犬はお薬が苦手?上手にお薬を飲ませる方法

犬はお薬が苦手?上手にお薬を飲ませる方法【獣医師監修】

お気に入りに追加

愛犬にお薬を与える時、四苦八苦したことはありませんか?フードやおやつと一緒にお口に入れても、ペッと吐き出されてしまったり、飲み込んだなと思ったのに気がつくと床の上にお薬が落ちていたなんて事ありますよね。お薬を楽に飲ませるためのグッズなども販売されていますが、今回はグッズなどを使用しない、ご自宅で出来る簡単に素早くお薬を飲ませる方法をご紹介します。

1750view

SupervisorImage

記事の監修

  • 獣医師
  • 吉本 翔
  • (東京大学獣医学専攻博士課程/ペンシルバニア大学客員研究員 )

北海道大学獣医学部を次席で卒業。日本獣医師会会長賞受賞。東京大学にて動物のがんに関する研究を行いつつ、埼玉県にある動物病院で夜間救急獣医師として勤務していました。2018年よりアメリカのペンシルバニア大学に留学し、動物のがん免疫に関する研究をしています。国際学会発表や論文執筆を多数経験しており、獣医学研究に貢献できるよう日々精進しています。

風邪や病気でお薬を処方されたら

錠剤の薬を見つめる犬

どうしてお薬を飲まなきゃダメなの?

いつも元気でいてくれるのが一番ですが、季節の変わり目で体調を崩しやすくなるのは、ワンちゃんも人間も同じです。

ちょっとした体調不良であれば、一時的にお薬を飲ませるだけで済むことが多いですが、何かしらの病気が発症し、長期間にわたってお薬を飲まなければいけないワンちゃんもいると思います。愛犬がお薬を嫌がり、飼い主がお薬を飲ませるのに苦労すると、互いのストレスになってしまいます。

処方されているお薬なので、「嫌がるから飲ませなくていいや」ではすみません。愛犬に嫌な思いをさせない飲ませ方を、きちんとみつけてあげましょう。

基本的な薬の飲ませ方

少し難しいのですが、病院で行う基本的な飲ませ方があります。

  • 利き手ではない方の手で上顎をつかむ
  • 利き手に薬を持ちながら下顎に触れ、口を開ける
  • 錠剤を喉の奥に置く
  • 上を向かせたまま口を閉じる
  • 喉をさすり飲み込ませる

おやつやフードを使用しない飲ませ方なので、1番良い方法だと思うのですが、かなり拒絶するワンちゃんが多いと思います。

ふだんから口周りを触らせてくれる子や、歯磨きで口を開けることに拒否感がない子に向いています。この方法が難しそうであれば、もっと簡単な違う方法を試してみましょう。

試してもらいたいお薬の飲ませ方

飼い主の手から薬を飲もうとする犬

錠剤のお薬

我が家の愛犬も錠剤のお薬を長年飲んでいます。今まで試して良かった方法を順にご紹介します。

  • フードに混ぜる
  • お湯でふやかしたフードに埋める
  • 好物で包む
  • チーズなどのおやつと一緒に与える

1.フードに混ぜる

ご飯を食べているノーフォークテリア

1番はじめに、お薬を処方されたときはどう飲ませていいのか分からず、とりあえずドッグフードと一緒にフードボウルに入れて飲ませていました。

当時は愛犬の年齢も若く、お薬の存在さえ知らない時でした。とっても食欲旺盛だったので、気づく事なくフードと一緒に飲みこんでくれていました。しかし毎日の事となると、やはり愛犬も気づいてしまい、ご飯が済んだ後のフードボウルを見ると、綺麗に錠剤のお薬だけが残るようになってしまいました。

まだお薬のことを知らないワンちゃんであれば、この方法で飲み込んでくれると思います。

2.お湯でふやかしたフードに埋める

次の手段を考えなければいけなくなりました。もともとお腹が強くはなく、消化を良くするため、ドライフードをお湯でふやかすことが多かったのですが、そのふやけたフードがお薬を埋めるのにぴったりでした。

愛犬も違和感なく飲み込めていましたし、用意する物はいつものフードとお湯だけなので、ドライフードを与えている方におすすめの方法です。

フードボウルにフードを入れて、フードの量より少し多めの熱湯を注ぎます。冷めるまでしっかり20分ほどは待ってください。当時我が家で与えていたドライフードは、ふやかすと2倍ほどの大きさになり、程よい弾力のあるフワフワした状態になりました。それに錠剤のお薬を埋めたり、2粒のフードに挟んだりして飲ませていました。

全てのドライフードがちょうど良くふやける訳ではなく、残念ながら今与えているフードはふやかしても芯が残ってしまうため、現在この方法は行っていませんが、簡単に飲ませることができる良い方法でした。

3.好物で包む

我が家が行う最近のお薬の飲ませ方は、犬の好物で包む方法です。アレルギー検査を済ませているので、喜んで食べる物で包み、飲ませています。

基本的にいつも使用しているのが、ジャガイモ、カボチャ、さつまいもの3つで、ジャガイモが1番使用頻度が高いです。加熱後に潰して、お薬を包むのに硬ければヨーグルトを少量ずつ加え、緩くしていきます。

これがとっても美味しいみたいで、我が家の愛犬はお薬を全く嫌がりません。

4.チーズなどのおやつと一緒に与える

飼い主からオヤツをもらう柴犬

うっかりジャガイモを買い忘れたときだけ、市販の犬用チーズを使っています。1錠のお薬を飲ませるのに、小さなひとかけらのチーズを3個使用し、チーズとお薬を立て続けにお口の中に入れていきます。チーズが大好きなので、そのままの勢いで飲み込んでくれます。

まとめ

犬の薬について話す獣医師と飼い主

いろいろと試した結果、我が家では、好きな食べ物で包んで飲み込ませる方法に落ち着きました。

お薬の種類によっては、食べ物と一緒に与えてはいけないお薬もありますので、獣医さんにしっかりと確認をとりましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。