犬が落ち着く場所の条件5つ

犬が落ち着く場所の条件5つ

お気に入りに追加

どんなにやんちゃで活発なわんこでも、時には、ゆっくりと落ち着いて過ごす時間が必要です。では、どんな場所であればわんこは落ち着くことができるのでしょうか。今回は、わんこが落ち着いて過ごせる場所の条件をまとめました。

6105view

1.狭い

クレートに入って首をかしげる犬

わんこが落ち着く場所といえば、何といっても狭い場所。
クレートの中はもとより、ベッドやソファの下など、一見すると窮屈そうに見える場所でも、いそいそと潜り込んでは、落ち着いた様子でくつろいでいますよね。
これは、わんこが穴ぐら暮らしをしていたころの本能の名残。
何となく守られているような感じがして落ち着くのは、私たちにも少し理解できますよね。
広いリビングはふだん元気に遊ぶのには最適ですが、ゆっくり休みたいときには少し落ち着かない可能性もありますから、わんこが身を隠せる場所を用意しておいてあげると良いですよ。

2.静か

ベッドで眠っているチワワ

私たち人間も、ガヤガヤとうるさい場所では落ち着くことはできませんよね。
人間よりも聴覚が優れているわんこでは、なお更です。
わんこにとって音は、危険が近づいていることを察知するための重要な手掛かりです。
僅かな音でも気になる音があれば、すぐに眠りから覚めてしまいます。
通常の生活音や、家族の話し声程度であればわんこも慣れていますが、外の音や大きな音が聞こえる場所では落ち着いて過ごすことはできません。

3.適温が保たれている

暖房の前でくつろぐ飼い主と犬

わんこは過ごしやすい場所を探す天才です。
夏であれば涼しい場所、冬であれば暖かい場所が、家の中のどこにあるのかをしっかりと心得ています。
注意したいのは、人間が快適と感じる温度と、わんこが快適と感じる温度には少し差があるということ。
暑すぎる場合や寒すぎる場合は別ですが、温度管理の面では飼い主さんはあまりお膳立てをしすぎずに、わんこ自身に快適な場所を探してもらうのが、一番良いかもしれません。

4.窓やドアから遠い

窓から外を眺めている犬

ここまでに挙げた、「静か」「適温が保たれている」の対極にあるのが、実は窓やドアの近くといった場所。
窓やドアの近くは、行き交う人や車のようすが直に見えたり、音が大きく聞こえたりして、わんこは警戒態勢のまま気を休めることができません。
また、窓の近くは外気が流れ込むなどして、気温が安定しづらくもあります。
ハウスやベッドを置く場合には、窓やドアから遠い場所を選ぶことが、わんこに落ち着いて過ごしてもらえるコツです。

5.安心できる匂いがする

飼い主のひざに甘えている犬

そして、わんこにとって安心できる匂いがすることも、落ち着いて過ごすための重要なファクターです。
それは例えば、わんこ自身の匂いが染み付いた毛布やおもちゃであったり、大好きな飼い主さんの匂いがするソファや洋服であったり、時には、飼い主さん自身のひざの上であったりします。
旅行先や預け先など、少し不安になってしまう場所であっても、安心できる匂いが染み込んだものを1つ持って行くことができれば、わんこは心を落ち着けることができるんです。

まとめ

舌を出して寝ている犬

いかがでしたでしょうか?
わんこが落ち着いて、無防備に眠っている姿を見るのは、飼い主さんにとっても至福の時間ですよね。
いつも私たちを癒してくれる愛犬のためにも、わんこが落ち着いて過ごせる環境づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。