犬を叱りすぎるとどうなる?主なデメリットと解決法

犬を叱りすぎるとどうなる?主なデメリットと解決法

お気に入りに追加

愛犬がダメなことをしたとき、つい叱りすぎていませんか?いつも厳しく叱ってばかりいると、犬にとって様々な悪影響を与えてしまいますよ。今回は叱りすぎることによるデメリットと解決法をお伝えしていきます。

5951view

犬を叱りすぎるとダメ?主なデメリットとは

カーペットにトイレをして叱られる犬

自信を無くす

犬がイタズラをしたり、しつけやトイレが上手くできなかったときに叱ることってありますよね?犬が何度も同じミスをしたり悪さをしている姿を見て、ついイライラしてしまいキツく叱りすぎてしまった。という飼い主は多くいることでしょう。

ついカッとなって何度も叱りすぎていると、犬は自信をなくしてしまうことがあるようですよ。犬が自信を無くしてしまうと余計にミスをするようになったり、やる気がでなくなってしまうことに繋がってしまうので要注意といえますよ。

怖がる

いつも犬を厳しく叱っていると犬はあなたを怖がるようになってしまいます。酷いときはあなたが近くにいるとつねに様子を見ながら怯えるようになるかもしれません。叩いたり厳しく叱ってしつけをする人がいますが、それは犬に恐怖を与えてしつけをしているといえます。犬に苦痛を与えているので、良いしつけとはいえないでしょう。

信頼関係が崩れる

犬に怒鳴りながら叱っている人は、徐々に信頼関係が崩れていくことが多いです。犬は賢いのでちゃんと自分の気持ちがあり考えることもできます。そんな犬はいつも怒鳴っている飼い主を見て「いつも怒るから嫌いだ。近寄りたくない。」そう思うようになってしまうかもしれません。

犬が飼い主を苦手な人だと思って信頼関係が崩れてしまったら、信頼関係を取り戻すのはとても大変です。ですので、信頼関係が悪くなる前に、改善する必要があるといえそうですね。

攻撃的になる

自我がしっかりとしている犬はいつもキツく叱られてばかりいると、飼い主に対して反抗的になることがあります。また、自分を守ろうとして攻撃的な性格になってしまうことも。

私の話になってしまいますが、私が子供だった時は犬の育て方が全然分からなくて、当時飼っていた愛犬に対していつも厳しく叱ってばかりいました。結果的に愛犬は、私が叱ろうとした時に噛みつこうとしたり吠えたりといった攻撃的な行動をとるようになってしまいました。私の親が飼い主だったのですが、愛犬のことを兄弟だと思っていた私はあの時愛犬に酷いことをしてしまったと、今でも後悔することがあります。

ストレスが溜まる

犬を叱りすぎてばかりいると、ストレスを溜め込んでしまう原因になってしまいます。ストレスが溜まってしまうと犬は精神的に疲れてしまったり、ストレスが原因で病気になってしまうなど色々と悪影響を及ぼしてしまうので要注意です。

また、ストレスを溜め込んでしまった犬は、ストレスを発散するために余計イタズラをするようになるという話をちらほら聞いたことがあります。他にもトイレでキチンとオシッコをしていた犬が、あちこちでオシッコをするようになったという話もあったりしますよ。

叱りすぎないようにする解決法

様子を見る犬

冷静になる

犬に対して叱りすぎる人はついカッとなってしまい、その時の感情で怒りすぎてしまうことが多いように感じます。ですので、飼い主は冷静になることが大切といえますよ。冷静になることで、叱りすぎる回数を大幅に減らすことが出来ることと思います。

何度もイタズラをしたりカーペットにオシッコをしてしまった愛犬を見て、イライラしてしまう気持ちは分かります。ですが、まずは一息ついて落ち着きましょう。

『無視』と『褒める』を使ったしつけの方法に変える

基本的に厳しく怒鳴りながらしつけをすると愛犬に苦痛を与えるだけだったり、愛犬が遊んでくれていると勘違いして逆効果になったりする可能性が高いといえます。なるべくしつけをするときは、飼い主と愛犬共に嫌な気持ちにはなりたくないですよね。もっといえば、楽しみながらしつけが出来れば最高ですよね。

ですので、なるべく楽しみながら出来るしつけの方法で愛犬を育ててあげましょう。愛犬に苦痛を与えないしつけの方法で有名な『無視』を使ったしつけの方法をおススメします。

例えば、愛犬がイタズラをしたりトイレを間違ってしたときは無視をします。そして、愛犬がイタズラをして散らかしたティッシュを静かに片付けたりオシッコの後片付けをするのです。思わず愛犬に「ダメでしょ!」と叱りたくなるかもしれませんがガマンガマン。何事もなかったかのようにすることが効果的となります。また、犬は飼い主に構ってもらおうと思って、わざとイタズラやトイレ以外の場所でオシッコをすることがあるのですが、そういった場合に無視をすると特に効果的だといわれていますよ。

そして、愛犬がトレーニングを成功させたり良いことをした時は思いっきり可愛がったり、オヤツをあげたりして褒めてあげましょう。そうすることで、愛犬は「良い子にできたら飼い主に褒めてもらえるんだ。」と学習するようになって、トレーニングを覚えやすくなりますよ。

まとめ

少しやんちゃそうな犬

犬のトレーニングが何度も上手くいかなかったり、イタズラをされるとついイライラして叱りすぎてしまうことがあると思います。しかし、むやみに叱っても良いことはありませんので叱りすぎには気をつけましょう。上手くしつけができないときは、方法を変えてみると意外とスンナリ問題が解決するかもしれませんよ。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。