大事なことは愛犬が教えてくれた「犬から学ぶ人生で大事なこと」5つ

大事なことは愛犬が教えてくれた「犬から学ぶ人生で大事なこと」5つ

お気に入りに追加

皆さんは愛犬と過ごしていて、愛犬から日々何を受け取っているかを考えたことはありますか?じっくり考えたことはないけれど、よくよく思い返してみると愛犬から学ぶことはたくさんあります。今回は筆者が感じた愛犬が教えてくれた人生で大事なことをいくつかピックアップしてみたいと思います。

3429view

私が愛犬から学んだ人生で大事なこと

トイプードルの写真

私たち人間は犬から多くの恩恵を受けていることに、皆さんはお気づきでしょうか。近年、犬によるドッグセラピーが積極的に取り入れられるなど、私たち人と犬は助け合って生きていると言っても過言ではありません。

そんな中、私たち飼い主は愛犬から様々な事を学んでいるはずです。今回は筆者が日頃感じてる愛犬から学んだ人生において大事なことをいくつかピックアップしてみました。皆さんもこの機会にぜひ、愛犬からどのような事を学んでいるかを考えてみてはいかがでしょうか。

1.相手の気持ちを理解しようとすること

飼い主に甘える犬

まずは相手の気持ちを理解しようと努力することです。私たち人と犬は言語が異なります。そのため話して気持ちを伝え合うことはできません。

しかし、言葉が違うとはいえ、私たち飼い主は愛犬の気持ちを仕草や行動、表情から理解しようと努力しているはずです。また、私たち飼い主だけではなく、犬も表情や声のトーンなどから私たち飼い主の心情を察しようと頑張ってくれていますよね。

これらの日々の積み重ねから、人生において自分の気持ちを相手に一生懸命伝えることの大切さ、さらに相手の気持ちを理解しようとする努力が大事だということを私たちは無意識の内に学んでいると感じます。

2.気持ちの切り替えの早さは大事

笑顔の柴犬

愛犬を見ていると「さっきまで落ち込んでいたのに、もう元気になってる!」なんて驚かされることはありませんか?叱られたからといってそれを引きずることはなく、少し経つともう甘えるように飼い主に駆け寄ってくる姿には、思わず笑みがこぼれてしまいます。

しかし、これは犬だけに言えることではありません。人間社会においてもマイナスな気持ちを引きずることはあまり得策ではありません。気持ちの切り替えの早さは、時に次のステップに進むために非常に重要です。

愛犬のお世話をする際、愛犬がいたずらや失敗をしてしまった際、叱っている時の気持ちを引きずるのではなく、すぐに気持ちを切り替えることもコミュニケーションとして重要です。犬を飼うことで、私たちは意識的に心のコントロールを学ぶことができるのです。

3.自分の気持ちに素直になること

仰向けで寝転ぶトイプードル

愛犬を見ていると、「今何がしたいのか」「相手にどうして欲しいのか」を素直に伝えようという姿勢を感じる事が多いです。この素直さは実は人間の大人にとって、意外と難しいのではないかと感じます。

大人になることである程度のプライドや周囲への配慮から、自分の気持ちを素直に伝えることができず、我慢してしまう、あるいは伝えるべき気持ちを相手に伝えることができないという話はよくあります。

しかし、犬はどうでしょう。飼い主への愛情を毎日毎日伝えてきますし、遊んで欲しいときはおもちゃをもってくるなど、素直に行動しているように思います。

たしかに私たち人間にとって周囲への気遣いはとても重要です。しかし、時として素直になることも人生においては非常に大事であり、人生を豊かにするのではないかと思うのです。

4.「心に余裕を」寛大な気持ちを持つこと

笑顔の白い犬

犬と人間は共存してきた歴史が長いとは言え、種族が異なるため、どうしても私たち人間の思い通りにいかないことは多いです。それは人間だけではなく、犬も「本当はこうして欲しいのに」などと思っていることでしょう。

しかし、犬は大好きな飼い主に対し、その不満を全面的に出すことは少ないです。多くの場合、寛大な気持ちで飼い主の行動に合わせてくれているように感じます。

それを日頃から見ていると、こちらも心に余裕を持ち、寛大な気持ちで接するようにしようと思いますし、意識せずとも愛犬に対しては寛大な気持ちで接することができているように思えます。

これは実際、ドッグセラピーを受けている患者さんにも効果が現れており、今まで怒りっぽい性格だった人が穏やかになったなど効果を発揮しています。愛犬はもちろん、多くの犬は私たちに心のゆとりを与えてくれる上、それが人生において大事だと本能的に知らせてくれているのかもしれません。

5.愛犬が見せてくれる無償の愛

女性とゴールデンレトリーバー

そして最後に、犬を飼っている人ならば誰でも愛犬から感じるであろう無償の愛です。私たちは大人になる過程で様々な経験をします。それにより成長していくわけですが、それと同時に子どもの頃に持っていた純粋な気持ちを置いてきてしまうという話は珍しくありません。

しかし、犬は飼い主に対してとても純粋な気持ちで向き合ってくれます。先ほども記述したとおり、「大好き」という気持ちを全身で表現してくれますし、その愛を私たちは何の疑いもなく純粋に受け入れることができます。

愛に見返りを求めてはいけないとはいいますが、実はそれを純粋に受け取れる人は少なかったりするものです。当たり前のようで意外と忘れがちな無償の愛。これを犬は再度私たちに認識させてくれるように感じます。

まとめ

犬用ベッドで寛ぐトイプードル

いかがでしたでしょうか。今回、筆者は愛犬から学んだ6つのことをご紹介しましたが、さらにじっくり考えると、もっとたくさん出てくるように思います。皆さんは愛犬からどのようなことを学びましたか?ぜひ時間のある時に愛犬と触れ合いながらじっくり考えてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。