犬へストレスを与えてる人がしているお世話5選

犬へストレスを与えてる人がしているお世話5選

愛犬のために良かれと思ってしていることが、実は愛犬のストレスの原因になっていた。ということはよくある話です。普段どのようなお世話をしていると犬はストレスに感じやすいのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬へストレスを与えてる人がしているお世話5選

疲れた表情で休む犬

1.規則正しい生活をしすぎている

愛犬の生活リズムをしっかり管理しようとして、規則正しい生活をさせている飼い主はいることでしょう。そんな規則正しい生活が、愛犬にストレスを与えることがあるのをご存じでしょうか?

規則正しい生活をさせようと思いすぎて、毎日同じ時間に同じことだけを繰り返していると、マンネリ化したり、犬が窮屈に思ってしまったりすることがあるそうですよ。
新鮮味のない毎日を退屈に感じたり、ギチギチに管理されていると感じたりすることで、犬はストレスを溜め込むようになってしまいます。
もし心当たりがある場合は、規則正しい生活の中に適度な刺激を加えてあげましょう。
そうすることで、愛犬は退屈に感じにくくなりますよ。

2.服の着心地よりもお洒落を優先している

洋服を着た5匹のチワワ

小型犬を飼っている人は、寒さ対策のために服を着せることが多いと思います。
そんな服をよく着ている犬は、服によってストレスを抱えてしまうことがあるのをご存じでしょうか?
犬に着せる服はデザインが可愛いものがたくさんありますよね。
大好きな愛犬に可愛い服やカッコイイ服を着させたいと思うのは、飼い主としてごく当たり前のことだと思います。

しかし、犬は服のデザインをあまり気にしていません。
それよりも、服の着心地や機能性を重視していることでしょう。
犬の服のサイズは割とシビアなので、少しでも体に合わないと着心地がとても悪くなってしまいます。
下手をすると歩き方がおかしくなって、関節を痛めてしまう原因になることだってあるほどです。さらに、着心地が悪い服を愛犬に着せた結果、動きづらく感じてストレスを抱えてしまう可能性があります。
ですので、愛犬の服を選ぶときはデザインだけでなく、着心地もきちんと確認するようにしましょう。

3.過保護にしすぎている

ダックスフンドを抱きしめる女性

愛犬が可愛すぎるあまり、つい過保護に育ててしまっている。そんな飼い主はいることでしょう。私も愛犬の残念そうな表情をみるのが辛くて、甘やかしてしまうことが時々あります。
しかし、愛犬が可哀想だからといって過保護に育てていると、愛犬がストレスを感じやすくなるので要注意。

過保護なお世話をすることで、愛犬がわがままな性格になったり、ガマンができない犬に育ってしまったりすることで、自分の思い通りにならないことがあれば、すぐにストレスを感じるようになってしまいます。
また、少し辛いことがあっただけで不安を感じたり、精神的に疲れやすくなってしまったりするようにもなるので、そういった場合にもストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

4.厳しくしすぎている

指示を出す飼い主の手を見つめる犬

過保護とは逆に厳しくしすぎても、犬にストレスを与えてしまうので注意が必要です。
厳しいしつけを行ったり、すぐに叱ったりする飼い主といることで、犬は恐怖を感じ怯えてしまう場合が多いです。そういった状態になってしまうと、犬はストレスを溜め込んでしまいます。

また、飼い主に怒られたくないと感じた犬は、自分の感情を押し殺すことが多く、ビクビクと怯えながら我慢ばかりすることで、ストレスをどんどん抱え込んでしまいます。
厳しすぎるお世話をしても、良いことはありませんのでやめましょう。
愛犬が少しでも怯えていると感じたときは、愛犬が楽しみながらできる育て方に切り替えることをおススメします。

5.過剰に可愛がりすぎている

クッションの上で休む犬を撫でる飼い主の手

犬は飼い主に可愛がられるのが大好きなので、スキンシップをしてもらえるととても嬉しがります。
しかし、過剰に可愛がり過ぎていると犬がストレスに感じてしまうことがあるので気を付けましょう。
犬だってのんびり寝たいときはありますし、部屋のすみっこで静かに家族を見ていたいというときもあると思います。
そんなシミジミしたいと思っているときに可愛がると、犬にストレスを与えてしまうかもしれませんよ。愛犬を可愛がりたい気持ちは凄くわかりますが、愛犬が静かにしているときはソッと見守ってあげてください。

まとめ

芝生の上で幸せな表情をする犬

愛犬のことを思ってしていることが、ストレスの原因になってしまっていることって割とあると思います。
ふだん良かれと思ってしていることが、本当に愛犬にとって良い影響を与えているのか、愛犬の様子を見ながら接することで、ストレスの原因を少なくしてあげることができるのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。