犬は飼い主に抱っこされてるとき何を考えてるの?

犬は飼い主に抱っこされてるとき何を考えてるの?

お気に入りに追加

みなさんは愛犬を抱っこすることがありますか?ここでは、飼い主に抱っこされているときの愛犬の気持ちや正しい抱っこの仕方などについてまとめています。

29740view

犬が抱っこされているときに考えていることとは?

抱っこされているMダックス

犬が飼い主に抱っこされているときにどんなことを考えているかということについては、犬のタイプや状況によって異なります。抱っこが嫌いな犬は「早く降ろして!」と思っているでしょうし、抱っこ好きな犬は幸せな気持ちでいることでしょう。また、怖いことや苦手なことを避けるために抱っこされている場合は不安や恐怖心から解放され安心感を感じていると思います。どんな気持ちで抱っこされているかは、抱っこされているときの犬の表情や動きなどからわかることも多いと思います。

飼い主に抱っこされることが好きで自ら抱っこをせがむ犬も少なくありませんが、そのようなタイプが抱っこをせがむ理由はやはり飼い主への甘えや依存だと思われます。また、臆病なタイプで知らない場所や知らない人・犬が苦手な犬などは飼い主の腕の中が自分のテリトリーとなって恐怖心を感じずにいられるということもあるでしょう。

飼い主が犬を抱っこすることの弊害

ブランコで抱かれるシーズー

犬が飼い主に抱っこされているときに何を考えているかは犬の性格や状況により異なると言いましたが、抱っこが好きで自ら飼い主に対してせがんでくるようなタイプの犬は抱っこをすることで弊害が生まれてしまうことがあるので注意しましょう。抱っこをせがまれてその要求に従うことをくり返してしまうと、犬は要求に応えてもらえるということを覚えてさまざまな要求を行うようになります。また、要求に従わないと飼い主に対して威嚇したり攻撃してきたりするようになることも。つまり抱っこという要求に飼い主が従い続けることで犬をわがままにしてしまう可能性があるということなのです。

また、抱っこを好む犬の中には臆病なタイプの犬も少なくありません。特に散歩中や外出中など見知らぬ場所に行ったときや苦手な人・犬に会ったときに抱っこをせがむ犬の場合は、飼い主の腕の中が自分のテリトリーだと思っていることが多いでしょう。そのため、地面に自分の足で立っている時は臆病な様子を見せていても、飼い主の腕の中では非常に気が強くなって攻撃的になるということも多く見られる傾向です。犬を抱っこするときは犬の気質を見極め、また犬からの要求で抱っこするのではなく飼い主の意思や指示で行うようにすることが大切です。

犬の正しい抱っこの仕方

女性に抱っこされるコーギー

犬の抱っこは適切に行わなければ、犬をわがままにしてしまったり攻撃的な行動を取らせてしまったりすることがあります。さらに、犬を抱っこをするときにもうひとつ気をつけなければならないのが“抱っこの仕方”です。

犬を抱っこするときには、まず聞き手と反対の腕を犬の両脇の下に通すようにし、利き手でお尻を下から支えます。犬の体を横向きにして抱え、自分の体を密着させて抱き上げるようにしてください。犬の体が縦になりすぎると腰への負担が大きくなってしまうので、上半身がやや高位にある程度の横抱きにしましょう。ちなみに大型犬を抱っこするときは片腕を犬の両前足の前に、もう片方の腕を後ろ足のひざ裏に当てるようにして両腕で足を包み込むようにして抱え上げます。

ただし、犬の体形や体格によって安定した抱き方はやや変わるので居心地が悪そうであれば腕の中で収まりのいい場所や抱え方を探してあげてください。脱臼や落下による怪我の恐れがあるので、腕だけを持って引き上げたり片腕で抱えたりということは決してしないようにしましょう。

<まとめ>犬を飼い主が抱っこすることについて

女性に抱っこされる笑顔の犬

特に小型犬の場合抱っこをする機会も多いと思います。飼い主が大好きな犬は抱っこされることで幸せな気持ちになったり、安心感に包まれることもあるでしょう。それはとても素敵なスキンシップですし、飼い主と愛犬の絆を深めるコミュニケーションにもなります。しかし、抱っこの仕方や抱っこをするタイミングを間違えると飼い主への依存を強めわがままにしてしまったり、怪我をさせてしまう可能性などがあるということを覚えておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。