昔と今では全然違う?犬の食生活の変化4つ

昔と今では全然違う?犬の食生活の変化4つ

ずっと昔、犬が野生動物として暮らしていた頃から現在まで犬の食生活にはどのような変化があったのでしょうか。昔と今の犬の食生活の違いについて比べてみました。ドッグフードが生まれたのは最近のことのようです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の食生活 ~昔と今~

こちらを振り返るジャックラッセルテリア

犬の祖先はオオカミだと言われていますね。
群れで狩りをし、獲物(動物)を捕らえ、肉食であったようです。
肉食であったことから、犬の腸は短めであるとも言われています。
いろんな研究結果や意見がありますが、犬の食生活は昔と今ではどのように変化し、どのような違いがあるのでしょうか。
また、これからの愛犬たちの食生活のヒントや参考になるような変化や違いはあるのでしょうか。

犬の食生活の変化①「生肉 or ドッグフード」

二種類のご飯とトイプードル

今、ほとんどの犬がドッグフードを主食としていますね。
カリカリに乾燥させたドライフード、水分を多く摂取することができるウェットフードなど。
ふだんはドッグフードを与え、週末や特別な日は手作りの食事を与えている、という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
栄養バランスのことを考え、ふだんからドッグフードにプラス野菜や果物や肉を加えて与えている、という飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

昔はどうだったでしょう。
人間と暮らす前、犬が野生動物として生活していた頃は、狩りで得た獲物(生肉)が主食だったようですので、野菜や果物を食べるということはなかったのではないでしょうか。

犬はいつからドッグフードを食べるようになったのか

昔は生肉を主食としていたとされている犬ですが、ドッグフードを主食とするようになったのはいつ頃のことなのでしょうか。
ドッグフードは、1860年にイギリスでジェームズ・スプラットという人物によって開発されたとされています。
波止場にいた犬たちが、人間によって与えられたビスケットに群がる姿を見て、ドッグフードを商品に事業を始めたのだとか。
当時のドッグフードは、小麦粉・野菜・牛の血液を混ぜて作られたビスケットだったそうです。
その後、アメリカを中心としてペットフード産業が発展し、1907年にはミルクビスケット、1922年には馬肉を主原料とした缶詰、そして1927年に現在のようなドライフードが販売されたそうです。

犬の食生活の変化②「生肉が主原料ドライグフード or 穀物が主原料のドライフード」

穀物

市販されているドライフードのほとんどが、主原料を穀物としていますよね。
1927年に現在のようなドライフードが販売されたとき、主原料は生肉でした。
しかし、1929年頃のアメリカで世界恐慌が起こり、大不況に陥ったそうです。
そして、安価なドライフードを作るため、主原料を生肉から穀物へと変えて製造販売されたのだそうです。

日本がドッグフードの存在を知ったのはいつ?

第二次世界大戦後、アメリカ軍によって日本へとドッグフードが持ち込まれたそうです。
どのようなことがきっかけで、ドッグフードを持ち込もうと考えたのかわかりませんが、人間が食料を得ることも大変な時代だったと思います。

犬の食生活の変化③「ぶっかけごはんからドッグフードへ」

青い食器で食事中の犬

祖父母から聞いた話なのですが、昔は犬も人間と同じごはんを食べていたそうです。
祖父母の家では、犬も猫も白米にお味噌汁をかけた“ぶっかけごはん”が当たり前だったようです。

みなさんは「ビタワン」というドッグフードをご存じでしょうか。
黄色いパッケージに白いわんちゃんが描かれている、私はそんなイメージです。
ビタワンは1960年代に日本で初めて発売されたドッグフードで、当時は共同飼料社から販売されていたそうです。

犬の食生活の変化④「犬種や年齢や体質に合わせて」

食事中の三頭の子犬

狩りで得た生肉からドッグフードへ。
ドッグフードの主原料を生肉から穀物へ。
ぶっかけごはんからドッグフードへ。
いろんな変化を遂げてきた犬の食生活ですが、現在では犬種や年齢や体質などに合わせ、品質や安全性を重視したドッグフードが多くなりました。

2009年には「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が施行されたことにより、犬の健康機能を損なうようなドッグフードは、取り扱うことができなくなっています。
これにより、原料・添加物・原産国などの表示も厳しくなったのではないでしょうか。

子犬には子犬の食事を、老犬には老犬の食事を。そして、療養食やダイエット食などもあります。ワクチンや予防薬や獣医さんのおかげはもちろんですが、適切な食事を選びやすくなったことも、犬の寿命が延びている要因なのではないでしょうか。

まとめ

テーブルにつくジャックラッセルテリア

犬の食生活の変化を昔と今で比べてみました。
昔は生肉を食べていたとされている犬ですが、今でも生肉を主食として与えている飼い主さんもいらっしゃるようですね。

うちの愛犬たちは生肉を与えると、お腹を壊してしまうので加熱してから与えています。
まるで現代っ子という言葉がぴったりですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。