トリマーになるにはどうしたらいい?働くための心構えや必要なこと

21147view

トリマーになるにはどうしたらいい?働くための心構えや必要なこと

トリマーになるにはどうしたらいいのでしょうか?動物の専門学校へ行く、ペットショップで働くなどトリマーになるための手段は様々ですが、そもそもトリマーになるために必要なことについて考えた事はありますか?実は、トリマーになるだけであれば至極簡単なことなのです。しかし、お仕事の内容は結構ハードなんですよ。そんなトリマーになるために必要なことを現役のトリマーが紹介します。

トリマーになるには

トリミング中の犬

犬の飼い主であれば誰もが知っている「トリマー」という仕事。では、職業としてトリマーになるにはどうしたらよいのでしょうか?

トリマーになるために必要な過程として、専門学校へ通う。通信教育を受ける。トリミングショップで働く。という3つが主になります。その中でもトリミングを基本からきっちりと習うために動物の専門学校へ通われる方が一番多いのではないでしょうか。

トリマーの資格

  • 各学校、団体が出しているもの
  • 国家試験などは無い

現在の日本では必要な学校を卒業して技術があればトリマーとして働く事ができます。また、トリマーの資格は各学校、団体が出しているものだけで、人間の理美容師のように国家試験などはありません。

自分のトリミングサロンを開業する時に必要なもの

  • 第一種動物取扱業
  • 動物取扱責任者

ただし自分のお店(トリミングサロン)を持ちたいと思っている場合は、動物愛護法に定められている「第一種動物取扱業」登録と、「動物取扱責任者」の登録をする必要があります。

トリマーとは

寝っ転がる犬

トリマーとは、一言で言うと犬の美容師さんです。諸外国ではトリマーという言葉はなく、グルーマーというのが一般的です。(犬の飼育管理から美容までを行う人を指します)

トリマーのお仕事

カット中の犬

さて、トリマーの仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

  • シャンプー
  • ブロー
  • カット
  • お客様の把握
  • 道具の調整
  • 掃除
  • 電話応対

犬の飼い主の皆さんがご存じなのは犬のシャンプー、ブロー、カットが主になりますね。ですがその他にもトリマーの仕事は沢山あるのです。

トリマーに必要な知識

お客様の把握、道具の調整、掃除、犬の管理、薬の知識、ワクチンの知識、内部寄生虫の知識、外部寄生虫の知識、応急処置のやり方、病気の知識、犬の骨格構成、犬種独特の性格、しつけの方法、電話応対などもトリマーの仕事に含まれます。

飼い主さんはトリマーさんを犬のプロとして見ているので、何でも聞いてきます。ですので、それに即答できるだけの知識が必要になってくることも忘れてはいけません。常にわんちゃんの勉強を欠かさないのがプロのトリマーというものです。

そして、人間のカットも流行があるように、犬のカットも季節やトレンドによって変わっていきます。すぐに対応できるように犬のトリミングのカットスタイルも日々勉強が必要です。

トリマーとして必要なこと

シャンプー中の犬

さて、ここでトリマーになりたい方々にお伝えしたい事があります。それは、トリマーになるために必要なことです。基本的なことばかりですが、これらに対して少しでも抵抗などを感じたら、トリマーになるのは難しいかもしれません。

また、トリマーという職業は体力的にもお給料的にも厳しい世界です。そこも視野に入れて、ある程度覚悟を持って挑みましょう。

犬が好き

トリマーとしてやっていくための第一条件として、「犬が好き」でないと長く続けるのは難しいと言えます。そして、これはトリマーの仕事の全ての業務につながります。非常に大事な心構えなのです。

最近よく見る光景は、お客様である犬の首を吊ってカットなどをしている店舗が多いです。人間に例えたらお客様に手錠をして理美容を行うことに等しいと思います。

そして、首を吊っていると犬から手を放しがちです。万一手を離したときに犬がテーブルから飛び降りたら、首つり状態になってしまいます。

また、首をつっている状態できれいなカットはできません。そのような状態で犬が好きなのか、と疑問に思います。犬が好きであるならば、まずは「トリミングする犬」の優先順位を高めてくださいね。

犬に苦痛を与えないこと

トリミングは美容であるから、苦痛を生むことはあまりありません。しかしながら「犬は口を利かないから、飼い主が見ていないから」と、適当に扱うトリマーさんも多々います。業務としてトリマーを続けていると、どうしても仕事が荒くなってしまうものです。しかし、相手は生き物です。常に新鮮な気持ちで取り組まなければ、お客さんとの信頼関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。

私が実際出会ったトリマーさんは、「犬の爪は血が出るまで切る。血が出たら止めればいいんだから」と言っていました。かなり振り切ったトリマーさんでした…美容で意図的な出血はあり得ないです。

