犬にしない方がいい『撫で方』3選

犬にしない方がいい『撫で方』3選

お気に入りに追加

この記事では「犬にしない方がいい『撫で方』」をテーマに、ワンちゃんがされて嫌がる撫で方をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

9014view

①身体の先端を撫でる

頭を撫でられようとしている犬

一般的にワンちゃんは身体の先端を撫でられるのを嫌がると言われています。

中には、もともと平気な子やしつけをされてる子など嫌がらない子もいます。
そのような子でしたら特に気にする必要はありませんが、嫌がる子ならばその箇所として鼻や頭の上、手足の先、耳、尻尾などがあげられます。

理由としてワンちゃんにとって身体の先とは、敏感で急所な場所だからです。
急所を触られるということは、いくら信頼している飼い主さんとはいえワンちゃんからしてみては自分の生命に関わってくることですから、本能から防衛してしまうのです。

クルンとした尻尾や小さな手足の先など愛犬ならつい触ってしまいたくなってしまいます。

しかし、どんな我慢強いワンちゃんでも苦手な子が多いというのも事実にあるので、身体を拭いてあげる際などやむを得ず触ってしまうときはそのことを忘れないようにしてあげてください。

②強引に撫でる

歯をむき出して怒っている犬

ワンちゃんが寝ているときやご飯を食べているときなど何かをしているときや夢中になっているときは撫でるタイミングを考える必要があります。

寝ているときに撫でるということは、性格にもよりますが飼い主さんに撫でられて喜びを感じる子もいる反面、急に触られることに驚いてしまう子もいます。

もし、驚かせてしまったならばワンちゃんからしてみたら一時的に寝ているときに襲われたと思わせてしまい、臆病な性格や警戒心の強い子になってしまい安眠出来なくなってしまうかもしれません。

また、ワンちゃんが興奮しているときも強引に撫でるのは控えた方が良いです。
ワンちゃんが興奮しているというのは、すごい喜んでいるとき、怒っているときです。

いくら、普段からともに生活しているワンちゃんとはいえ興奮しているときというのは、落ち着きがなく普段とは異なる行動をしてしまう恐れがあります。

そんな時に撫でたら、ワンちゃんも冷静に判断出来ずに飼い主さんの手を噛み付いてしまい怪我を負ってしまったり、飼い主さんとの関係に影響を及ぼしてしまうかもしれません。
ワンちゃんが興奮しているときは興奮が冷めるのを待って落ち着いてから撫でてあげてくださいね。

③嫌がるところを撫でる

伏せた状態で撫でられている犬

ワンちゃんによって撫でられて嬉しい箇所と嫌な箇所があります。

他のワンちゃんが喜んでいたからと自分の愛犬にも同じことやっても喜ぶ場合もありますが嫌がってしまう場合もあります。

そのため撫でる場合は犬という一括りの中で撫でる場所を判断するのではなく、愛犬という1つの括りで判断してください。

まとめ

頭を掴まれるようにして撫でられている犬

いかがでしたでしょうか?
犬にしない方がいい撫で方の例として、

  • 身体の先端を撫でる
  • 強引に撫でる
  • 嫌がるところを撫でる

の3つを紹介しました。

ワンちゃんが可愛いとつい撫でてしまいますが、その時にワンちゃんが嫌がっていたら一旦撫でるのをやめ様子をみてください。
嫌がっているのにやり続けると人に触れられること自体嫌になってしまうワンちゃんになってしまうかもしれません。

撫でられて嬉しかったらそれ相応の反応をワンちゃんもしてくれるはずです。
ワンちゃんが喜ぶ場所を見つけたらそこを中心に撫でてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。