犬のトイレを設置するべきではない場所5選

犬のトイレを設置するべきではない場所5選

犬のトイレをどこに設置すればいいのか分からず悩んでしまう飼い主はいることでしょう。犬はどういった場所に設置されるとトイレがしにくいと感じるのでしょうか。今回はトイレに適さない場所についてお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のトイレを設置するべきではない場所5選

トイレシーツに座る犬

1.人目が多い場所

犬はどこでもトイレをすると思っている飼い主は少なからずいることでしょう。しかし、犬は繊細ところがあり「トイレはなるべく落ち着ける場所でしたい」そう感じている子が多いそうです。トイレをする時は無防備になってしまうので、少しでも安全で落ち着ける場所を好むのでしょうね。ですので、周りが気になりやすく落ち着きにくい『人目が多い場所』は犬のトイレの設置場所には適していないといえます。

極端にいうと部屋のど真ん中付近や家族が頻繁に歩く場所など、つねに誰かに見られるところはトイレに適していない場所となります。例えば、私たち人間は家族でもトイレ中に近くを通られると恥ずかしいですし嫌に思いますよね?おそらく、犬も同じようにトイレをしている時は誰にも見られたくないと思っていることでしょう。

ちなみに、部屋の片隅などは死角になったり薄暗かったりと、落ち着きやすいスペースになっている場合が多いので、家族が集まるリビングでもトイレの設置場所として適していたりしますよ。ただ、愛犬がトイレをしている時はなるべく見ないようにしてあげてくださいね。

2.音がよくする場所

音が良くする場所にトイレを設置してしまうと、犬は落ち着くことが出来なくなってトイレをしにくくなってしまうことがあります。例えば、テレビの横やドアの近くなどは大きな音がしたり、音がしやすい場所といえますよね?そういった音がよくする場所の近くにトイレを設置してしまうと、散歩までトイレを我慢するようになる場合があります。酷いときはオシッコを我慢することで膀胱炎になってしまうなんてことも。

音が気にならない子はドアの近くでもトイレをしますが、なるべく落ち着いてトイレができるように音が気にならない場所に設置してあげるようにしましょう。

3.窓際は適していない

窓際で眠る犬

窓際は外の日差しを受けやすいので部屋の中で最も明るく、さらには外からの音や視線など気が散ってしまう要素がたくさんあるのでトイレには適していない場所となることが多いです。また、外の気温に影響されやすいので夏はとても暑く冬はとても寒い場所になりやすく、犬が居心地悪い場所と感じてしまうことがあるみたいですね。

ちなみに、窓際はトイレの場所には適していませんが、日向ぼっこをしたり外の景色を眺められたりするので犬が好む場所の1つとして知られています。ですので、トイレは他の落ち着ける場所に設置し、窓際は愛犬がくつろげる居心地の良いスペースとして利用させてあげると良いと思いますよ。

4.寝床の近くはNG

ケージの中に寝床とトイレを一緒に設置している飼い主はたくさんいることでしょう。犬のケージが写っている写真を見てみると、よく寝床とトイレを一緒にしていたりもしますよね。しかし、犬は基本的に綺麗好きなので寝床の近くでトイレをするという習慣がないそうなのです。なかには寝床のすぐ近くにトイレがあることでストレスを感じる犬もいるみたいで、トイレを寝床の近くに設置するのはあまり良くないといわれています。

とても綺麗好きな性格の犬は寝床がトイレで汚れてしまうのを嫌がって、散歩の時までトイレを我慢したり、別の場所でトイレをすることがあるそうです。長時間ケージの中でお留守番をさせる時は寝床の近くにトイレを設置した方が良いと思いますが、普段の生活では寝床とトイレは離れて設置した方が良さそうですね。

5.トイレの手入れに手間取るところ

犬はトイレをする時、ペットシーツの端っこにオシッコをしたりトイレの淵にウンチをつけたりすることがあります。ですので、不衛生にならないようにこまめにトイレを掃除することが大切となるのですが、トイレを掃除しにくい場所に設置していると「掃除をするのが面倒くさいなぁ」と感じやすく、結果的にトイレを不衛生にしてしまう原因になってしまうこともあるでしょう。

例えば、トイレを水洗いできるお風呂場や洗面所から離れている場所。周りからトイレを見えにくくできる家具の下。オシッコやウンチが取りにくい狭くて奥まった場所。そういった場所がトイレを掃除しにくいと感じる場所となることが多いです。もちろん、そういった場所でもトイレをこまめに清潔に保つことができるのでしたら問題はないといえるでしょう。

ちなみに、手入れや掃除のしやすさからお風呂場や洗面所の近くにトイレを設置している。という人はたくさんいるみたいですよ。お風呂場や洗面所付近は静かな場所となりやすいのも、トイレの設置場所として選ばれる理由の1つになっているようですね。

まとめ

トイレットペーパーと子犬

犬が散歩中にトイレをする時は場所を選ばずにしているイメージがありますが、室内ではなるべく落ち着ける場所でトイレをしたいと感じている傾向にあるようですね。愛犬がトイレの場所を気にしない場合は問題ありませんが、トイレの場所を気にする時はなるべく部屋の端っこや静かで落ち着ける場所にトイレを設置してあげると、リラックスしながらトイレができるようになると思いますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。