犬が爪切りを嫌がるようになるのは、そのように毎回血を出されて痛い思いをしているからなのです。

また、シャンプーで暴れてしまうのも、過去に熱い(冷たい)のをかけられた、顔を洗う時、鼻にお湯(水)が入り呼吸ができなくなった、など苦しい、辛い思いをするとシャンプーが嫌いになってしまいます。

犬は決してシャンプーが嫌いということはありません。暴れたり噛みつくようになるのには原因があるからなのです。

暴れたり、噛みつくなど自己主張できない犬もいます。そういう犬はひたすらされるがまま、震え続けます。そういう犬の方が本当に気の毒に思います。

そういう犬もシャンプーは怖くない、気持ちいいもの、爪切りもいたくないんだということを教えてあげるのもトリマーの仕事の一つだと思います。逆に、犬に恐怖を与えるようなお仕事をされると、今後の生活にも支障を及ぼします。トリマーになるのであれば、しっかりと責任を持って取り組んでほしいと思います。

トリマーがトリミングを行う際に覚えておきたい事

ドライヤーをかけられている犬

保定

保定とは

安全に作業を行うために犬をうまく押さえること

犬も人も安全に作業を行うために、犬をうまく押さえることを「保定」と言います。こちらも人間ですから、ケガはないに越したことはありません。噛みつく犬だって保定が上手にできれば、口輪なんて必要ありませんからね。
むしろ口輪されることによって、犬は余計噛みつくようになりますし、犬にとって噛まなくていいという学習する機会が失われてしまいます。ですので、この保定という技術はトリマーになるにあたって重要なものになります 。覚えておきましょう。

平常心

犬が危険にさらされた時、緊急時など犬に対して冷静に対処できる為の心得

トリマーになるために必要な心構えの一つに「平常心を保つ」というものもあります。これは、犬が危険にさらされた時などに冷静に対処するためのものになります。人間は多くの感情を表現する生き物ですから、緊急時などにコントロールするのはなかなか難しいことではあります。しかし、常にこちらが落ち着いた気持ち、態度で接すれば犬も不思議と落ち着いてきますので、大きな事故にも発展しずらいのではないでしょうか。

向上心

プロのトリマーになるための向上心

仕事に傲慢になることなく常に己を磨くということも必要

どのような職業でも同じかと思いますが、プロのトリマーになるためには常に向上心が求められます。仕事に傲慢になることなく常に上を見て己を磨くということも必要なのです。特に、トリマーが相手にするのは犬ですから、言葉も通じません。多くの場数を踏んだとしても、それを次回に活かすくらいの気持ちで挑みましょう。

健康

自身の健康の維持

トリマーは肉体労働。自分の体調管理が大切

人間ですので体調が悪くなることもあるとは思います。しかし、そこはうまくコントロールしましょう。基本的にトリマーのお仕事は立ち仕事であり、肉体労働と言えます。健康の維持が重要なのはどの仕事でも同じですが、管理はしっかりしなければなりません。

まとめ

トリマーになるために必要なこと
  • トリマーの資格
  • 犬の知識
  • 犬が好きである事
  • 体力がある事
  • 自身の平常心
  • 自身の向上心
  • 自身の体調管理

厳しい事も書きましたが、大好きな犬に囲まれて、大変なこともあるけれど、犬が好きであれば、トリマーというお仕事は本当にやりがいがあります。毎日がとても有意義なものに変わりますので、ハードな仕事内容に負けないくらいわんちゃんが好きであるならば、あなたにぴったりな職業だと感じることが出来るでしょう。

トリマーになる方法を教えてください!(^^)!

トリマーになるにはどんな方法があるか教えてください!また、現職の方はトリマーになるまでの経験や持っておいた方がいい資格など教えてくださいm(__)m

  • 40代 女性 さら

    我が家のワンコたちは、近所のトリミングサロンが大好きです。朝預けると帰ってくるのが夕方近くになることもあるので、飼い主である私はしばしのお別れに寂しい気持ちですが、ワンコたちはうきうきしながらトリマーさんの元へ行ってしまいます。犬をきちんと扱ってくれるトリマーさんには本当に感謝です。
  • 20代 女性 すず

    わたしもたくさんお世話になっているトリマーさん!我が家のわんちゃんもトリミングが欠かせないので月に難度もお世話になっています。
    丁寧にきれいにしてくれるトリマーさんは素晴らしいお仕事だと思いますし、大変そうですよね。
    毎月お世話になっているのに実はあまり詳しく知らないトリマーさんのことについてこの記事で知れて、当たり前ではありますがトリマーとして働くまで大変なんだなと関心しました。いつもありがとうございます。
  • 30代 女性 きなこ

    高校を卒業してすぐにトリマーの専門学校に入学しました。2年制でほとんどが同世代でしたが、中には主婦の方なんかもいて色々な人が取得のために学びに来ているんだなと感じました。トリマーの実技以外にも、犬種の特徴や病気の事など総合的に犬の事について勉強しました。

