子犬がきたらまず行うこと!しつけやトイレトレーニングの時期について

子犬がきたらまず行うこと!しつけやトイレトレーニングの時期について

お気に入りに追加

子犬を新しい家族として迎え入れたら、まずは何をするべきなのか悩んでしまう方は多いようです。しつけをしなくてはとの思いから、いきなり厳しくしてしまう方もいるかもしれません。それも完全に間違いという訳ではありませんが、先にするべきことがありますので、今回はそれを紹介していきたいと思います。

5418view

まずは信頼関係を構築する

兄弟で一緒に眠る柴犬の子犬たち

子犬を迎えてまず行うことは、子犬との間に信頼関係を構築していくことです。

慣れない環境やよく知らない人に囲まれて、子犬は不安な気持ちでいっぱいです。しつけは早いうちから開始するべきという考えがあり、もちろんそれは間違ってはいませんが、それよりもまず、信頼関係を築くことの方が重要です。

どんなに賢い犬でも、信頼していない人の言うことはききませんので、まずは優しく話しかけて、ここは安心できる場所であることを教えてあげてください。

どこでも触れるようにしておく

人に撫でられている子犬

子犬のうちからスキンシップを兼ねて身体をくまなく触り、身体のどこでも嫌がらずに触らせるようにしておきましょう。

足の先や顔周りを触られるのが苦手な犬がよくいるのですが、子犬の頃から触れることを習慣にしておくと、成犬になっても嫌がることがありません。

そうしておくことで、動物病院での処置や爪を切るときなどでも、暴れたりすることなく対応できる犬になっていきます。

しつけをすることの重要性

飼い主の指示を聞く子犬

犬にしつけをするに辺り、飼い主に絶対服従をさせるという意味で捉える方が多いようです。人と犬が一緒に生活していくからには、飼い主の言い付けをある程度守らせるのは必要となってきますが、しつけにはそれよりも大切な意味が込められています。

犬自身の命を守る

外の世界には危険が多く潜んでいます。自転車や車などはその一部で、犬が何のルールにも縛られずに、自由気ままに外を歩いてしまっては、事故にあう恐れも出てきます。

飼い主さんの呼びかけを聞かずに先に走っていってしまったら、そのまま迷子になって二度と家に帰ることができなくなってしまうかもしれません。

しつけとは、指示に従わせる意味はもちろんあるのですが、犬の命を守っていくために必要不可欠であることを理解しておいてください。

散歩デビュー前には室内で練習を!

散歩中に立ち止まる子犬

待ちに待った散歩デビューが、思うように行かなかったという話をよく耳にします。それまで室内で過ごしていた子犬を、いきなり外に連れ出しても、上手に歩ける訳がありません。

飼い主さんにとっては普通の外の世界ですが、子犬からしてみれば初めて見る場所、初めて嗅ぐ匂いなど、初めてづくしに足がすくんでしまう状況です。さらに、付け慣れていない首輪やリードも、重く感じているかもしれません。

散歩デビューに向けて

  • 室内でも首輪付けて慣らしておく
  • リードを実際に犬に触れさせて、首輪と同じように慣らしておく
  • 首輪とリードを装着した状態で、室内で歩く練習をしておく
  • 飼い主さんやリードを気にして前に進まないようであれば、お気に入りのおもちゃなどで前方方向に誘導する
  • 抱っこの状態で外に出て、散歩コースなどを抱っこのままで歩いて外の様子に慣らしておく

散歩デビュー前にこれだけの準備段階を踏んでおいても、最初は足がすくんで上手に歩けないこともあります。

数回試すことで段々と歩くようになっていきますので、無理に引っ張って歩かせようとすることはせず、ゆっくりと慣らしてあげるようにしてください。

トイレトレーニングは子犬のうちに

トイレシートにおしっこをして褒められる子犬

トイレトレーニングを難関だと感じている方は多いのではないでしょうか。実は子犬のうちほど、トイレトレーニングに適している時期はありません。

子犬は排泄の回数自体が多く、そのタイミングも成犬と比較すると大変分かりやすいです。睡眠の後や食事の前後など、生活の節目で子犬は排泄をします。そのタイミングを狙ってトレーニングをしていきます。

失敗しても怒らない

トイレトレーニング中に最もしてはいけないことは、失敗をしたときに叱ってしまうことです。

トレーニングは数日間で簡単に済むものではなく、その間に何度も失敗をしてしまうこともあります。掃除の手間が続くと、つい叱りたくなってしまうかもしれませんが、子犬は叱られてしまうと排泄をしたこと自体がダメなのかと勘違いをしてしまいます。

その結果、また叱られないように隠れて排泄をするようになってしまう場合もありますので、絶対に怒ってはいけません。

まとめ

女性とハイタッチする子犬

子犬を家に迎えたら、まずはどのように対応するべきかについて紹介してきました。お互いに気持ち良く生活をしていく上では、しつけは当然大切で必要なことではありますが、まず子犬には安心して過ごせると思えるような環境を与えてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。