あなたの愛犬は大丈夫?しつけができていない犬の特徴6つ

あなたの愛犬は大丈夫?しつけができていない犬の特徴6つ

お気に入りに追加

あなたにとってどんなにカワイイ愛犬でも、「あら、しつけができてないのね」なんて思われてしまっては、みんなから愛されるわんこにはなることができません。今回は、しつけができていないわんこの特徴をまとめました。

6712view

1.名前を呼んでも来ない

走っている犬

遠くにいたり遊びに夢中であっても、名前を呼ばれるとすぐに戻ってくる、いわゆる「呼び戻し」はしつけの基本中の基本です。飼い主さんがいくら名前を呼んでも知らんぷりされていたり、戻ってこないわんこを捕まえようと必死に追いかけていたりすると、「しつけができてないのね」と思われるだけでなく「信頼関係ができてないのね」「完全に犬になめられてるわね」と笑われてしまうかもしれません。これでは、飼い主の面目が立ちませんよね。
また、それ以上に、呼び戻しにはわんこを危険から回避させるという重要な役割があります。愛犬が道路に飛び出そうとしたときなどに、呼び戻しのしつけができていれば遠くからでもそれを抑止することができます。ぜひ身に着けておきたいスキルです。

2.オスワリができない

オスワリしている犬

呼び戻しと同様、「オスワリ」も全てのしつけの土台であり基礎となる重要なコマンドです。オスワリがマスターできない限りは、他のしつけも全てできないといっても過言ではないでしょう。オスワリから発展させていく「マテ」や「フセ」などはもちろんのこと、興奮するわんこを落ち着かせたいときや、わんこの要求行動をやめさせたいときなど、一連の動きの中に区切りを与えるために使うのがオスワリだからです。

3.どこでも粗相してしまう

カーペットに粗相した犬

特に室内飼いのわんこの場合には、何はなくとも最初に取り組みたいのがトイレトレーニングですよね。トイレトレーニングができておらず、自宅の中でならまだしも、外出先の路上やドッグカフェの店内、ホテルの居室内など、ところかまわず粗相をしてしまうようだと、しつけができていないとみなされても仕方がありません。粗相は周囲の人に不快感を与えるだけでなく、衛生上でも問題となってしまいますよね。
とはいえ、家ではできていても環境が変わるとコントロールできなくなってしまうわんこがいるのも事実です。もし、どうしても粗相のクセが直らない場合には、外出時にはマナーベルトを着用させるなどの配慮をしましょう。

4.散歩中に飼い主を引っ張って歩く

犬に引っ張られている男の子

わんこが大好きなお散歩。そんなとき、興奮するあまりに先頭に立ち、自分の行きたい方向へグイグイと飼い主さんを引っ張って歩いてしまうわんこも、しつけができていないと思われてしまいます。理想的な散歩のスタイルは、わんこが飼い主さんの前に出ることなく、横にぴったりとついて歩く「リーダーウォーク」。
リーダーウォークができれば見た目もカッコイイだけでなく、わんこがお散歩中に拾い食いをしてしまったり、飛び出して事故に遭ってしまったりすることを防ぐことができます。粘り強い訓練が必要ですが、散歩中にわんこが前に出ようとしたら前進をやめて踵を返す、おやつ等のごほうびも利用しながらわんことアイコンタクトをとって歩く、などをくり返していきましょう。

5.無駄吠えをする

大きく口を開けている犬

お散歩中に出会った犬や人、インターフォンや掃除機の音などに対する警戒吠えや、飼い主さんにお散歩やおやつをせがむ要求吠えなど、何かといえばキャンキャンと吠えてしまうわんこも、やはりしつけができていないと思われても仕方ありません。わんこの鳴き声は大きく響くので、特に集合住宅や住宅密集地域では「しつけのできていない犬」と噂になったり、騒音によるご近所トラブルにも発展しかねません。
警戒吠えについては社会化をしなおすこと、要求吠えについては無視をつづけて要求に応えないことなどが対策となっていきますが、無駄吠えは一度クセになってしまうと、矯正するには多大な労力が必要です。ドッグトレーナーなど専門家の手を借りることも一案です。

6.クレートに入っていられない

クレートから顔を出す犬

飼い主さんの指示で自らクレートに入り、その後も大人しく落ち着いて入っていることができる、いわゆる「クレートトレーニング」もぜひ押さえておきたいしつけです。家の中でフリーで飼育している場合であっても、動物病院で順番を待つ間やトリミングやペットホテルに預ける場合など、クレートに入っていなくてはならない機会は意外と多いもの。クレートから出たがるあまりにずっと吠えつづけたり、クレートのドアを開けようと暴れつづけてしまうようでは、「普段のしつけがなってない」と思われてしまいます。
クレートトレーニングができていないと、クレートの中で暴れているうちに愛犬が怪我をしてしまったり、災害避難時などに居場所を失ってしまったり、さまざまなリスクがあります。クレートを愛犬の落ち着く場所にしてあげることが大切です。

まとめ

いたずらした犬

いかがでしたでしょうか?しつけは全て、意味があって行われていることです。しつけができていないということは、飼い主さんの面目が立たないというだけでなく、愛犬にとっても何らかのリスクを背負わせることになってしまいます。ドキッとする項目があったあなた、今からでも再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    俺達が躾が出来ても他が駄目なので親父が居ると粗相するわ吠えるわ大変です。でも俺らが居るとおさまります、やはり俺達が上だと認識してるのですね。躾するならまず上下関係からです。関係さえ造れば大体殆どの問題行動は修まりますので
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。