愛犬との思い出を残そう!手作りアルバムの作り方

愛犬との思い出を残そう!手作りアルバムの作り方

お気に入りに追加

「携帯の画像フォルダは愛犬の写真だらけ」という飼い主さんも多いでしょう。だって、愛犬は世界で1番可愛いんだもん♡でも、データは消えてしまうこともありますし、携帯やカメラを変えたら昔の写真を見返すことも減りますよね…。それなら、アルバムを手作りしませんか?そこで今回は、愛犬の写真を使用した手作りアルバムの作成方法をご紹介します。愛犬との思い出をアルバムに残して、家族や友人、恋人とほっこりしませんか?

2350view

愛犬の手作りアルバムを作りましょう!

犬のアルバム

数えきれないほどの愛犬の写真。私のスマホの画像フォルダは、愛犬くるるの写真でいっぱい!愛犬には呆れられていますが、可愛くってどうしても毎日写真を撮ってしまうんですよね。

そんな大量の愛犬の写真をフォルダの中に収めておくのは、もったいない!そこで今回は、オリジナルアルバムの作成方法をご紹介します。お気に入りの写真をピックアップして、世界に1つだけの手作りアルバムに仕上げましょう。

1.スクラップブックを選ぶ。

アルバムとドライフラワー

まずは、スクラップブックを選びましょう。最近は手作りアルバムを作成している方も多いため、さまざまな大きさ・デザイン・色・価格の商品が販売されています。手作りアルバム初心者さんには、ページ数が少なめのスクラップブックがおすすめです。最初から気合を入れてずっしりしたスクラップを選んでしまうと、途中で挫折してしまう可能性があるからです。

スクラップブック選びのポイントは、写真を貼りつける台紙です。黒の台紙のスクラップブックが人気が高く、オシャレに見えるのですが、愛犬の被毛が黒の場合は白や薄い黄色などの台紙のスクラップブックを選んだ方が映えると思います。

2.カラーペンや色鉛筆でコメントを記す。

色鉛筆

愛犬の写真を貼りつけるだけでも十分可愛いアルバムになりますが、カラーペンや色鉛筆で写真にコメントをつけるとグッと素敵なアルバムになります。黒の台紙のスクラップブックであれば、修正ペンで文字や絵を描いても可愛く仕上がります。

例えば、写真を撮った日付・場所・愛犬の様子・感じたこと…。たった一言でもコメントを記しておくと、家族や友人とも思い出を共有できるでしょう。

3.マスキングテープでオリジナリティーを。

マスキングテープ

100均にも豊富な種類が用意されているマスキングテープ。マスキングテープのなかには犬の柄のテープもあるので、ぜひ店頭やインターネット通販でチェックしてみてくださいね。もし家で眠っているマスキングテープがあるのなら、ここぞとばかりに使ってしまいましょう!

マスキングテープの便利な点は、テープにメッセージが書けることです。可愛いマスキングテープにメッセージを書くだけでオシャレに見えるので、文字やデコが苦手な飼い主さんは試してみてくださいね。

また、マスキングテープで写真を縁取ったり、あえて無造作に仕上げたりするのもオリジナリティーが出て素敵です。無造作な雰囲気を出したいなら、はさみでテープを切るのではなく、手でちぎって使ってみて!

まとめ

写真を吟味する犬

愛犬の手作りアルバムの作成方法をご紹介しました。いかがでしたか?

どの写真を使おうか、どんな構図にすれば愛犬の可愛さが引き立つか、ペンやマスキングテープの色はどうしようか…。手作りアルバムは手間がかかるものの、そんなふうに悩む時間も愛おしくなってきます。アルバムが完成した頃には、早くも第2弾を作りたくなるはずです。

ちなみに、スマホの写真はコンビニで手軽にプリントアウトできますよ。比較的画質もキレイで、料金も1枚30円程度と安いのでおすすめです。写真のサイズを変えたり、同じ写真を何枚か連続で貼りつけたりすると個性的なアルバムに仕上がるでしょう。

愛犬との思い出を写真とコメントで残して、愛犬との暮らしや成長ぶりにほっこりしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。