犬の「散歩中の歩き方」で分かる飼い主への気持ち4つ

犬の「散歩中の歩き方」で分かる飼い主への気持ち4つ

お気に入りに追加

この記事では、「犬の散歩中の歩き方で分かる飼い主への気持ち4つ」をテーマに、散歩中のワンちゃんが飼い主さんにどのようなことを伝えたいのかを紹介します。この記事を読んでぜひ、参考にしてみてくださいね。

4877view

歩き方その1:アイコンタクトを取りながら歩くとき

飼い主のことを見つめている犬

ワンちゃん飼い主さんのことを見ながら散歩するというのは、飼い主さんのことを信頼しているからです。
本来犬は群れで生活する生き物です。

そして、散歩をする上で飼い主さんにアイタクトをするというのは、群れのリーダーとして飼い主さんのことを捉えていて、飼い主さんの指揮がほしいと思っているからです。

おそらくその時ワンちゃんは、「この道で良いのかなあ」、「こっちの道も行きたいなあ」などと飼い主さんにアピールしているのです。

歩き方その2:引っ張りながら歩くとき

飼い主のことを引っ張りながら歩いている犬

お散歩が大好きなワンちゃんは飼い主さんとの散歩を楽しみすぎて興奮を抑えきれずに引っ張って歩くときがあります。

また、何かがきっかけでストレスが溜まっているときも散歩に行くことによってストレスが発散され、勢いよく歩くときもあります。

その場合は、ゆったりと外の空気や景色を楽しめるお散歩が興奮を冷ますことから理想的な散歩になります。

歩き方その3:動かないとき

散歩中に動かなくなってしまった犬

ある場所に差し掛かった際にワンちゃんが動かなくなってしまったら、飼い主さんに怖いという気持ちを訴えているのかもしれません。

以前に同じ場所でワンちゃんが怖いと思うような出来事が起きていたなら、間違いなくトラウマになってしまっています。
その場合はなるべくその辺りを通るのをしばらく控えるか、どうしても通らなくてはいけない場合はワンちゃんを抱っこして通るようにしてあげてください。

また、怖いというのではなく帰りたくないと思っているかもしれません。
まだ散歩をしていたいのに家の方への道を歩くと、勘の良いワンちゃんは帰りたくないことから動かなくなって歩くのを拒むこともあります。

歩き方で分かる飼い主への気持ち4:決まった場所を行ったり来たりするとき

木のそばでこちらを見つめている犬

散歩に出かけた際にワンちゃんが決まった場所を行ったり来たりするときがあります。
そこにはワンちゃんにとって好ましいもの、もしくは気になることがあるからです。
毎回散歩に行った際にワンちゃんが同じ所に行きたがっている場合は、その場所が安全な場所か、もしくは頻繁に立ち入っても良い場所かを確認して平気な所ならワンちゃんのストレス発散にもなると思うので、行ってあげるとワンちゃんも喜ぶと思います。

まとめ

飼い主と一緒に散歩している2匹の犬

いかがでしたでしょうか。
犬の散歩中の歩き方で分かる飼い主への気持ちとして、

  • アイコンタクトを取りながら歩くとき
  • 引っ張りながら歩くとき
  • 動かないとき
  • 決まった場所を行ったり来たりするとき

の4つを紹介しました。
ワンちゃんは散歩をするときの歩き方という手段で飼い主さんに何かしらの気持ちを伝えようとしている時があります。

ワンちゃんとの散歩中にそのことを頭に入れておくと、ワンちゃんのことをもっと知れて、より理解できるようになれると思います。
飼い主として愛犬の1番の理解者になってワンちゃんとの絆をもっと増やしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。