犬にしてはいけないNGダイエット法4選

犬にしてはいけないNGダイエット法4選

お気に入りに追加

近年、肥満の犬は増加傾向にありますが、あなたの愛犬はぽっちゃり体型になっていませんか?もし愛犬が肥満になってしまったらダイエットが必要になりますが、NGなダイエット法を行ってしまうと、さらなる問題を引き起こすかもしれません。この記事では、犬にしてはいけないNGダイエット法についてご紹介します。

6751view

NGなダイエット法は愛犬の体の負担に…

太ったパグ

あなたの愛犬は、上から見て腰がくびれていますか?腹部ひだ(後脚の付け根のたるんだ皮の部分)がつかめますか?肋骨を触ったときに、はっきりと骨の感触を感じることができますか?
もし腰にくびれがなかったり、腹部ひだがつかめなかったり、肋骨に触れられなかったりするのなら、肥満の可能性があります。

肥満とは摂取カロリーが消費カロリーを上回り、余分なエネルギーが蓄えられて体の脂肪が多くなり過ぎている状態のことをいいます。人間と同じように犬にとっても肥満は万病のもと。

  • 椎間板ヘルニア
  • 関節炎
  • 糖尿病
  • 膝蓋骨脱臼
  • 気管虚脱
  • 心臓病
  • 膵炎

など、肥満はさまざまな病気を招きます。そのほか、熱中症の危険因子になったり、手術の際に麻酔のコントロールが難しくなったり、傷が治りにくくなったりすることも。

犬の肥満のほとんどは、飼い主さんの食べさせ過ぎが原因といわれています。ですから、もし愛犬が肥満になってしまった場合は、飼い主さんが責任を持ってダイエットを行い、愛犬の健康を守ってあげなくてはいけません。しかし、NGなダイエット法を行ってしまうと、愛犬の体に負担をかける危険性があります。
そこで今回は、犬にしてはいけないNGダイエット法をご紹介していきたいと思います。

NGダイエット法①過度な食事制限をする

空のフードボールと空腹な犬

犬にとって食事とは、散歩と並ぶ楽しみな時間。ですから、過度な食事制限は犬にとって大きなストレスになります。このストレスによって無駄吠えをしたり、物を噛んで破壊したりすることも。また、過度な食事制限から栄養不足となって犬の健康を損ねる恐れもあるので、かかりつけ医と相談しながら段階的に食事量を減らしていくようにしましょう。

NGダイエット法②必要以上に痩せさせる

痩せている犬

肥満は健康の大敵ですが、それを気にするあまり必要以上にダイエットをして、愛犬を痩せ過ぎにしてしまう飼い主さんもいます。特に、太りやすい犬種(ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ビーグル、ダックスフンド、パグなど)や避妊・去勢した犬の飼い主さんに多いようです。
肥満のリスクばかりが注目されがちですが、痩せ過ぎにも注意が必要です。痩せ過ぎは免疫力低下や肝機能低下を招きますので、必要以上に痩せさせないように気をつけましょう。

犬の肥満度は、BCS(ボディ・コンディション・スコア)でチェックすることができます。BCSは犬の体を触ったり上や横から見たりして、肥満度を測るものです。BCS1(痩せ過ぎ)~BCS5(肥満)の5段階のうち、BCS3が理想的とされています。
BCS3は薄い皮で肋骨が覆われている状態で、触ると肋骨が確認できます。上から見ると腰にゆるやかなくびれがあり、横から見ると腹部のつり上がりが分かります。痩せても太ってもいない、BCS3の理想的な体型を目指し維持することが大切です。

NGダイエット法③運動だけで痩せさせる

飼い主とランニングする犬

「食事を減らすのはかわいそうだから、たくさん運動をさせてダイエットしよう」と考える飼い主さんは多いかもしれません。しかし、犬が運動だけで痩せるのは難しいといわれています。なぜかというと、人と違って犬は走ることに適した体の構造になっており、ちょっと走ったぐらいではたいしてカロリーを消費できないからです。

ダイエットに効果があるほどの過度な運動は、心肺系や関節系へ大きな負担をかけ、痩せる前に病気になってしまう可能性があります。運動はダイエットのサポート役と考えて、過度な運動は避けましょう。
犬のダイエットの要となるのは運動ではなく食事。食事量を減らさなければ、痩せることは難しいのです。

NGダイエット法④急激に痩せさせる

胴回りを計測されるジャック・ラッセル・テリア

犬のダイエットは、1週間に体重の1~2%を上限とする(体重10㎏なら1週間に100g~200gまで)のが基本となっています。大体半年~1年、時間をかけて少しずつ痩せていくことが大切なのです。急激なダイエットは犬のストレスになるばかりでなく、体への負担も大きいです。また、リバウンドしやすくなることもあります。

犬のダイエットを行うときはかかりつけ医に相談して、ダイエット計画を立ててもらうのがおすすめです。犬の年齢、犬種、性別、避妊・去勢の有無などを考慮した上で、無理のない目標体重、毎日の食事量、運動量、期間などを設定してもらえるでしょう。

まとめ

笑顔のラブラドール・レトリーバー

ダイエットは、犬にとっても飼い主さんにとってもつらいもの。愛犬がダイエットをしなくてもすむように、日頃から適度な食事と運動を心掛け、肥満予防に努めてあげたいですね。もし愛犬にダイエットが必要になった場合は、ご紹介したようなNGダイエット法は行わないように注意しましょう。
甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの病気が原因で肥満になっていることもありますので、愛犬が太ったように感じたときは、ダイエットを始める前にまずは獣医師に相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。