犬についたダニがもたらす病気とは?その対処法と予防薬

56392view

犬についたダニがもたらす病気とは?その対処法と予防薬

お気に入りに追加

犬に寄生する外部寄生虫として、ツートップとして挙げられるのが「ノミ」と「ダニ」です。ですがその実害や危険性について、あまり知られていないことも。ここでは特にダニについて詳しく説明したいと思います。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬と草むら

ダニとは

クモ類の寄生虫です。クモ類は昆虫類と近い種類です。昆虫類と比べて、クモ類は脚が4対8本あります。大体が小さく、1mm以下の大きさのものも多くいます。ダニは犬などに付く種類のほかに、全世界で約2万種いると言われていますが、未知の部分もあります。

犬に付くダニの種類

犬に寄生する6種類の有名なダニを紹介します。

  • マダニ:吸血性のクモ類の寄生虫です。普段は地面や草むらに生息し、熱、震動、動き、影から宿主を察知します。宿主に取りつくと皮膚の下にくちばしを突っ込んで吸血します。世界中にはさまざまな種類のマダニがいます。人間も刺されます。
  • ヒゼンダニ:体長は0.4mm以下と、肉眼で見ることはできないダニです。疥癬症を引き起こします。人間にもうつります。
  • ツメダニ:0.5mmくらいの白っぽい半透明のダニです。
  • 毛包虫:ほとんどの犬の毛穴に生息しているダニです。
  • 耳ダニ(イヌミミヒゼンダニ):耳の中で耳垢や皮膚を食料にしているダニです。
  • ツツガムシ:枯草に生息し、犬の皮膚に吸いつきます。

ダニがもたらす様々な症状

マダニ

マダニ

マダニ自体が引き起こす症状はそうありませんが、小型犬が大量に寄生されると貧血を起こすことがあります。また、唾液からさまざまな感染症を伝播します。

ヒゼンダニ

ヒゼンダニ

犬の寄生虫性皮膚疾患の中で、最も激しいかゆみを引き起こす疾患です。夜も眠れないほどかゆみが襲い、寄生された場所をなめたり、噛んだり、引っ掻いたりするので皮膚が傷つき、二次感染を起こすことがあります。肘や耳の先端に炎症や脱毛を起こします。

ツメダニ

ツメダニ

多数の犬猫がいる繁殖場や、収容施設で発生します。寄生されると、首から尾にかけて大量のフケが出ます。

毛包虫

皮膚に備わっている免疫防御機能が損なわれた時や子犬など皮膚の免疫がまだ強くない時に脱毛が見られる程度です。

耳ダニ(イヌミミヒゼンダニ)

耳から赤褐色の耳垢が大量に出ます。痒みがひどく耳の炎症を起こします。

ツツガムシ

指の間や口周りにかゆみを伴う皮膚の炎症を起こします。

マダニが伝播する病気

これらの感染症はダニが寄生してから数時間にわたって吸血しない限り、伝播されません。また、温暖気候の地域である日本は、春~秋口に多く発生します。

ライム病

ダニが伝播する疾患の中で最も一般的なものです。スピロヘータ目に属しているボレリアという細菌が原因となります。流行地域では犬たちもボレリア菌の抗体を持っています。症状としては、跛行、発熱、嗜眠状態、体重減少があります。

また、ライム病は人獣共通感染症(人間もかかる感染症)です。

日本斑熱

別名として斑点熱、ダニチフスなどがあります。ダニの活動が盛んな春~秋口に流行します。

症状としては、高熱、嗜眠状態、食欲減退、咳、目の炎症、全身の筋肉痛及び関節痛などを引き起こします。また、鼻血、血尿または血便などの不正出血が起こることもあります。この感染症も人獣共通感染症です。

バベシア病

バベシア原虫に感染しているマダニに寄生されると感染します。この原虫は犬の赤血球に48時間以内に寄生すると言われています。

症状としては40℃を超える発熱、重度の貧血、元気、食欲の低下、血尿、黄疸といったものがあります。貧血の症状が重くなると、肝臓や腎臓の機能障害を起こし、命にかかわる危険があります。こちらも人獣共通感染症です。

