犬に居場所を作るメリット4つ!作らなかったらどうなる?

犬に居場所を作るメリット4つ!作らなかったらどうなる?

お気に入りに追加

あなたのお家には愛犬の居場所はありますか?愛犬の居場所を作ることで様々なメリットを得ることができます。今回は居場所を作るメリットと、作らなかった場合にどうなるかをご紹介します。

4922view

犬の居場所って?

扉があいたケージの中でくつろぐ犬

基本はケージやクレート

犬の祖先は元々、穴をほってその中で生活してきました。
いまでも犬にはその習性が残っているため、ケージやクレートなどの限られたスペースにいることで安心します。
ケージやクレートを快適な環境にすることで、犬にとっての「居場所」となるのです。

犬が安らげる場所

いつも元気で人懐っこい犬でも、たまには一人になって静かに休みたいときもあります。
そんなときにリラックスできる居場所があればいいですよね。
そのために少し薄暗く静かな場所にケージやクレートを置いて、犬がいつでも休めるように扉を開けておきます。
休みたくなったら犬が自分から入って休憩できるようにしてあげましょう。
安らぐ場所がないとストレスがたまり、無駄吠えや物を壊すといった問題行動を起こしてしまうこともあります。
また決まった居場所がなく、常に人と一緒に過ごしているとお留守番ができない犬になる傾向があります。

広さや音、室温に注意

広くなくても良いのですが、あまりにも狭く犬が横になれないような大きさではいけません。
空間の広さは、犬が横たわれる程度がベストです。

また犬は音に敏感なので、テレビや窓が近い場所だとゆっくり休めないかもしれません。
クーラーの風が直接当たる場所や、夏場高温になる場所なども避けてください。
居場所を別々に2つ作ると、犬が自分で選択できるのでオススメです。

居場所を作る4つのメリット!

ケージの中にあるベッドで横になる茶色い犬

安心できる

穴で生活していた犬は、狭くて暗い場所が落ち着きます。
閉じ込められているという感覚はあまりありません。
安心できる場所ができると精神的にも安定しますし、疲れたり不安になったりすると自分で居場所に行って休憩するようになります。
適度に休憩できる場所があることは、犬にとってとても良いことなのです。

ケージを使う場面でのストレスを軽減する

例えば移動するときや急な入院などをしたときに、クレートやケージを使います。
その際、それらのものに慣れていないと犬はストレスを感じてしまいます。
ふだんから慣れておけば犬はふだんどおりなので、あまりストレスを感じることなく過ごすことができます。
また突然の来客にも、ケージやクレートに入れるのは必要になります。
いつもは自由にしているのに急にケージやクレートに入れられると、犬は来客に対して不信感を募らせ、人が来ただけで吠えたり逃げたりするようになってしまいます。
そうならないためにも、日頃からケージやクレートに居場所をつくることが大切です。

上下関係がはっきりする

犬は完全な縦社会で生活する生き物です。
生活する上で順位付けをして、上位のものにはきちんと従います。
人間と生活している犬も同じで、飼い主さんを上に見ているか下に見ているかで態度が変わってきます。
居場所を決めて、遊び終わったり、寝たりするときなどに入れるようにすると、めりはりがつき、だんだん飼い主さんを上位だと見るようになっていきます。
飼い主さんが犬よりも上だと、犬は頼れるリーダーのもとにいる安心感を得ることができます。
また、順位が上のものの言うことは絶対なので、しつけがしやすくなります。

飼い主さんがいないときに安全でいられる

家の中で生活する犬には、危険なものが多くあります。
薬や輪ゴムなど誤飲してしまうことが多く、最悪の場合死亡してしまうケースもあります。
飼い主さんがそばにいればすぐに対応することができますが、買物に行っていたり、別の部屋で寝ていたりすると対応することができません。
そうならないために、ケージやクレートで過ごすようにさせます。
でかけるときや寝るときにだけ、扉を閉めるようにしましょう。
家の中でウロウロとするよりも安全で、犬も安心して過ごすことができます。

もし居場所がなかったら?

ソファーの上でくつろぐ犬

ケージやクレートを使わなくても、ソファーや机の下などを居場所にしている犬はいます。
しかし、安全面やしつけの面からケージやクレートを使った居場所を作った方が良いでしょう。
もし居場所がなかったら、犬は自分がどこに行けばいいのかどこで休めばいいのかわからなくなります。
その結果、イライラして飼い主さんに当たったり、問題行動を起こしたりすることがあります。

居場所を作るために、犬のお気に入りの毛布やタオルなどをケージやクレートにしいて、犬がリラックスできるようにしてみましょう。
最初はあまり入りたがらないかもしれませんが、徐々に慣れていきます。

まとめ

ケージの中から見つめるフレンチブルドッグ

犬にとって居場所は必要な場所です。
居場所を作ることで安心感や安全を得ることができます。
居場所はケージやクレートを利用することで、様々なメリットがあります。
急なおでかけや入院などの際にケージやクレートに慣れていると犬もいつもどおりに過ごせます。災害時にも役に立ちますね。

また、おでかけの際にも扉を閉めた居場所で過ごすことができれば、犬にとっても飼い主さんにとっても安全です。
犬の居場所は積極的に作ってあげるようにしましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。