使役犬に属す犬種とは?主な特徴や気質、歴史から飼い方まで

使役犬に属す犬種とは?主な特徴や気質、歴史から飼い方まで

お気に入りに追加

世界には公認・非公認合わせておよそ800種類の犬種がいるといわれています。日本ではそのうち196種類を公認していて、ジャパンケンネルクラブはそれらの犬種を使用目的などで10のグループに分けています。そのうちの「使役犬」のグループについてまとめてみました。

1894view

使役犬とは

横に並んだ5匹の犬

ジャパンケンネルクラブ(JKC)の分類上、第2グループに分けられているのが「使役犬」です。どのようなことを行う犬かというと、名前の通り「作業・仕事」をする犬たちです。

具体的には警察犬、闘犬、番犬などですが、大きなサイズの犬は狩猟の際のお供や警護、小さな犬は害虫駆除などの仕事を行っていました。
さてこのグループに属する犬種は多岐にわたります。
JKCのHPを確認すると33犬種ほどいるようです。日本でよく見かける犬を挙げてみましょう。

  • グレートデーン
  • グレートピレニーズ
  • ジャイアントシュナウザー
  • スタンダードシュナウザー
  • ミニチュアシュナウザー
  • マスティフ
  • セントバーナード
  • ドーベルマン
  • 土佐犬
  • ブルドッグ
  • バーニーズマウンテンドッグ
  • ボクサー
  • ミニチュアピンシャー
  • レオンベルガー
  • ロットワイラー

たくさんいますね。これらの犬たちは古くから人の仕事を手伝う、知能の高い犬たちです。
そのため、しっかりとしたしつけをすることで、家族にとって素晴らしい家庭犬であり、伴侶犬になります。
ではこれらの犬たちは、どんな歴史がある犬たちなのでしょうか。
いくつかの種類をピックアップしてみましょう。

グレート・デーン

凛々しく立つグレート・デーン

グレート・デーンの原産国はデンマークと勘違いされやすいのですが、実はドイツです。
大きく強い、ドイツのマスティフという意味の「ドイッチェ・ドッゲ」と呼ばれていて、軍用犬や狩猟犬として活躍をしていました。
原産国はドイツですが、歴史は相当古く、古代エジプトやローマ時代から原種が存在していたともいわれており、そこからマスティフなどの大型犬との交配で現在の姿になったといわれています。

大きな体を持っていながらとても温厚で優しい性格をしており、軍用犬もこなす賢さから家庭でも良き伴侶となります。
しかし広い飼育スペースと相当な運動量を必要とするので、実際に飼育できる人は限られてしまいますね。

グレート・ピレニーズ

屋外で休む2匹のグレートピレニーズ

原産国はフランスとスペインで、国境のピレネー山地に生息していた大型犬です。
14世紀の書物に番犬としての記載があるようです。
古くからヒツジやヤギをオオカミなどから守る、牧羊犬と警護犬の役目を果たしてきました。
体高が80センチほどになり、体重も大きくなると60kg近くになりますが、豊かな被毛のせいかもっと大柄に見えます。

性格もふわふわな見た目よりずっと勇敢かつ警戒心が強いタイプです。
中途半端なしつけでは、他者への攻撃性が発現することもあるため、しっかりとした訓練が必要です。

ジャイアント・シュナウザー

芝生の上に立つジャイアントシュナウザー

原産国はドイツで、ネズミ狩りをしていたスタンダードシュナウザーからグレート・デーンやロットワイラーなどを交配・改良して大型化した犬種です。
体高も70センチに届きそうなほど大きく、手足が長い立派な体つきをしています。
作業上の危険を回避するため、本来は長い耳と尾を子犬のころに切っていた形がスタンダードとなっていますが、現在のように家庭犬として迎える場合はこの処置は不要でしょう。

とても賢く体力もあるため、倉庫の番犬や警備犬、災害救助犬として活躍することもあります。
他の犬種と異なり、シュナウザーは被毛のカットが必要な種類の犬なので、飼育する際は注意してください。

レオンベルガー

舌を出して伏せるレオンベルガー

レオンベルガーという犬種はご存じですか?
誕生から200年経過していない、比較的新しい犬種です。
原産国はドイツで、セントバーナードやニューファンドランド、グレピーなどの交配を繰り返すことで、黄金色から濃いベージュのきれいな被毛と黒い顔、ライオンのような立派なたてがみの犬が出来上がりました。
主に牧場での番犬として働いていたようです。

この犬種は体重50kgを超えるような大型犬です。
グレピーやニューファンなどを掛け合わせただけあって、体高も大きく肩回りの飾り毛のおかげでさらに大きく立派に見えます。指の間に水かきがついているのも特徴です。
とても賢く甘えん坊で、褒められることが大好きです。
犬種の良さを引き出すためにも、しつけや服従訓練はしっかりと行ってください。

まとめ

セントバーナードを撫でる男性

このほかにも使役犬の種類はたくさんいます。
大型の犬が多いので、飼育する場合は十分んなスペースと食事管理、そしてたっぷりの運動を欠かさず行ってあげてくださいね。
とても賢い子ばかりですので、きっとみんなよい家庭犬になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。