犬が嬉しすぎて興奮している時の仕草5選

犬が嬉しすぎて興奮している時の仕草5選

お気に入りに追加

この記事では「犬が嬉しすぎて興奮している時の仕草5選」というテーマで、ワンちゃんが喜びのあまり興奮している時に見せる仕草や行動を5つにまとめてみました。興奮してしまっている時の対処法なども合わせてご紹介しますので、是非チェックしてみてくださいね!

13441view

嬉しすぎて興奮している時の仕草1:ダッシュする

ダッシュする茶色のトイプードル

嬉しすぎると、突然走り出してダッシュをすることによって喜びを全身で表現することがあります。

ダダダダーっと同じところを走ったり、いつまでも興奮が収まらない場合は、転んだりぶつかったりすることによって犬がケガをする恐れがありますので、飼い主さんの指示によって、興奮を収められるようにしておきたいですね。

例えば、「オスワリ」や「マテ」などの指示を日ごろから練習しておき、愛犬が興奮したときに指示を出して従ってくれるようにクセを付けておくことが有効と言われています。

嬉しすぎて興奮している時の仕草2:おしっこを漏らす

おもらしをしたラブラドールレトリバーの子犬

「うれション」と呼ばれる、嬉しくて無意識におしっこを漏らしてしまうワンちゃんもいます。
例えば、飼い主さんが帰って来て熱烈にお出迎えしてくれる時や、大好きな人やワンちゃんに久々に会った時、スキンシップをしていて喜んでいる時などに見られるようです。

おしっこを漏らした愛犬にビックリして「きゃー!」「早く拭かなくちゃ」などと大きな声や大きな動作で反応してしまうと、ワンちゃんの興奮を増幅させてしまいます。愛犬がうれションをしても反応せず、静かに素早く片付けることが大切ですね。

嬉しすぎて興奮している時の仕草3:吠える、鳴く

遠吠えをする犬

警戒している時や、要求している時に吠えるイメージですが、喜んでいる時にも「ワンワン」と吠えることあります。他にも「クーンクーン」と震えながら鳴く子もいます。

普段からおしゃべりなワンちゃんは、嬉しいときにも声を出す傾向があるのかもしれませんね。興奮して吠えすぎる場合は、オスワリやフセなどのコマンド(指示)を上手く利用して、落ち着かせることができるようにしたいですね。

嬉しすぎて興奮している時の仕草4:ジャンプする

青空でジャンプする犬と男性

嬉しくてジャンプしたり、人や動物に飛びついたりすることがあります。

愛犬家にとってはとても可愛い仕草ですが、人に飛びつく癖がついていると、犬が苦手な人や小さいお子様に飛びついて怖い思いをさせたりケガを負わせてしまう恐れがあります。癖になってしまわないように飼い主さんが日頃からしつけてあげてくださいね。

嬉しすぎて興奮している時の仕草5:マウンティングをする

マウンティングをする2匹の犬

人や動物、ぬいぐるみなどにつかまって腰を振るマウンティングは「僕(私)の方が偉いんだぞ」と優位性を示す以外にも、喜んでいて興奮している時にもすることがあります。

愛犬が嬉しくてマウンティングをしているのを目撃したら、騒がずに無視したり、静かに止めさせることが有効です。

まとめ

目をつむって笑うジャックラッセルテリア

いかがでしたでしょうか?犬が嬉しすぎて興奮している時の仕草として、

  • ダッシュする
  • おしっこを漏らす
  • 吠える、鳴く
  • ジャンプする
  • マウンティングをする

の5つを挙げてきました。喜びを全身で表現してくれるワンちゃんはとても可愛いですよね。しかし、嬉しすぎると興奮が激しくなり、激しい興奮は問題行動にもつながる恐れがあります。是非、飼い主さんが愛犬の興奮をコントロールできるようになりましょう!

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。