犬に勘違いされてしまう『意外な行為』とは?

犬に勘違いされてしまう『意外な行為』とは?

良かれと思って普段何気なくしている行為のなかには、犬からすると逆の意味になっていたり違う意味となっているものがあり、勘違いさせてしまうことがあるみたいですよ。そんな勘違いされてしまう意外な行為とは?

はてな
Pocket
お気に入り登録

人間と犬とでは意味が異なる行為がある

ソファーでくつろぐ家族と少し離れたところでくつろぐ犬

良かれと思ってしていた行為が逆の意味をもつことがある

ふだん私たちが知らずに行っている行為の中には、犬にとっては逆の意味や違う意味になってしまうものがあります。そういった犬が勘違いしやすい行為を間違って使い続けていると、しつけが全然上手くいかなかったり、信頼関係や上下関係が崩れてしまう原因になったりすることがあるそうなので気をつけなければいけません。今回は、犬が勘違いしやすい行為を4つご紹介していこうと思います。

1.目をジッと見つめる

こちらを見上げる犬の顔アップ

可愛いからといって目を見つめていると嫌われる?

私たちは可愛いものや興味のあるものに対して、ジッと見つめるという行為をすることがありますよね。例えば、可愛い犬がいたときはその犬の顔を見つめてしまうことでしょう。そんな人間にとって友好的な意味合いが強い見つめるという行為が、犬から勘違いされやすい行為の1つとなります。

犬の世界で目をジッと見つめるという行為は『敵意がある』という意味があり、相手に見つめられることで犬は『喧嘩を売られている』と思うそうです。ですので、道端で可愛い犬がいたときは目をジッと見つめないようにしましょう。そうすることで、犬は「この人は敵意がない」と感じて警戒心が弱まり、仲良くなりやすくなるといえますよ。

信頼関係が築けているときも敵意があるという意味になるの?

「敵意があるという意味があるなら、愛犬の目を見つめるのもダメなの?」と思う人がいるかもしれませんが、犬と信頼関係が築けている場合は心配する必要はないそうです。逆に、人間と同じように好意的な意味合いに変わることが多いといえるかもしれませんね。

例えば、愛犬がおねだりをするときや飼い主に甘えるときは、愛犬から目をジッと見つめてくることが多いと思います。そういったときは、愛犬から敵意を感じませんよね?むしろ愛くるしい表情で訴えてくることが多いのではないでしょうか。きっと、信頼関係が築けている人に対しては愛情表現やお願いするときの方法として、理解しながらジッと見つめるという仕草をしているのでしょう。

2.犬を体に乗せる

ベッドで休む女性の胸の上に乗る犬

愛犬を体に乗せて可愛がると上下関係が崩れる?

愛犬が可愛いあまり膝の上に乗せて撫でたり、寝ているときに愛犬を自分の体の上に乗せて一緒に寝たりする、という飼い主はたくさんいることでしょう。そんな愛情表現ともいえる行為が犬に勘違いされやすい行為となるそうです。

なんでも、犬の社会では一番高い場所にいるものが一番偉い立場になるそうです。つまり、いつも飼い主が体の上に愛犬を乗せていると「私は飼い主よりも立場が上なんだ」と勘違いしやすくなります。ふだんから信頼関係と上下関係をしっかり築けているのでしたら、それほど問題はないと思いますが、友達同士のような接し方をすることが多い場合は、愛犬が勘違いしてしまう原因になってしまうので気をつけましょう。

3.吠えているときに注意する

吠える犬の顔アップ

吠えているときに注意すると勘違いされてしまう

愛犬が吠えているときに「吠えたらダメ!」と注意をする飼い主はたくさんいることでしょう。そんなしつけともいえる行為も、犬に勘違いされやすい意外な行為といえますよ。犬は古くからグループで行動していたので、チームワークを大切にすることが多いです。ですので、愛犬が何かに向かって吠えているときに飼い主が「静かに!」と注意をすると、「飼い主も一緒に吠えてくれている」と愛犬が勘違いしてしまい、さらに吠えてしまう場合が多いみたいですね。

また、愛犬が構って欲しそうにしながら吠えているときに注意をすると、構ってくれていると勘違いして余計に吠えてしまうなんてこともあります。ですから、犬が吠えているときは基本的に無視をするのが効果的と言われています。もし、無視をしてもずっと吠え続けているときは、別の場所に連れて行ったり気を紛らわせるために他に興味を示しやすいものを与えたりすると鳴きやむことがありますよ。

4.犬が逃げたときに捕まえようとする

飼い主から逃げる犬

犬が逃げているときに追うと余計に逃げてしまう

突然ですが、散歩中にリードをうっかり離してしまって愛犬が急に走って逃げだしたら、あなたならどうしますか?おそらく走って逃げている愛犬を見て、慌てながら追いかけてしまう飼い主はたくさんいることと思います。実はそういった追いかけるという行為が犬に勘違いされてしまう行為となるそうですよ。

犬は焦りながら追いかけてくる飼い主を見て、「遊んでくれている!」と思うことが多いそうです。犬が一緒に遊んでくれていると勘違いしてしまうと、さらにテンションが高くなって元気に走り回るので捕まえるのがとても難しくなるといえるでしょう。

逃げたときは追わずに落ち着いて呼び戻そう

逃げ出してしまった犬を呼び戻すためには、一旦冷静になって焦る気持ちを抑えることが大切となります。そして、ふだん愛犬を呼んでいるときと同じような落ち着きのある声で呼び戻す。オヤツを持っているときはオヤツを使いながら呼び戻す、といった方法で呼び戻すのが効果的といえるでしょう。

また、犬は昔から狩りをしてきたので逃げるものを見ると本能的に追いかけたくなるそうです。ですので、飼い主が愛犬とは逆の方向に歩いたり走ったりすることで、愛犬が飼い主を追いかけたくなり結果的に愛犬を呼び戻しやすくなるみたいですよ。

まとめ

ハイタッチする人と子犬

飼い主が良かれと思ってしていた行為や行動の中には、犬からすると全く逆の意味になっていることがあるみたいですね。今回ご紹介した勘違いされやすい行為以外にも、犬が勘違いしてしまう行為はたくさんあることでしょう。ですので、愛犬と接しているときに「あれ?もしかして勘違いされているのかな?」と感じたときは、飼い主が思っている意味とは違った意味に感じているのかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。