    実技は、学校の犬でなく実際にお客さまから預かった犬なので最初は緊張の連続でした。ハサミを使うので神経も使います。大人しい犬ばかりではありません。暴れたり、噛み付かれたり…生傷も絶えませんでした。シャンプーで手も荒れるし、ドライヤーで全身毛だらけになり家に色んなわんこの毛を知らず知らず持ち帰ったり^^;

    正直「犬が好き」だけでは続けていけないかも。トリミング中もずっと立ちっぱなしなので体力も必要です。トリマーの裏側はドッグショーで見た様な華やかな世界ではなかったですが、生まれ変わったように綺麗になったわんちゃんと迎えに来て喜んでくれる飼い主さんを見るととてもやりがいのある仕事だと思います。
  • 30代 女性 あー

    トリマーとして働いていました。やはり高校を卒業してから2年間トリミングを勉強できる専門学校へ通いました。私が通っていた学校は、生徒の年齢層も様々でしたが、トリミングをさせてもらうワンコも学校所有の犬より一般家庭でふつうに飼われているワンコが多かったのでいろいろありましたね(笑)懐かしい…。トリマーになる方は、みんな犬が大好きな方だとは思うのですが、ワンちゃんはお話しすることができませんので、飼い主さんとの様々なやりとりがとても重要になってきます。私もそうなのですが、犬は大好きだけど人見知りなんだよね~ていう方はちょっと大変かもしれません。変なこと言ってすいません。でもそんな私でも慣れてくると、お客さんとの会話もそんなに苦痛には感じなくなったので、これからトリマー目指すよという方には前向きに頑張ってほしいです。
  • 30代 女性 38moto

    我が家では動物病院に常在しているトリマーさんにお願いしています。愛犬の急な体調不良があった時など、すぐに獣医さんに診てもらえる安心感もあるからです。
    愛犬のトリミングをお願いする時に、トリマーさんに色々聞いてしまうことがありますが、何を聞いてもちゃんとした回答をくれるので、とても知識が豊富なんだなと感心していました。

    愛犬をお迎えに行った時もごきげんで出てくるので、いつも犬にどんな対応をしてくれていたのかわかります。犬と仲良くなるコツも心得ているのでしょうね。

    手馴れているトリマーさんは犬に不安を感じさせず仕事も早いですが、なりたてのトリマーさんは手元がたどたどしく、見ていても怖いものがあります。やはり場数を踏まないとならない職種だと思うので、通信講座で資格を取るというのは基礎を学べると思いますが実際に働くとなると聊か不安があります。
    愛犬を預ける側としては、専門学校で技術も学んだ方にお願いしたいと思います。
  • 女性 梅子

    アラフォー女子です。友人が犬を飼いはいじめたのをきっかけに、トリミングに興味を持ち、はじめは自分の犬のためだったのですが、ついに夜間学校でトリミングの勉強をしています。土日は昼間授業があるそうです。
    一緒に勉強をしているクラスメイトは、夜学なのでやはり昼間は別のお仕事をされていたり、若い方も学費を稼ぎながら並行して勉強している方もいるそうです。
    ペット数が増えて、トリマーの需要は増えているとは思いますが、現実トリマーさんの給与体系は非常にシビアだと思います。独立して自身で店舗を持たないと満足な稼ぎはないと言っていました。
    そのため高校卒業後にトリミングの専門学校へ行き、トリマーとして就職をしても30歳前に離職する方がとても多いそうです。専門職なのにもったいないですが生活を考えると仕方ないのかも知れません。
    その話を聞いて、利用する側としても、価格だけでサロンを選ぶのは優秀なトリマーさんを育成するためには考えもんだな、と思いました。
  • 女性 バニラ

    トリマーさんというと、高校卒業後に専門学校へ行ってなるというイメージが強いですが、意外と転職組の方も多くいらっしゃいます。働きながら夜間や週末お勉強をされてなるそうです。私個人の考えでは、そういった方はとても勉強熱心で向上心があって、ビジネスセンスもあるように感じます。
  • 女性 ゴン吉

    私の思うトリマーさんのすごいところは、爪切りなどを間違って出血させてしまっても落ち着いて素早く対処できるところですね。落ち着いているので愛犬も暴れることなくじっとしています。愛犬も嫌な思いと捉えていないので、その後も爪切りは嫌がったりしません。
    犬のことを理解しているトリマーさんは安心ですね。トリミングのお迎えに行った時も愛犬は嬉しそうなので、本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。
  • 女性 もふころ

    愛犬をトリミングに預ける際、とあるトリマーさんの時だけ、震えてお漏らしをしてしまいます。慣れている人ほど扱いが雑になってしまうのかな?と不安になる時があります。
    犬を好きでい続ける人がなるべき職ですね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

トリマーになる方法を教えてください!(^^)!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。