犬が『拒否』している時にする仕草や行動8選

犬が『拒否』している時にする仕草や行動8選

SNSやテレビ番組でも度々話題になる「〇〇拒否」をするワンちゃんの仕草や行動をまとめてみました。拒否されているのに、思わず飼い主さんも笑顔になってしまうほど可愛い姿です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が拒否しているときにする仕草や行動①「ごはん拒否」

ごはんを見ないようにする白い犬

最近はグルメなワンちゃんも多く、飼い主さんの手作りごはんでなければ食べないというワンちゃんまでいます。市販のドライフードやウェットフードには見向きもしないんだとか。うちの愛犬の男の子は、苦手な野菜がトッピングされているとき、その苦手な野菜のみを残すという、上級なテクニックを身につけています。

犬が拒否しているときにする仕草や行動②「お散歩拒否」

散歩中に嫌がってリードを引っ張る柴犬

柴犬がお散歩を拒否する可愛い仕草が、「イヤ柴」や「拒否柴」などと話題になりますよね。うちの豆柴もよくお散歩拒否をしていましたが、道路の真ん中でゴロンと寝転がられたときは、さすがに焦りました。抱っこできる大きさで助かったものです。お散歩を途中で拒否したときは、また歩き出すまで待ってあげるという飼い主さんもいらっしゃるようで、何て優しいんだ!と感心します。

犬が拒否しているときにする仕草や行動③「帰宅拒否」

青い服を着て走るトイプードル

お散歩を拒否するワンちゃんがいる一方で、お散歩が大好きすぎて、帰宅拒否するワンちゃんもいます。「帰るよ~!」と言う飼い主さんの声を無視し、からかうように広大なドッグランを走り回って逃げるワンちゃん、よく見かけます。あまりにも逃げ回って捕まらないときは、「ばいばーい!」と言ってみてください。帰ろうと言うよりも、意外とあっさり来てくれることがあります。

犬が拒否しているときにする仕草や行動④「コマンド拒否」

飼い主と見つめ合う青いハーネスのトイプードル

気分が乗らないとき、飽きちゃったとき、構ってほしくないとき、面倒なとき。そんなときが犬にもあるようです。そんなときは、おやつを見せてもオテやオスワリをしてくれないことも。無理やりオテをさせようと手をにぎると、「ヴゥ~」と怒られてしまったりしますよね。

犬が拒否しているときにする仕草や行動⑤「愛情表現拒否」

黒い犬を抱き上げてキスをする女性

SNSでよく話題になるのですが、飼い主さんからの愛情表現を全力で拒否するワンちゃんの仕草や行動が、とにかく可愛いんです。キスをしようとする飼い主さんの顔を手で押さえて拒否したり、噛みつくフリをして拒否したり、あの嫌そうな表情もまた可愛いんです。愛犬を抱きしめたい飼い主さんと、それを拒否して逃げ回るワンちゃんのやり取りも面白いです。

犬が拒否しているときにする仕草や行動⑥「呼びかけ拒否」

赤いリードに繋がれた犬

飼い主さんからの呼びかけに、耳はしっかりこちらを向いているものの、そっぽを向いて拒否するワンちゃんの仕草も可愛いですよね。もしかすると、次に起こるイヤな展開を察知しているのかも。飼い主さんが動物病院へ行くための準備をしている姿を見てしまって、名前を呼ばれても無視しよう、と決め込んでいるのかもしれないと想像したら、ますます可愛いです。

犬が拒否しているときにする仕草や行動⑦「撫でるの拒否」

触ろうとする手を避けようとする犬

撫でてあげようとする人の手を、全力で拒否するワンちゃんもいますね。撫でられることが苦手なのか、撫でようとしている相手のことが苦手なのか。拒否されるとちょっと切ないですね。単純に、構ってほしくないときだったのかもしれません。

犬が拒否しているときにする仕草や行動⑧「歯磨き拒否」

ピンクの歯ブラシを持つ女性と嫌がる犬

ほとんどのワンちゃんが歯磨き苦手ですよね。口をグッと力強く閉じて、歯磨きをさせまいと拒否するのではないでしょうか。うちの愛犬の女の子は、ふだんはしっかり歯磨きさせてくれるのですが、たまには拒否することもあります。決して得意なわけではないので、気分が乗らない日や、拒否したくなる日もあるのでしょう。

まとめ

歩くのを嫌がってリードを引っ張る柴犬

〇〇拒否をするワンちゃんの仕草や行動をご紹介しました。みなさんの愛犬は、どんな〇〇拒否しますか?うちの子もするよ!という仕草や行動はありましたでしょうか。拒否されているのに、思わずニヤけてしまうほど可愛い姿ばかりですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。