寝るときに犬はケージに入れるべき?

寝るときに犬はケージに入れるべき?

お気に入りに追加

現代では室内でフリーな状態で犬を飼っている方も多いでしょう。そんな犬たちを夜、皆さんはどうやって寝かせていますか?同じベッドで寝ている方もいるかもしれませんが、ケージ(クレート)で寝かせる方法を考えてみませんか?

10143view

ケージ(クレート)とは

水色のクレートから顔を出す犬

一般的にクレートとは移動するときに犬を入れて運ぶ「入れ物」のことを挿します。
1~2か所の出入口以外は、すべて囲われた状態の箱型のものが多く、大きさは超大型犬が入る大きさのものから、小型犬が入る片手で持てるほどの大きさまで様々です。

呼び名が「クレート」だったり、「ケージ」だったりするのですが、犬の入れ物という意味では同じものを差します。
プラスチックや布製のものをクレート、金属製のものをケージと呼ぶことが多いようです。
また、天井がない囲い状のものをサークルといいます。

ケージ(クレート)が必要なとき

布製のクレートに入る犬

移動時

ほとんどの場合、犬は電車やバスなどの公共交通機関に乗ることはできませんが、小型犬の場合はケージ(クレート)に入れた場合のみ、乗車を許可されます。
大きさや重量などは、それぞれの交通機関の規定があるのでそれに従わなければいけません。

また自家用車の場合も、座席にフリーにしておくより、ケージ(クレート)に入れて乗せた方が危険回避のためにも良いと言われています。
運転時にいたずらを気にする必要もありませんし、万が一の事故の際も、ケージ(クレート)がシートベルトやチャイルドシートの代わりになってくれるんですね。

旅行時

近頃はペットも家族同然として、一緒に泊まれる宿も増えてきました。
しかし、それぞれの宿泊場所によって全館犬の立入りOKの施設もあれば、客室内でケージの中に入れておくならOKな施設など、様々な規定があります。
どんなところに旅行に行くにしろ、ケージに入っていれば、連れていけるところも多いので安心です。

落ち着く場所として

車に置かれたクレートに入る二匹の犬

犬たちは家の中にいるときでも、結構神経をとがらせて警戒していることがあります。
家の外を誰か通れば「縄張り」を主張し、床でごろりと寝ていても家族の誰かが通れば、「ちょっとどいて」と、ゆっくり寝ることもできないかもしれません。

そんな犬たちにとって、家の中でも安心して「自分の場所だ」と思えるところがあるというのは、大事なことです。
落ち着いて熟睡したり、お気に入りのおもちゃをしまっておいたりするのには、ケージ(クレート)が最適なのです。

寝るときにケージ(クレート)を使うメリット

ケージの中でくつろぐ犬

事故防止

室内飼いの場合、愛犬と一緒のベッドで寝るという方も多いかと思います。
しかし、ある程度の大きさの犬ならば踏みつぶすこともないかもしれませんが、小型犬の場合は飼い主の寝返りに巻き込まれて足や尻尾をケガする可能性もあります。

また、子犬の場合は可愛さのあまり同じベッドで寝てしまうという方もいるかもしれませんが、しつけの際の「リーダー」をはっきりさせるためにも、同じ場所で眠らずベッド下などに犬専用の寝場所を作る方がよいでしょう。
こんなときにケージで寝るようにトレーニングしておけば、あらかじめ事故の危険を減らすことができますね。

いたずら防止

これも、ある程度落ち着いた成犬であればそれほど心配はないのですが、しかし、何をしでかすかわからないのが犬という生き物です。
人が寝ている間に一緒に眠っていてくれればよいのですが、暇を持て余していたずらをし始めてしまう子もゼロではありません。
その際に犬が思いもよらないものを飲み込んだり、破壊したりすることを防ぐためにも、ケージは有効でしょう。
特に夜は人の目が届かず、小さないたずらも取り返しのつかない状態になりかねません。
異物を飲み込んだときも発見が遅れれば一大事ですね。
犬の安全、人の安心のためにもケージを有効に使いましょう。

分離不安の防止

犬にとって飼い主と一緒にいることは何よりの幸せですが、人にはお仕事があったり用事があったりで、犬を置いて外出しなければいけないことも多いです。
犬にとってケージが安心でき、落ち着く場所であることを学習させておくと、どうしても留守番させなければいけないときにも、飼い主を追って不安になることが少なくなります。
ケージという安心できる場所にいれば、自分の安全が脅かされることなく、待っていれば飼い主が帰ってくることを理解しやすくなるのです。

また、災害で避難をしなければいけないときにも、ケージで眠るようトレーニングをしておくことで避難所へ一緒に避難することがでできる可能性が増えますし、知らないところで眠る犬の不安を和らげることができます。

まとめ

たくさんのクレートで隣り合う犬たち

犬をケージで寝かせるメリットをご紹介しました。
犬にとって安心できる場所を作ってあげるという意味でケージはとても重要な役割があります。

健康なとき、病気のとき、災害のときなど、様々な場面でケージを利用することがあるので、日頃からそれを想定して慣れておくためにも、眠るときにケージを利用するのは有効なんですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    先代のヨーキーちゃんは一緒にベッドに寝ていました。家族旅行の際にペットシッターさんにお願いする時は凄くストレスだったんじゃないかと思います。最近我が家に迎えたパピーちゃんはケージで眠ってくれています。一人で可哀想だな…と思う事もあるけれど、何かあった時のストレスを思うとこの方がいいんだと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 青空 天子

    多頭飼い(4匹) 小型犬なのですが、
    お家も狭いので、そんな場合、ゲージは、どうすれば良いのですか?
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    多頭飼いの場合はコンテナ式が便利です。2個+2段で少ないスペースですみますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。