犬の足の動きで分かる気持ち6つ

犬の足の動きで分かる気持ち6つ

お気に入りに追加

言葉が話せない愛犬の気持ちを知りたいとき、あなたは愛犬のどこを観察しますか?尻尾や耳?それとも、表情でしょうか。あまり考えつかないかもしれませんが、足の動きからも愛犬の気持ちを知ることができます。この記事では、犬の足の動きで分かる気持ちについてご紹介します。

9549view

足の動きからも犬の気持ちが分かる!

犬の足

犬は言葉を話すことができなくても、全身を使って自分の気持ちを表現します。
尻尾の位置や動きから、犬の気持ちが読み取れることはよく知られていますが、「足の動き」に注目したことはありますか?
意識して愛犬の足の動きを観察してみると、様々な動きをしていることに気づくでしょう。
そしてじつは、足の動きからも犬の気持ちを知ることができます。

そこで今回は犬の足の動きに注目し、そこにどのような気持ちが隠されているのか探ってみました。以下からご紹介していきます。

①足で体をかくときの気持ち

体をかくゴールデンレトリーバーの子犬

愛犬が足で体をカキカキしていると、「かゆいのかな?」と思いますよね。
しかし、犬が足で体をかくのは、かゆいときだけではありません。
このしぐさはカーミング・シグナルのひとつです。
カーミング・シグナルとは、犬が不安や緊張、ストレスなどを感じたときに、自分や相手の気持ちを落ち着かせるためのしぐさや行動のこと。

ですから、見知らぬ犬や人に会ったときや、トレーニングをしているときなどに、足で体をかくしぐさが見られたら、かゆいのではなく緊張やストレスを感じていると考えられます。
足で体をかくことで緊張をほぐし、自分の気持ちを落ち着かせようとしているのです。
もしあまりにも頻繁に体をかく場合は、何らかの病気のサインかもしれません。
動物病院で受診を。

②2本足で立つときの気持ち

飼い主に立ってアピールする犬

サークルの中に入っている犬が、縁に前足をかけて2本足で立つことがあります。
その姿はまるで、つかまり立ちをする赤ちゃんのよう。
中には、何かに前足をかけなくても2本足で立てる犬もいます。
犬が2本足立ちするときは、高いところにあるものを見たい場合もありますが、「こっちを見て~」と、自分に注目してほしい気持ちであることが多いようです。

そして、2本足立ちしたときに注目してもらえたりほめられたりすると、同じ行動を繰り返すようになります。
愛犬の足腰への負担を考え、2本足立ちを習慣化したくないのならば、2本足立ちしたときに声をかけたり、かまったりしないようにしましょう。

③前足を片方だけ上げるときの気持ち

片方の前足をあげているバセンジー

愛犬が前足の片方だけを上げているのを見たことはありませんか?
オスワリをしていれば、招き猫ならぬ「招き犬」状態でかわいいですよね。
前足を片方だけ上げるのもカーミング・シグナルで、興奮や緊張によるドキドキを静めようとしている、あるいは犬や人に対して、「自分に敵対心はありません」という気持ちを示しているときのしぐさです。

④足で土を飛ばすときの気持ち

飛ばされた土

オス犬に多く見られるのですが、おしっこやうんちをしたあとに、足で土を飛ばす犬がいます。
一見、排泄した箇所に土をかけて隠しているように見えますが、よく見ると排泄物に土がかかっていない場合があります。
じつはこの行動はマーキングの一種で、「自分のにおいを広げたい」という気持ちで土を飛ばしています。
どのようににおいを広げるのかというと、足で土を後方に蹴って飛ばすときに、肉球にあるエクリン腺という汗腺の分泌物や、指の間の皮脂腺から出る分泌物を土にしみ込ませ、においを拡散させています。
足で土を飛ばすと、においだけではなく爪の跡も残るため、視覚的にも自分の存在をアピールすることができます。

⑤前足を膝に乗せるときの気持ち

人の膝に前足を乗せた笑顔の犬

飼い主さんが座っていると、愛犬が膝の上に前足を乗せてくることがあります。
犬がこのしぐさをするのは、「自分の方が飼い主より優位だと思っているから」と言われることもありますが、これは「構って」「遊んで」といった犬のおねだりアピールです。

無条件にこれに応じていると、「前足を膝に乗せれば言うことを聞いてもらえる」と犬が覚えてしまうことがあります。
愛犬が前足を乗せて「構って」とおねだりしてきたときは、「オスワリ」などの指示を出し、それに従えたごほうびとして、構うようにしましょう。

⑥前足を突っ張って動かないときの気持ち

リードを引っ張られて抵抗するパグ

散歩の途中で愛犬が前足を突っ張って、動かなくなってしまったという経験がある飼い主さんは少なくないと思います。
前足を突っ張って動かないのは、「そっちに行きたくない」という意思表示かもしれません。
飼い主さんが進もうとしている道で、過去に嫌な経験をしている、工事の音や向こうからやってくる犬が怖いなどの理由が考えられます。

愛犬が前足を突っ張って動かなくなってしまったとき、無理やり引っ張って歩かせるのはNGです。愛犬が動くのを気長に待つか、散歩コースを変えてあげましょう。
また、体調が悪かったり疲れてしまったりして動かなくなることもあるので、つらそうだったら散歩を切り上げましょう。

まとめ

くつろぐ柴犬の後ろ足

ふだんあまり愛犬の足の動きを気にすることはないかもしれませんが、緊張している気持ちや注目してほしい気持ち、おねだりしたい気持ちなど、足の動きから分かる犬の気持ちは意外とたくさんあります。
ぜひ足の動きにも注目して、愛犬の気持ちを読み取ってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。