せをする老犬

始めて行く場所や、室内を模様替えした時に、ゆっくりのんびり歩いているにもかかわらず、物にぶつかってしまのは視力が低下している可能性があります。老化現象で視力が落ちてしまうワンちゃんはとても多いようです。

住み慣れた室内であれば、視力以外の嗅覚や聴覚を活かして、いつも通りの生活ができますが、階段などの段差はつまずいてしまうことが多くあるでしょう。また普通に生活することが出来ているので、飼い主さんが愛犬の視力の低下に気付けない危険性があります。意外な場所で物にぶつかった時は、視力が低下していないかチェックしてみましょう。

視力のチェック方法

丸めたティッシュや綿など落としても音の出ない物をひとつ用意します。用意した物を愛犬の視線の前に持っていき、ポトンと下へ落とします。落とした物をしっかり目で追うことができたら視力は落ちていないはずです。もし反応がない場合は視力が低下している可能性が高いので、初めて行く場所などは特に気をつけてあげましょう。

室内では出来る限り、家具の配置を変える事はしないほうが良いでしょう。もし配置を変えた場合は愛犬がぶつかっても怪我をしないように、家具の角を柔らかい素材のものでガードしてください。

視力の低下も老化現象だけでなく、白内障や緑内障など目の病気の可能性もあります。目があまり見えていないのかな?と感じた時は念のため獣医さんに診てもらう事をおすすめします。

まとめ

野原を歩くコッカースパニエル

犬は人間と違い、あっという間に歳をとってしまいます。犬の最大の短所は寿命が短いことかもしれませんね。老犬になっても家族の一員であることには変わりないので、穏やかな時間を過ごしてもらえるように、日々の動きを観察して健康管理をしてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。