ミックス犬のチワマルってどんな犬?性格や特徴、寿命などについて

ミックス犬のチワマルってどんな犬?性格や特徴、寿命などについて

チワマルという犬をご存知ですか?チワマルという名前の響きも可愛らしく、一度聞いたら覚えやすいでしょう。日本ではまだ馴染みの浅いミックス犬ですが、その容姿はとても魅力的です。今回はミックス犬の中でも人気の高いチワマルの特徴について、性格や寿命などにも触れながら詳しくご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

チワマルってどんな犬?

お座りするチワマル

チワマルはその名前からも想像がつくように、チワワとマルチーズを親犬にもつミックス犬です。愛犬家からはチワマルの他に、マルチワやマルチワワ、チワチーズとも呼ばれています。

チワワは世界で最も小さな犬として有名で、大きくて潤んだ黒目がちな瞳が特徴です。一方マルチーズといえば、絹のような純白の美しい被毛が特徴的で、そのエレガントな姿はウエディングドレスに例えられることもあります。そんな両親犬の特徴を上手に引き継いでいるチワマルは、マルチーズのような体つきに、チワワのような顔立ちをしていることが多いようです。

チワマルは、両親犬から引き継いだ美しい被毛とつぶらな瞳で人々を魅了し、ドッグショーなどでも活躍しています。

チワマルの性格

走るチワマル

甘えん坊

チワワもマルチーズも甘えたがりな性格をしているため、チワマルも同様にその性質を受け継いでいます。とても人懐っこく、気づけば飼い主の膝の上に乗っている、というような姿も見られるでしょう。甘えん坊なチワマルですが、放っておくとわがままに育ってしまうためしっかりとしつけが必要です。

愛情深く献身的

チワマルは飼い主が大好きで、とても献身的な性格をしています。飼い主を喜ばせることに喜びを感じられるので、しつけもしやすいでしょう。また、家族に対して愛情深い面もあるため、小さい子どもがいても飼いやすいとされています。

臆病で神経質

臆病で神経質な一面を持っているのも、チワマルの特徴の一つです。留守番もあまり得意ではありません。子犬の頃から外出の機会を持ち、さまざまな人や犬に触れることで慣れさせてあげましょう。社会化ができていないと、人見知りや犬見知りしやすい子に育ってしまい、外出時には飼い主の腕の中から下りられないチワマルもいるようです。

警戒心が強い

チワマルは警戒心が強いため番犬としても活躍してくれます。しかし強すぎる警戒心と防衛本能のため、吠えやすいのも特徴です。子犬の頃から外出し、無駄吠えしないよう社会化を図りましょう。よその犬や車の音などにも慣れさせてあげることが大切です。

チワマルの特徴

チワマル

大きさ

体高 22.5センチ
体重 約2.8キロ

チワマルは世界一小さなチワワと、小型犬の中でも小さめのマルチーズとのミックスなので、小柄で体重が軽いだけでなく、骨格が華奢で足が細いという特徴があります。チワマルの成犬でも、約2キロ~4キロといわれています。

被毛

チワマルの被毛はシングルコートで真っ直ぐな毛になることがほとんどですが、ウェーブがかかっていることもあります。抜け毛は少ないのですが、毛が伸びやすい特徴がありますので1~2カ月に1度程度のカットが必要です。被毛の特徴はマルチーズ寄りの印象を受けますが、カットをすることでチワワのような姿にもなります。トリミング次第でおしゃれを楽しめるでしょう。

毛色はチワワの特徴が現れやすいため、ホワイト、クリーム、ブラック、ブラウン、レッドなどの色が組み合わされることが多いとされています。

チワマルの毛並みはマルチーズの絹のような特徴が出やすく、その美しさを維持するためには毎日のお手入れが大切です。細く柔らかい毛質は切れ毛や毛玉になりやすいため、丁寧なブラッシングで毛のもつれを予防しましょう。

体の特徴

チワマルの体つきはマルチーズに似ることが多いようです。しかしチワワの細くて華奢な骨格も引き継ぎますので、少し小さめのマルチーズといった印象でしょう。顔立ちはチワワ寄りになることが多く、チワワ特有のアップルヘッドや大きな瞳を持ちます。

耳はマルチーズに似て垂れ耳になることが多いですが、立ち耳や半垂れ耳になる子もいます。尻尾はまっすぐよりも巻き尾が多く見られ、ふわふわの飾り毛といった特徴もあります。両親犬のどちらの特徴が色濃くでるかわからないのも、ミックス犬の魅力の一つでしょう。

また両親犬ともに体臭が少ないため、チワマルの体臭も比較的少ないといわれています。もし体臭に異変を感じたら、病気やブラッシング不足などの可能性もありますので、注意しましょう。

チワマルは目が大きく鼻が短いという特徴があるため、涙やけになりやすいといわれています。チワマルの体つきの特徴をよく理解して、病気の予防も心がけましょう。

チワマルの寿命

ベッドの中のチワマル

12~15年

チワマルの平均寿命は12~15年といわれています。小型犬としては平均的な寿命といえるでしょう。チワマルの長生きの秘訣は、成長期に適度な運動をして筋肉をつけることです。1日15~20分程の散歩や、ボールやおもちゃを使った室内遊びもオススメです。

ただし生まれ持った骨格が華奢なので、ジャンプなどの運動は脱臼や骨折などを引き起こしやすいので注意しましょう。

チワマルの値段

チワマル子犬

12~17万円

チワマルは日本での取り扱いブリーダーの数が少なく個体数も少ないため、他のミックス犬と比べると少々高めの印象です。またブリーダーから購入したい場合は、事前に問い合わせ、予約をしておいた方が良いでしょう。海外のブリーダーから購入する方法もありますが、さらに値段が高くなるので注意してください。

チワマルを迎え入れるには、他にもミックス犬専門のペットショップから購入する方法や、里親として譲り受ける方法もあります。どちらにしても、個体数が少なく人気が高いため、すぐに予約されてしまうようです。里親募集サイトなどをこまめにチェックするようにしましょう。

まとめ

走るチワマル

チワマルは人気の犬種同士のミックス犬ということで、とても注目が集まっている犬です。飼いやすさや容姿など、両親犬の良いところを引き継いでいます。それほど多くの運動量は必要としませんが、遊ぶことが好きなので引っ張り合いやボール運動などがおすすめです。

チワマルは甘えん坊で飼い主が大好きなので、積極的にコミュニケーションを図ってあげてください。子犬の頃からさまざまな場所に連れて行き社会化ができると、どこに連れて行っても困らない子に育ち、一緒に外出するのも楽しくなりますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。