Q熱(コクシエラ症)

感染してもほとんどが不顕性感染(無症状)ですが、まれにメス犬では流産や死産があります。こちらも人獣共通感染症です。

野兎病

特にげっ歯目では敗血症や死亡など重篤な症状を引き起こします。犬の場合、リンパ節の腫れ、発熱など。こちらも人獣共通感染症です。

マダニの生活環

マダニは卵、6本足の幼虫、8本足の若虫、成虫の4種類の発育段階があります。卵以外の発育段階では、犬などの宿主から吸血し、栄養を摂取して次の段階へ成長していきます。

メスは数千個の卵を地面に産んで死にます。数週間後孵化した幼ダニは犬などの宿主に寄生すると、皮膚の下にくちばしを埋め込み、セメント様物質で簡単に振り落とされないように、自身を固めます。

そして、吸血して必要な成分を体内にため込み、不要な養分と唾液を犬の体に戻すのを繰り返し、2週間ほどで満腹になると自然と犬から離れます。それを繰り返して成虫で満腹になると落ちて産卵します。

マダニを見つけたら

くちばしが皮膚の下にもぐりこんでいるので、簡単には取れません。病院で取ってもらいましょう。この時に頭が残るとそこから再生するという都市伝説のような話がありますが、頭が残っているとその部分は炎症を起こします。再生はしません。

もし自宅で取る場合は、画像のようなダニ取りのピンセットのようなものがあります。

ピンセット

皮膚ぎりぎりでダニをつまみ、ゆっくり回転させるようにして取るようにしてください。ノミと違い、シャンプーしても気絶しないので、そのままガムテープなどで包んで密閉して捨ててください。

ガムテープでノミとり

また、マダニの唾液や血液には上記のような危険な病原菌を持っていることがありますので、素手で触るのはやめましょう。

ダニの対処法

疥癬を引き起こすダニなど、マダニではないダニに寄生されてしまった時に自宅で対処する場合は、610ハップでの薬浴がお勧めです。現在、610ハップは販売されていないようなので、試してみたい方は同区品を探す必要があるようです。

動物病院ではかつて殺ダニ効果のある外用薬で薬浴を行っていましたが、現在は内服薬や注射で治療を行います。

ダニを寄せ付けない薬

ダニを寄せ付けない薬

動物病院、ホームセンターなどで様々なノミ・ダニ除けの薬が販売されていますが、基本的に48時間以内に自主的に脱落する薬です。

使用されている薬剤は昆虫にしか作用しませんが、その薬剤が溶かしてある基材の一部であるアルコールに対して過敏反応を起こすことがあります。1ヶ月近く効果が続き、皮脂腺の中に薬剤が蓄積し少しずつ分泌されるものが多いです。

また、ホームセンターなどで販売されているものは、法律の関係で強いものは売れません。効果はほとんど期待できません。できれば自然由来のもの(柑橘系のもの、ハーブ系のもの)が犬の体には負担がかからず、安全性が高いです。

ですが、劇的な効果はありませんので、散歩前や帰ってくるたびに新しいものをつけたり、ブラッシングして全身をチェックする必要があります。どちらを選ぶかは飼い主の考えによりますが、ここでは一般的に動物病院で販売されているノミ・ダニ薬を紹介します。

フロントラインスポットオン

駆除対象:ノミの成虫、マダニの成虫
寄生してから効果が出るまで:ノミ:24時間以内、ダニ:48時間以内
効果持続時間:1か月程度

フロントラインプラス

駆除対象:ノミの成虫、ノミの卵、幼虫、さなぎ
マダニの成虫、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミ
寄生してから効果が出るまで:ノミ:24時間以内、ダニ:48時間以内
効果持続時間:1か月程度

