犬の視線でわかる心理5選

犬の視線でわかる心理5選

お気に入りに追加

犬は仕草や行動で思いを伝えることがあります。視線を見ることでも犬の気持ちはわかるのですが、同じ視線でも人と犬では意味が異なる時があったりします。今回は視線でわかる犬の気持ちをご紹介していきます。

5219view

犬の視線でわかる心理5選

横を見つめているトイプードル

1.ジッと見つめているときは相手に対して警戒や緊張をしている?

犬は目を上手に使って、自分の思いを相手に伝えようとすることがあります。
ですので、犬の視線の意味を理解してあげると、気持ちを知ることができますよ。

例えば、犬がジッと相手を見つめているときは、その相手に対して警戒していたり緊張していたりするといわれています。
「相手が何かしてこないか警戒しているため目が離せない」といった感じなのでしょうね。
また、犬にとってジッと見つめるという行為は、人間でいうところの睨んでいるという意味があることも。
そんな意味をもつときは、苦手な犬や人に対してジッと見つめながら吠えたり唸ったりすることが多いので、その場を離れるなどして愛犬を落ち着かせてあげましょう。

2.飼い主をジッと見つめる

スマホを操作する飼い主を見つめる犬

犬は飼い主に対しても、ジッと見つめることがあります。
飼い主に対しても緊張や警戒といった意味をもちながら見つめているのでしょうか。

実は、ジッと見つめるという行為には、他にもいくつか意味があるのです。
飼い主に対して、視線をそらさずにジッと見つめているときは、逆の意味をもつ場合が多いそうですよ。
つまり、愛犬が飼い主をジッと見ているときは「好きだから見ている」という意味を持っています。
私たち人間も好きな人がいると、無意識に目で追っていたり見つめたりすることがありますよね。
犬も同じように、好きな人や信頼している人を見つめることがあり、愛犬が優しい表情で見つめてきたら「大好きだよ」と、愛情表現をしているそうです。

ただ、飼い主に対しても、緊張している警戒しているという意味を込めながら見つめることがあります。
そういったときは、先ほどお伝えしたように、同時に唸ったり吠えたりするなどの敵意をもった仕草をすることが多いので、すぐにわかると思います。

3.犬が目をそらすのは服従している証

愛犬と目を合わせると、なぜか目をそらされることはありませんか?
そういった愛犬の行動を見て「嫌われているのかな?」と感じている飼い主はいると思います。
私たち人間は相手に目をそらされてしまうと、ネガティブな気持ちになってしまうことが多いですよね。
しかし、犬の目をそらすという行為は、基本的に服従しているという意味をもつそうなので、安心してください。
大げさにいうと「ご主人さまと目を合わせるのは恐れ多い。」そう思って、愛犬は目をそらしているのかもしれませんね。

また、犬は人間と同じように『知らないフリ』をするために目をそらすなんてことも。
愛犬がイタズラをしたときに「え?イタズラなんてしてないよ?私は何も知らないよ。」そういう感じで目をそらすことがありしませんか?
そういったときは、一生懸命知らないフリをしているのかもしれないですね。

4.上目遣いをしているときの犬の気持ち

上目遣いをするキャバリア

あなたの愛犬は、目をウルウルさせながら小悪魔的な上目遣いをすることはありませんか?
そんなときは、ご想像のとおり何かを訴えていたり、おねだりをしていたりするといえますよ。

例えば、おやつをねだる、飼い主が食べているご飯を欲しいと思っているときによく見ることができます。他にも犬が構ってほしいと思っているときに、上目遣いをすることがよくあります。

犬は人よりも顔が低い位置にあるので、自然と上目遣いをしやすくなります。
しかし、反則級な上目遣いをする愛犬を見て、どこでそんな技術を学んだの?と感じる飼い主はとてもたくさんいることでしょう。

また、上目遣いは基本的におねだりをしているときにすることが多いですが、怯えたり不安になったりしているときにする仕草としても知られています。
怯えたり不安になっていたりするときは、犬の表情がどこか悲しそうな顔になっていて、いつもよりも頭を低くしながら上目遣いをします。
見るからに不安そうな姿をしているので、すぐに分かると思います。
愛犬が不安そうに上目遣いをしている場合は、安心させてあげましょう。

5.何もないところを見ているときは何かに夢中になっている

なぜか愛犬が天井のすみっこに視線をずっと向けている。
「もしかして、幽霊か何かいるの?」そう怖がる飼い主はいると思います。
実は、犬が何もないところをジッと見ているときは、何かに夢中になっているのだとか。

犬はにおいに敏感なだけでなく、聴覚も優れているので、音に対しても凄く敏感です。
ですので、人間が聞き取れない音が聞こえていることがあります。

愛犬が何もないところをジッと見ているのでしたら、かすかにする音が気になって夢中で音を聞き取ろうとしているのかもしれません。
例えば、虫やネズミの足音が聞こえていたり、外で飛んでいる飛行機の音が気になっていたりするなんてことも。
また、犬が何もない所を見ているときは音だけでなく、人間が気づかないにおいを感じていて、そのにおいを必死に嗅いでいるということも考えられますよ。

まとめ

潤んだ瞳でこちらをみつめる犬

犬は人の言葉を話すことができないので、私たち人間は仕草や行動で彼らの伝えたいことを理解してあげないといけません。
例えば、犬の視線とその他の動作を組み合わせることで、気持ちが分かりやすくなるといえるでしょう。
愛犬の行動を毎日観察していると、視線だけでも気持ちが分かるようになってくるので、積極的に行動を観察することをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。