子犬のためのスペースづくりのポイント5つ

子犬のためのスペースづくりのポイント5つ

お気に入りに追加

お家に慣れてもらうためにも、安心で快適な子犬のためのスペースづくりをするのがおすすめです。部屋を自由にさせていると危険なことがたくさんあります。子犬のためのスペースづくりをするポイントをまとめました。

5221view

子犬を迎える前に~子犬のためのスペースづくり~

白いブランケットの上のラブラドールの子犬

初めて子犬を迎えるときも、新たに子犬を迎えるときも、子犬が我が家に来ることを待ち遠しくソワソワとした気持ちで過ごすのではないでしょうか。
子犬を迎えるまでの間に、子犬のためのスペースづくりをしておきましょう。

子犬が安心して快適に過ごすことができる、スペースづくりをしてあげたいですよね。
子犬のためのスペースづくりのポイントをいくつかご紹介しましょう。

子犬のためのスペースづくりのポイント①「家族が集まる場所にスペースをつくる」

白いラグの上の少女と子犬

子犬のためのスペースづくりをするのであれば、家族が集まる場所を選ぶのがおすすめです。
最も家族が集まる場所といえば「リビング」ですよね。
リビングは家族が集まり、家族の出入りが最も多い場所です。

犬は群れで生活をする動物ですし、子犬はとてもさみしがり屋です。
常に家族の気配があり、家族が頻繁に出入りをし、子犬と家族が顔を合わせやすいリビングが、子犬のためのスペースづくりに最適だと思います。

子犬のためのスペースづくりのポイント②「ケージやサークルを用意する」

ケージに入っている柴犬の子犬

子犬の頃は家中を自由にさせるよりも、子犬のためだけの居場所を作ってあげるのがおすすめです。トイレトレーニングが済んでいない状態で、家中を自由にさせていると、粗相をしてしまうことが多いので、お掃除も大変なんです。
子犬のためのスペースづくりには、ケージやサークルを用意しましょう。

どんなケージやサークルを用意するのが良い?

ケージやサークルの中には、食器を置くスペース・トイレを置くスペース・ベッド(寝床)を置くスペースが必要です。
この3つを置くことができれば十分なので、それほど大きなサイズである必要はありません。
ちょっと狭いくらいの空間である方が、犬は落ち着いて過ごすことができます。

トイレは奥に置く

トイレはケージやサークルの一番奥の方に置きます。入り口から一番遠い場所です。
寝床が奥になると、トイレをまたいで通らなければならないので、キレイ好きな子犬は嫌がることがあります。
また、トイレと寝床が近いことが嫌で、ケージやサークルに入ることを嫌がる子犬もいます。
仕切りがあるタイプのケージや、サークルを選ぶと良いと思います。

子犬のためのスペースづくりのポイント③「フローリングに滑らない工夫をする」

フローリングの上のダックスフンドの子犬

子犬にフローリングは絶対にNGです。
元気で活発な子犬はフローリングの上を走り回ります。
滑って転んでしまうなどし、事故やケガの原因になってしまいます。
必ず滑らないように工夫してあげましょう。

  • 絨毯を敷く
  • ジョイントマットを敷く
  • コルクマットを敷く
  • 犬用の滑らない塗装をする

このような工夫をすることができます。
床がフローリングである場合、子犬だけではなく成犬や老犬にも、滑らないための工夫が必要ですので、子犬を迎える前に対策を済ませておきましょう。

子犬のためのスペースづくりのポイント④「異物を誤飲してしまわないように対策する」

よちよち歩きで向かってくる子犬

好奇心が旺盛な子犬は、何でも口の中へ入れてしまいます。
そのまま吐き出してくれれば良いのですが、ゴクンと飲み込んでしまうことが多くあります。
異物の誤飲で病院へ運ばれてくる子犬はとても多いです。

子犬が誤飲してしまう危険性のあるものは、全て子犬の手の届かない場所に片付けておきましょう。子犬の手の届く場所に物を置かない、というのが最も有効的な対策です。
電気コードをかじってしまうことが多くあるので、カバーで覆っておくのが良いです。

子犬のためのスペースづくりのポイント⑤「子犬が入ってはいけない場所にペットゲートを置く」

隙間から覗くボーダーコリーの子犬

階段や玄関やキッチンなど、子犬に入られては困る場所、子犬が入っては危険な場所にはペットゲートを置くのがおすすめです。
ケージやサークルから子犬を出して一緒に遊んでいるうちに、危険な場所へ入ってしまうことがあります。
玄関から飛び出して脱走してしまうこともあります。
家の中は安全なようで危険もたくさんあります。
子犬はまだ分別がないため、しつけをしつつ、しっかり対策してあげる必要があります。

まとめ

ケージから見ているポメラニアンの子犬

子犬のためのスペースづくりは必要なのか?
部屋を自由にさせれば良いのではないのか?など、いろんなご意見があるかと思います。

私は、子犬のためのスペースづくりはとても大切だと感じています。
家の中には子犬にとって危険なことがたくさんあります。
思わぬ事故やケガを負ってしまう原因になります。
家中を自由にさせていると、家のあちこちで粗相をしてしまうことがあります。
家具などを噛んで、ボロボロにしてしまうことがあります。

しつけのためにも子犬のためのスペースはあった方が良いです。
トイレの場所・寝る場所・遊ぶ場所などをきっちりと分けることで、トイレトレーニングも上手くいきます。
ケージやサークルを用意してあげることで、自分だけの安心で快適な寛げる空間を持つことができます。
私たち人間も、自分だけの個室が欲しいですよね。犬も同じなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。