レボリューション

駆除対象:ノミの成虫、フィラリア予防、回虫、ミミヒゼンダニ
寄生してから効果が出るまで:ノミの98%を36時間以内に駆除、フィラリア症に
関しては30日
効果持続時間:ノミ、フィラリアともに30日程度

終わりに

ダニと一口にいっても、たくさんの種類がいます。そしてその中でも吸血するタイプのダニは犬だけではなく、人間にとっても非常に危険な病原体を保有しているということを覚えておいてください。

マダニや疥癬を引き起こすヒゼンダニは人間にも寄生します。ダニから愛犬を守るということは、飼い主である自分の身を守ることでもあるので、しっかりダニ除けをしましょう。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

監修獣医師による補足

マダニが媒介する病気で近年話題になっているのが、SFTSです。SFTSは「重症熱性血小板減少症候群」の略です。
この病気を引き起こすウイルスを持つマダニに刺されることで感染します。動物にも人にも感染する病気です。動物に感染した場合は一般的に無症状といわれていますが、発熱、食欲消失、白血球減少症、血小板減少症などの症状が認められることがあります。
現在、このウイルスに対する直接的な治療法がなく対症療法を行います。マダニに刺されないようにすることで予防できる病気です。草むらに入った時にはブラッシングして皮膚に定着していないマダニを落としましょう。

獣医師:平松育子

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 きなこ

    寄生するダニにも色々種類があるのですね。
    ダニは蚊のように色々恐ろしい病気を媒介するので気をつけなければなりませんね。
    一番怖いのはマダニですが、黒いし目視で確認できるのでまだマシかな…
    今まではアスファルトを歩き草があまりない公園の散歩コースだったのですが、引っ越しして草が多い散歩道になったので、初めてマダニを見ました。
    初めは、わからなくてクモの子供?とか思ってましたがマダニだとわかった時の恐怖といったら^^;
    足にひっついていた事もあったので、散歩後のブラッシングはかかせません。
    愛犬は短毛なので発見しやすいのが幸いですね。
    散歩前には、ダニの嫌がるニームオイルのスプレーをして夏から秋にかけては特に注意してケアしています。
  • 50代以上 女性 フーガ

    ダニの種類がこんなにたくさんあるとは驚きです。
    人間にとって危険なダニもいるので、日ごろから気をつけていきたいと思います。
    愛犬はアレルギーがあるので、動物病院でダニ除けの薬を購入しています。
    飲み薬のタイプを使っています。
    やはり飼い主さんが健康管理を徹底することが大切だと考えます。
  • 女性 K9-ABC

    マダニも含めた害虫対策として、愛犬にはフロントライプラスを投与していますが、これから高齢になってくると薬剤による不調がでないとも限らず、代替案を探していましたので、610ハップでの薬浴も1案に入れたいと思います。
    また、もし愛犬にマダニを発見しても、唾液や血液に危険な病原菌を持っているようなので、決して素手で取り扱わないよう注意したいと思います。
  • 40代 女性 匿名

    生後二ヶ月で我が家にやってきて、初めて耳掃除をしたときに茶色い耳垢がごっそり出てきました。本人はそれほどかゆがっておらず、たまに耳を気にする程度でした。
    おそらくブリーダーさんのところで感染したと思われます。兄弟犬や親犬にも感染が予想されるのでブリーダーさんに連絡するように獣医さんに言われ、連絡しました。
    耳洗浄をしてレボリューションを塗ったところ、翌週にはだいぶ改善していました。
  • 40代 女性 パチパチ

    マダニなどの害虫駆除には安全、無害な
    ヒバ油が良いそうです。

    フロントラインなどの駆除薬は
    ワンコ&ニャンコに 殺虫剤を着けているのと同じ位危険だと聞いてから
    一切の駆除薬の使用をやめました。
    飲み薬も同じく殺虫剤を飲ませているのと
    同じだそうです。

