犬の引き渡しは生後何ヶ月が最適?時期と気を付けたいこと

犬の引き渡しは生後何ヶ月が最適?時期と気を付けたいこと

犬の引き渡し時期によって犬の性格や精神面が大きく変化するといわれています。では、引き渡し時期は生後何か月が最適といわれているのでしょうか。また、犬を迎える際に気をつけておきたいことは?

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の引き渡しの時期は生後何か月が最適?

可愛い子犬

引き渡しに最適な時期は生後3か月が目安

引き渡しに最適な時期についてはいろいろな意見があると思いますが、基本的に小型犬や大型犬関係なく生後3か月ほどで引き渡すのが最適とされているみたいです。

子犬は生後3か月までの間に親犬や兄弟犬と触れ合うことで、いろいろな経験をして犬同士の社会を学ぶといわれています。ですので、生後3か月までのあいだがとても重要な時期となります。子犬の時に兄弟といっぱい遊ぶことで、痛みや遊ぶときの力加減などがわかったり、親犬と一緒にいることでたくさんの愛情を受けて感情豊かな犬に育つようですよ。

引き渡しの時期が早すぎると子犬に悪影響を与える

そういった大切な時期に親犬や兄弟犬と一緒に過ごせないでいると、犬はさまざまな問題を抱えてしまうことがあるみたいです。引き離す時期が早いことで精神的に未熟なままになる犬は多いといわれています。家族と離れ離れになって1匹でいる時間が多いことで、社会性や喜怒哀楽の感情を経験する機会が極端に低くなってしまうことが理由なのでしょう。

もちろん、人間の家族と暮らすことでも感情や社会性を育むことはできますが、幼少期に親犬や兄弟犬と過ごす大切な時間は全く別のものになると思います。

引き渡す時期が早いと体が弱くなりやすい

引き渡す時期が早いと、精神面だけでなく体も弱くなりやすいといわれています。精神面が育っていないと、少しの環境の変化によってストレスが溜まりやすくなり、結果的に体調不良になったり病気になってしまう可能性が高いといえます。

ですので、親犬や兄弟犬と過ごして心身共に成長できた生後3か月頃に引き渡すのが最適だといわれているのでしょう。

法律での引き渡し可能時期は?

柴犬の赤ちゃんたち

法律では生後56日経つまでは引き渡しできない?

『動物の愛護及び管理に関する法律』では、産まれてから56日経っていない犬や猫は販売したり販売のための展示をしてはいけないと決められています。つまり法律では生後約2か月ほど経てば引き渡して問題ないと判断しているようですね。しかし、反対意見の影響などで49日経てば販売しても良いとされているのが現状のようです。

子犬を家に迎えた時に気をつけたいこと

みつめる子犬

構いすぎない

子犬を家族に迎えた時は、嬉しくてずっと可愛がってあげたくなることでしょう。でも、少し子犬の気持ちになって考えてみてください。私たち人間が子犬を家族に迎えたと思っていても、子犬はとつぜん親犬や兄弟犬がいない知らない場所に連れてこられて、不安な気持ちでいっぱいになっているかもしれません。さらには、子犬はあなたを見て「知らない人がいる」と思ってより不安な気持ちになっている場合もあります。

家に迎えたばかりの子犬は環境の変化によってストレスが溜まっていることが多く、不安になっている子犬をいきなり構いすぎることで、さらに子犬に多大なストレスを感じさせてしまうことになるかもしれません。すぐに可愛がってあげたくなる気持ちはわかりますが、子犬が少しずつ環境に慣れるまでゆっくり見守るようにしてあげましょう。

過保護にしすぎない

犬は子犬の時期をどう生きたかで、これからの生き方が大きく変わるといえます。子犬が寂しそうにしているからといって、過保護に育ててしまうと自立心が育たずにワガママな性格になったり、飼い主に依存しすぎたりするようになってしまうので気をつけなければいけません。かといって、子犬に寂しい思いをさせすぎるのもよくありません。つかず離れずの距離感を意識しながら接するようにしましょう。

まとめ

かごに入っている子犬たち

犬は生後3か月までが重要な時期だといわれています。引き渡しの時期によっては犬に様々な悪影響を与えてしまうかもしれませんので、引き渡しの時期はじっくり考えてから犬を迎えてあげるようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    私は、引き離すなら3ケ月以上が良いと思います。
    記事でも述べていたように、精神的に悪影響が出るケースが多いですからね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。