結局何度がいいの?犬が過ごす室内の適切な温度について

結局何度がいいの?犬が過ごす室内の適切な温度について

室内で犬を飼う場合は何度くらいが適切なのでしょうか。犬種によって適切な温度は異なりますが平均的な適切温度を知ることで、愛犬に快適な暮らしをさせてあげやすくなるといえるでしょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が過ごす室内の温度は何度が適切?

ソファーの上で舌を出す犬

犬は人よりも暑がりで寒さに強い

昔と比べると近年では室内で犬を飼う人がとても多く、「犬にとって室内の温度はどのくらいが適切なの?」そういった悩みをもつ飼い主は、わりとたくさんいることでしょう。結論から先にいいますと、基本的に犬が快適に過ごせる温度は『人間が心地良いと感じる温度よりも少し低い温度』となります。

犬は人間よりも体温が高く、平均で38度くらいあるといわれています。つまり、犬は私たち人間が熱を出しているときと同じ暑さを常に感じているといえるのです。ですので、犬にとっては人間が少し肌寒いと感じる温度くらいがちょうど涼しくて心地良いと感じているのでしょう。

暑い時期の適切な温度

夏などの暑い時期は、室内でも気温が30度を軽く上回ってしまうことがありますよね。30度を超えると犬にとって凄く過酷な環境となってしまい、キチンと温度管理をしてあげないと室内でも熱中症になってしまうことがあるので要注意となります。

暑い日は『24度くらいが犬の適温』となりますので、その温度を目安にしてエアコンなどで暑さ対策をしてあげましょう。犬によっては温度を24度ほどにしていても暑いと感じることがあるので、クールマットなどの暑さ対策グッズをいくつか用意しておくのもおススメです。
また、逆に寒いと感じる犬も少なからずいますので愛犬の様子をずっと見られないときは、念のため自分で暖を取れるように、犬用の布団などを置いてあげると良いですよ。

寒い時期の適切な温度

寒い時期は『21度くらいが犬の適温』となるそうです。犬は体温が高く被毛で体を覆われているので寒さに強い傾向にありますが、意外と寒がりな犬が多かったりするようですね。特に室内犬の場合、暖かい室内で人と一緒に暮らすことによって寒さに弱くなってしまうなんてことも。

ちなみに私の場合、冬の時期はいつも室内の温度を19度前後になるようにしています。暖房をして21度くらいまで暖かくすると、頭がボーっとしますし少し暑いと感じることが多く、「愛犬も暑いと感じているかも」と思うことがあるからです。そして愛犬が寒いと感じたときは用意してある毛布やコタツなどを使う、といった寒さ対策をしています。

室内の適切温度は犬によって変わるって本当?

ソファーの上で眠そうな顔をする犬

犬種によって暑さの感じ方が違う

犬にとっての室内の適切温度は、原産国や犬種によって異なることがあります。例えば、シベリアンハスキーは気温が低い国が原産国となるので、寒さに強く暑さに弱いことで知られていますよね。このように、犬種によって快適に過ごせる気温が異なってしまいますので、愛犬の犬種は寒さに弱いのか暑さに弱いのか調べてみると、より愛犬が快適だと感じる温度を知ることができますよ。

被毛の生え方によって快適に感じる温度が変わる

床に伏せているヨークシャテリア

犬は犬種によって『ダブルコート』と『シングルコート』という2パターンの被毛の生え方があるのですが、この被毛の生え方によっても適切な温度が変わるといえますよ。簡単にいいますとダブルコートは2種類の被毛で覆われているので保温性が高く、寒さに強い反面暑さに弱いです。いわゆる季節の変わり目に抜け毛が多い犬種がダブルコートとなります。

一方、シングルコートは1種類の被毛となるので、ダブルコートの犬種よりも保温性が弱いといえます。つまり、寒さに弱いといえますよね。マルチーズやヨークシャーテリアなどの抜け毛が少なくて毛が伸びる犬種がシングルコートとなりますよ。

育った環境にも左右される

犬が快適だと思える平均的な温度はたしかにあるのですが、犬の育った環境の温度よって適切な温度が決まる場合もあるそうです。例えば、犬の平均的な室内温度は夏場だと24度ほどとなりますが、飼い主の好みでいつも温度を27度に設定していた場合、犬にとってはそれが普通の気温となり、27度が快適な温度となることがあるみたいですよ。

また、寒い時期に室内をいつも暖かくしていると、寒がりな性格になってしまうことがあります。最初は18度が快適だと感じていたのに、暖かい環境に慣れることで20度でも寒がってコタツから出てこない、といったことが割とよくあるみたいですね。「寒い時期は愛犬が散歩に行きたがらない」そんな悩みをもつ場合は、愛犬が快適な室内に慣れることで寒さに弱くなっている可能性があります。ですので、愛犬が快適な環境に慣れすぎないように「今日はエアコンをつけないでもいいかな?」と思える日があるときは、その季節の気温に触れさせるのも良いかもしれませんね。

まとめ

ベッドで気持ちよさそうに眠るチワワ

愛犬にはなるべく快適な環境で過ごさせてあげたい、そう思う飼い主はたくさんいることでしょう。今回は犬が心地良く感じやすい適切な温度をご紹介しましたが、この温度はあくまで平均的なものといえます。室内の適切な温度を意識しつつ、愛犬の様子を見たり犬種の特性などを調べたりして微調整をしてあげると、より愛犬にとって快適な環境をつくってあげることができるといえるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。