    何年か前にフロントラインスプレーを
    ニャンコに使用したら激しい嘔吐をしたのでこわくて 二度と使っていません。
  • 50代以上 女性 さな

    前に飼っていたコがダニに食われていて潰したり無理に取ってはいけないと聞いたのでフロントラインのスプレーを獣医さんで購入し吹きかけたらボトボト落ちました。みるみる大きくなるダニは気持ち悪かったです。本人も気持ち悪いのかブルブルしてました。それ以来ノミ、ダニ予防は欠かさずやっています。フロントラインを獣医さんでつけて貰っています。
  • 40代 女性 トイプー

    現在も疥癬と耳ダニの治療中です。かれこれ1ヶ月位になります。
    新しく出来たホームセンターのペットコーナーで購入しましたが、既にダニがついていたようでした。
    お店のプレオープン初日時にかったので、「ブリーダーの飼育時からもうついていたでしょう」と受診した獣医さんから言われました。
    自宅に迎えてから度々カラダや耳辺りをちょくちょく掻いていたので、最初は緊張しているのかな?位に思っていましたが、段々と頻繁に掻き始めたため受診しました。
    皮膚の赤身など見た目はまだ全然わからない状態での受診だった為、獣医さんも念の為の検査でしたが、まさかのヒゼンダニの発見!まだ2ヶ月半の子犬のため駆除と痒み止めの注射の量が少ないため治りが遅く、1ヶ月経ちやっと耳や身体を掻く回数が減って来たなといった感じです。初期といえども耳の中はすぐ真っ黒くなるし、皮膚にもフケが浮くので侮れません。
    勿論犬に使っているタオルや玩具関係は毎日洗濯し、私達も犬と関わる時は専用の服を着用し、それも毎日洗濯しています。手洗いもその都度していますが、時々てが痒くなる事があり、ポツと1〜2こ発疹が出る事もあります。
    幸いそれだけですぐ治りますが‥。とにかく大変です。ペット保険に入っていたので良かったですが、もう2万近く掛かってます。
  • 40代 女性 匿名

    フロントラインプラス、レボルーションですね。
    耳ダニは、病院行くと専用の薬があります。
    これを耳の中に垂らし、耳をマッサージして、ワンコにプルプル首を振らせることを毎日していたら、耳ダニはいなくなりますよ。
    フロントラインプラス、レボルーションは、犬の体重をきちんと測って貰って処方してもらいましょう。
  • 40代 女性 匿名

    春、桜の花が咲く頃から近所の草むらで良く付きます。飼い始めた頃は皮膚にすりこむタイプのノミ、ダニ駆除剤を使用してましが、あまり効果がなく、食べる薬に替えたら効果がありました。
  • 40代 女性 そらママ

    ドッグランで遊んだ日にシャンプーをしたところ、ぽろっと灰色の小さな塊が落ちて気がつきました。
    その後、病院でもらった薬をつけ、その後からは見かけてません。
  • 50代以上 女性 匿名

    部屋の中にダニが落ちていました
    最初はレーズンだと思い、犬が食べると危ないので拾ってよく見ると足がついていました

    フロントラインをつけていたので(2ヶ月に一度)、犬の血を吸ってダニは死んだようです
    ネットで調べた写真ほどは、お腹はパンパンではなく、少しシワシワしていて前述の通りレーズンのようでした
    獣医さんと相談してそれ以降は薬をつける頻度を1ヶ月に一度にしました
  • 50代以上 女性 まつこ

    ダニに、お線香の火をちかずけると、ぽろんと取れる、沢山のときは、犬用のダニとりシャンプーで洗う
  • 女性 カカオ

    ダニ・ノミ、本当意気持ち悪いですし愛犬にとっては怖い存在です。
    20年くらい前に飼っていたラブちゃんは首輪タイプの予防をしていましたがお庭によく出ていたこともあり、しっかりとダニをつけてきて母が駆除していました。今の私のワンコはミニチュアシュナウザー3歳です。公園にもよくいきますし他のわんちゃんとも遊びますのでフロントラインプラスを毎年利用しています。今まで愛犬にノミダニの被害がないので効果はしっかりと出ているのだと思います。ただ、塗布した皮膚の周りはカビカビになり独特のにおいもします。1ヶ月に1回のことですし、それで予防できるならと思っていたのですが最近ヒバ油がいいとの話をききました。早速取り寄せてワンコ+家中にスプレーしています。香りもよく癒されます。まだ始めたばかりなので効果はわかりませんが、こちらで問題なければこれからはヒバ油もいいかなと感じています。
  • 50代以上 女性 茜

