その抱っこの仕方は正しい?犬にとってNGな抱っこ4つ

その抱っこの仕方は正しい?犬にとってNGな抱っこ4つ

犬を飼っている人であれば、愛犬を抱っこする機会はとても多いですよね!ですが、皆さんはちゃんと正しい方法で愛犬を抱っこしていますか?今回は犬にとってNGな抱っこと正しい抱っこの仕方をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にとってNGな抱っことは?

犬を抱っこするカップル

飼い主であれば犬を抱っこする機会は非常に多いです。日常的にスキンシップの一環として抱っこしたり、あるいはお世話をするために抱っこしたり、散歩中に抱っこするなど抱っこのシチュエーションは至るところに転がっています。

しかし、意外としがちなのが間違った抱っこです。今までしていた抱っこの方法が間違っているという事は珍しくありません。ここで間違った抱っこの方法をしていないか確認してみましょう。

前足の両脇を持ち上げる

まずは前足の両脇に手を入れ、そのまま持ち上げる抱っこの方法です。赤ちゃんや子どもを「高い高い」する時に行う抱っこの方法と言うとわかりやすいかもしれまんせん。

人間の子どもの場合はこのように抱き上げても基本的には問題がありません。しかし、犬の場合はこのように前足だけで持ち上げるような抱っこの仕方をしてしまうと、肩の関節部分に強い負担がかかってしまい、脱臼などの怪我に繋がる恐れがあります。

この抱っこをされている犬の様子を観察すると、ジッと固まった状態で尻尾が下に丸まっているのがわかります。これは恐怖を感じている証拠でもありますので、絶対にこの抱っこはしないようにしましょう。

片手で抱えるとバランスが不安定に

男性の片腕と犬

男性に多い間違った抱っこの方法に片手で抱えるようにして抱っこするという方法が挙げられます。よくラグビー抱きをすると良いと言われることもありますが、安定感のあるラグビー抱きと単に片手で抱える抱っこは違います。

またラグビー抱きも良いとされることは多いですが、一般的な正しい抱っこに比べると少々不安定になりやすいため、基本的には一般的な抱っこの方法をすることを推奨します。

片手、あるいは片腕だけで抱っこしてしまうと、どうしても安定せず、万が一犬が暴れだした際に落下してしまう恐れがあります。

足が宙に浮くような状態で抱っこする

また犬を抱っこする際、足が宙に浮くような状態になっている飼い主さんは非常に多いです。無意識の内に行ってしまっている行為のため、意外と気付かない間違いですが、実は犬にとって少々不安を感じる抱っこ方法となります。

犬は空を飛ぶ動物ではないため、足が地にしっかりついていないと不安を感じます。これは人間も同じですね。抱っこをされている時も同様に、足とお尻をしっかりと支えてあげなければ、犬は不安や恐怖を感じることが多いです。

「うちの子はジッとしているよ」という飼い主さんもいますが、それは落ち着いているのではなく、落ちたら怖いから大人しくしているのです。抱っこする時は、足やお尻を下から包み込むよう抱っこしてあげましょう。

後ろから突然抱っこする

後ろから抱っこされるシーズー

そして後ろから突然抱っこするのも犬にとってはNGです。犬は非常に警戒心の強い生き物です。その分、少々臆病なところがあったり、驚きやすいとも言えます。

視界が行き届いていない後ろから突然触られたり、抱っこされたりすることを基本的に犬はあまり好みません。これはびっくりしてしまうからです。また後ろから抱っこをするという事は、犬とコンタクトをとらずに抱っこしているため、無理やり抱っこしていることにも繋がります。

無理やり抱っこしてしまったり、後ろから抱っこをするなど犬が嫌がる抱っこをしてしまうと、せっかくのスキンシップタイムが台無しになってしまいますのでやめましょう。

正しい犬の抱っこ方法

犬を抱っこする女性

犬にとってNGな抱っこ方法を確認し、知らぬ間に自分もやってしまっていたという方も多いのではないでしょうか。最後に一般的な正しい抱っこの方法をご紹介します。

犬の正しい抱っこは、まず片腕を前足の両脇に通すようにし、前足を支えます。次にもう片方の手でお尻を支え、抱っこしている人の体に犬の体が密着するような態勢で抱っこをしてあげてください。お尻を支えることで足も宙に浮かないため、安定感のある抱っこができます。

しかし、この時犬の体を縦に立てる形で持ち上げるのは止めましょう。これは犬の足腰に負担をかけてしまうからです。なるべく横向き(あるいは斜め)に持ち上げてあげると足腰への負担が軽減されます。

これは小型犬や小さめの中型犬の抱っこに適した抱っこ方法です。大型犬や大き目の中型圏の場合は、手だけでは支えにくいため、両腕を使い、しっかり包み込むように抱き上げる方法が最も安定感がありますよ!

まとめ

抱っこされる柴犬

いかがでしたか。意外としがちな間違った抱っこの方法、当てはまってしまった方もいるのではないでしょうか。その場合はぜひ今日から間違った抱っこの方法を見直し、正しい抱っこで愛犬に安心感を与えてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。