犬の寝心地を上げる方法5選

犬の寝心地を上げる方法5選

この記事では「犬の寝心地を上げる方法」というテーマで、ワンちゃんが寝る時にどんな環境や状態であれば心地いいと感じてくれるのか?ということを考えてみます。そして具体的にはどんな方法を取ればいいのかを5つ挙げて行きます。是非チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の寝心地を上げる方法1:清潔な寝床

白い布団と白い犬

不潔な寝床の環境は、皮膚の病気の元になったり、呼吸器系の病気の原因になったりします。たとえば、抜け毛やホコリが沢山溜まっていたり、酷く汚れていたり、カビが生えていたりする場合は犬の健康を害する恐れがあります。

不潔な寝床を使用した結果、病気になってしまったり、不快感があれば安眠できません。
寝床を清潔にすることは寝心地を上げることにつながるので大切なことですね。清潔でフカフカ(好みもありますが)、ワンちゃんが心から休まる環境を作ってあげたいですね。

犬の寝心地を上げる方法2:適度な温度・湿度

足を広げて眠る柴犬

犬にとって快適な温度は22℃前後、湿度は50〜60%と言われています。
ワンちゃんが寝る場所がこの温度・湿度の環境に保たれていれば、身体的ストレスがなく快適に眠ることができるでしょう。
特に真夏や真冬は室温や湿度に気をつけておかないと、命を落とす場合もあります。快適さと安全を愛犬に提供できるように注意したいですね。

犬の寝心地を上げる方法3:静かな環境

眠るダックスフント

穏やかに安心して眠るには、静かな環境が必要です。特に犬はレム睡眠という浅い眠りが80%と言われているので、物音がすればすぐに起きてしまいます。

例えば、工事の音がガンガン聞こえてくる環境や、人や他の動物の声が騒がしい環境では、ワンちゃんは安眠することができません。

逆に誰もいないシーンと静まり返った場所過ぎると落ち着かないことがあるので、ワンちゃんの好みや気分に合わせて、ほどよく静かな場所へ移動できるようにしてあげたいですね。

犬の寝心地を上げる方法4:好きな場所を選ばせてあげる

敷布団の上で眠るトイプードル

これが1番大切なことかもしれませんが、ワンちゃんは自分の寝心地を上げる方法をよく知っています。
自由に選べる状態にしてあげると、自分の好きな静かさ、好きな寝床の素材、好きな温度の場所などを多く満たすポイントで休むようになります。

我が家の愛犬の場合、リビングが少し騒がしかったら、洗面所に行って寝ていることがあります。静かになったらいつも間にか戻って来ているので、自分で環境を選んでいて賢いなと思いました。

犬の寝心地を上げる方法5:リラックスできる場所

飼い主の足に寄り添って寝るゴールデンレトリバー

ワンちゃんによってリラックスできる場所は色々だと思います。
たとえば、飼い主さんのことが見える場所、自分のお気に入りの床材の上(ふわふわ、硬い、冷たいなど)、狭い場所…など好みに応じて様々な寝床が考えられます。

愛犬の日頃からよく観察していれば、好みを知ることができますね。

まとめ

ラグの上で眠るチワワ

いかがでしたでしょうか?
犬の寝心地を上げる方法として、

  • 清潔な寝床
  • 適度な温度湿度
  • 静かな環境
  • 好きな場所を選ばせてあげる
  • 安心できる場所

の5つの方法をご紹介してきました。ワンちゃんにとっても睡眠は健康を維持していくためにも大切なことですよね。愛犬が適切な睡眠をとれるように、飼い主さんが気を配ってあげたいですね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。