    ダニと言っても二万種もの朱里がいることに驚きました。全部が犬に寄生するわけではないのでしょうが、人にもうつるとマダニなどは命の危険もあると聞いたことがあります
    人間も犬も清潔な環境で暮らすためには、予防と清潔に保つことが不可欠ですね
    うちのワンコにはノミ、ダニ予防とフィラリア予防ができるお薬を頂いています。
    おいしそうな匂いがするのか進んで食べてくれるので助かります。
    たれ耳の犬種なので耳ダニがすぐに発生してしまいます、耳の中の毛はすぐに伸びてくるので豆にカットしてあげていますが、耳掃除専用のローションを使って大きめの綿棒でふき取っています。目安としては耳の中のピンク色の皮膚が見えてくるまで丁寧に拭いてあげています。
    耳を触られるのは犬にとってはとても不快なようで嫌がる子が多いのですが、習慣としてこまめに手早く拭いてあげてると犬も慣れてくれるので最近ではスムースにさせてくれています。
  • 女性 LUNA

    犬のノミとダニ問題、本当に重要です!犬を初めて飼うという方は、パニックにならないためにもダニノミについてよく調べておいた方が良いと思います。実はうちの愛犬が初めて家に来た時、やたら痒がるなと思っていたら、既にノミが付いていたのです・・・。家族一同パニックになってしまいました。記事にも書いてありましたが、これらは寄生虫なので厄介です。しかも生命力が強いので、しっかり退治しておかないとどんどん増えていきます。耳ダニは、特に耳が垂れている犬がかかりやすいと聞きました。耳の中もよくチェックしてあげた方が良いですね。そして、副作用などが気になりますが、やはり定期的にフロントラインなどのお薬を付けてあげることが良いと思います。しっかりケアしてあげたいですね。
  • 女性 コロ

    毎年マダニが怖くてなるべく草むらや虫がいそうな場所は避けてお散歩します。
    一番心配なのはバベシア病ですね。愛犬は今までにマダニに噛まれたことがありますが、幸いにして感染していないマダニだったので赤くなるだけで済みました。
    ゴマよりも小さいマダニが、翌日にはブドウくらい血を吸っていたのを発見した時は私の血の気が引きました。
  • 20代 女性 ラッキー

    うちの子は子犬の頃からダニ対策を徹底しています!フロントラインや散歩の後のチェックが功を奏したのか、お陰様でまだダニにかまれた事はありません。でもダニの取り方は1度実践しておいた方がいいかもしれませんね。動物病院に連れて行けない事もあると思うので、記事を読んでしっかり勉強したい思います。
  • 女性 馬

    記事を読んでいるだけでむず痒くなってくるような内容でした。ダニ、どこにでもいるといってはそれまでですが、甘く見てはいけませんね。
    知り合いのお宅では、ダニが大量発生して健康被害が出たそうで家全部業者に頼んで消毒をする大掛かりなことになっていました。
  • 50代以上 男性 匿名

    散歩中にマダニに遣られました。デキモノかと思うくらい吸血して大きくなって気付き獣医師に見てもらう待合室で、自然に落ちましたが、抗生物質注射やアレルギー止めの薬等で治療して頂きました。勿論、ダニ予防薬も一緒に飼っている、もう一頭分も併せて処方してもらいました。
    ダニって気持ち悪いですが、素人が見ても、ダニ(虫)には見えませんでした、お気をつけ下さい。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬がダニに感染してしまった経験がある飼い主さんに質問です

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。