犬を室内飼い・外飼いする場合のメリットを知ろう

犬を室内飼い・外飼いする場合のメリットを知ろう

お気に入りに追加

20年程前までは犬は外飼いするのが基本で、家の中にいる犬は「お座敷犬」などと呼ばれていました。しかし、現在では小型犬ブームということもあり犬を飼う場合には室内飼いという家庭が多く見られます。室内飼いと外飼い、犬にとってはそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

1883view

犬の室内飼いと外飼いはどちらが多い?

HOMEマットに座るジャックラッセル

一昔前は犬は“番犬”として庭や玄関先に鎖でつながれ、犬小屋で1日を過ごすという外飼いが基本的な飼育スタイルでした。しかし、小型犬ブームが起きたり、動物愛護先進国である欧米の犬文化に触れることなどをきっかけに日本でも室内で犬を飼うことが主流となってきました。

大学の調査

ある大学が行った調査では2001年には室内飼いよりも外飼いしている家庭の比率が高かったものの、5年後の2006年には室内飼いと外飼いの比率が並び、やや室内飼いの方が多いという変化が見られました。犬のしつけなどでもイギリス式やアメリカ式の“ほめるしつけ”に注目が集まり出したのもこの頃で、日本の犬文化の変化の時期であったと考えられます。今では室内飼いの犬の比率はますます増えており、別の飼育実態調査では9割に近い家庭が室内飼いをしていたという結果も出ています。ただし、これらは住宅環境にも大きく影響する問題であり、広大な敷地がある環境下では都市部に比べて犬の外飼い率は高くなる傾向にあるようです。

犬を室内飼いするメリット

赤いボールを持つ女の子とGレトリバー

コミュニケーションが取りやすい

犬を室内で飼う最大のメリットは、思う存分かわいがることができるということでしょう。犬が好きで、犬をかわいがりたくて家族として迎えた人であれば、犬とたくさん触れ合い遊ぶことに幸せを感じることでしょう。室内飼いであれば、常に一緒の空間にいることができて家事などで忙しい合間でも話しかけたりほんの少し遊んだりと、気軽にコミュニケーションを取ることができます。これは飼い主のみならず、犬にとっても幸せなことです。

しつけがしやすい

犬のしつけというのは“タイミング”が非常に重要なポイントとなります。犬の行動に対し、ほめたり叱ったりする飼い主の反応や対応は早ければ早いほど効果的です。犬は直前にしていた行動をすぐに忘れてしまうため、しばらく経った後でいたずらやトイレの失敗を叱られたりしても理解できないのです。そのため、いつも視界の中に犬がいて、何をしているか把握しやすい室内飼いはしつけを行う上でも非常に有利だと考えられます。

安全・健康管理に適している

室内飼いでは犬の行動を把握しやすいため、ちょっとした犬の変化にも気がつくことができるでしょう。身近に時間でもスキンシップを取ることで皮膚や毛の変化を感じ取ることができたり、食事や排泄量などから体調の変化にも気がつきやすいと思います。その変化が何らかの病気によるものであれば、早期発見・早期治療が愛犬の命を守ることにつながるため、変化に気がつきやすいことは室内飼いの大きなメリットと言えるでしょう。

犬を外飼いするメリット

犬小屋に入っているパグ

室内の清潔を保ちやすい

犬に抜け毛はつきものです。特に換毛期にはびっくりする程の毛が抜ける犬もいますし、1日に何度も掃除が必要になることもあります。家庭によってベッドやソファもOKとしている場合はそれらに抜け毛がついてしまい掃除に苦労する、ということもよく聞く話です。また、犬の体には散歩に出たときの汚れや害虫がついてしまっていることも。室内の清潔や衛生面の観点では、外飼いの方が管理が楽だと思います。

犬アレルギーの人でも飼いやすい

犬アレルギーの場合、その多くは犬の毛に反応して体にアレルギー症状が出てしまいます。そのため、犬アレルギーであっても少し距離を保って見たり話しかけたりする分には問題ないということも。そのため、家族の中に犬アレルギーの人がいる場合は外飼いするという選択もいいでしょう。元々犬アレルギーの人は犬を飼わないかもしれませんが、犬を飼い始めてからアレルギーが出たという場合や生まれた子どもが犬アレルギーだったという場合もあります。そうしたときには犬を手放すだけでなく、外飼いで対応するということも考えてみましょう。

必要なしつけの種類が少ない

外飼いが主流だった頃の犬のしつけと言えば、ご飯前の「おすわり待て」や一発芸のような「お手」程度だったと思います。しかし、室内飼いが増えてきたことで、トイレのしつけや留守番のしつけ、飼い主の食事中・来客中のマナーなどを教える必要が出てきました。それらは簡単なことではなく、いたずらや粗相に悩まされている飼い主さんは非常に多くいます。外飼いであればその多くのしつけが不要で、飼い主の負担はぐっと減ると思います。

<まとめ>犬の室内飼い・外飼いについて

日向で寝る柴犬

現在では犬を飼う場合、都市部を中心に室内飼いが主流となってきています。犬の室内飼いにはさまざまなメリットがあり、飼い主にとっても犬にとっても幸せな時間を共有できると考えられます。しかし、住宅環境を中心に各家庭の事情によって、どのような飼育方法がベストかいうことはそれぞれ異なると思います。室内飼いと外飼い、どちらがいいかということに絶対的な正解はありません。犬の性質や家庭環境をしっかりと考えて、最も適切だと思われる飼育方法を選択するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。