飼い主の株が上がる!犬からもっと愛されるためにやるべき6つのこと

飼い主の株が上がる!犬からもっと愛されるためにやるべき6つのこと

お気に入りに追加

あなたは、愛犬からの愛され度が高い飼い主ですか?もし愛犬からの愛され度が低いと感じているのなら、飼い主としての株が上がることをして、愛され度を高めていきましょう。でも、どんなことをしたらよいのでしょうか?この記事では、愛犬からもっと愛されるためにやるべきことについてご紹介します。

10308view

愛犬からの愛され度が低いと感じたら…

ハートとひび割れたハート

自分が愛犬を愛するのと同じぐらい、愛犬も自分を愛してくれている。飼い主ならそう信じたいですよね。でも、呼んでもすぐに来てくれない、遊びに誘っても乗ってきてくれない…なんてことがあると「愛犬からの愛され度が低いのかも!?」と、不安になったりしませんか?そんなときは、愛犬からの愛され度アップにつながることを実践してみてはいかがでしょうか。

お散歩をはじめとするお世話やスキンシップを毎日欠かさないことはもちろんですが、その他にも愛犬からもっと愛されるためにできることはたくさんあります。今回は、その中から6つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

①きちんとほめる

なでられてうれしそうな犬

犬も人もほめられると、うれしい気持ちになるものです。しかしトレーニングをして、愛犬がいろいろなことを覚えてくると「できるのが当たり前」になってしまって、ほめることを忘れてしまいがちです。

たとえ愛犬が成犬になってしつけが一段落していても、動物病院でお利口にできたとき、投げたボールを持ってこれたとき、オスワリの指示に従えたときなどにきちんとほめてあげると、愛犬からの好感度がアップします。ほめるときは、心から「イイコ」と言ってあげましょう。

②愛犬をよく観察する

伏せるラブラドール・レトリーバーと飼い主

犬は飼い主さんに言葉を使って何かを伝えたり訴えたりすることはできませんが、しぐさや行動でさまざまな気持ちを表現しています。ですから、日頃から愛犬をよく観察して、その気持ちを汲み取ってあげましょう。

例えば、あくびはストレスを感じているサインである場合があります。また、体を丸めてじっとしているときは、寒さを感じていたり具合が悪いサインかもしれません。こうしたサインを見逃さずに、素早く対処してくれる飼い主は愛犬に愛されます。

③遊び上手になる

飼い主と遊ぶボーダー・コリー

犬は、楽しいことをしてくれる人に好意を寄せます。ですから、楽しい遊びをしてくれる飼い主さんのことを大好きになります。そして週に1度1時間遊ぶよりも、1日5分でも毎日遊んであげるほうが犬は喜び、絆も深まります。

愛犬の年齢や犬種の特性、個性に合わせた楽しくて面白い遊びをしてあげると、より好感度がアップするはず。色々なゲームを組み合わせたり、愛犬が予想してないような新しい遊び方にチャレンジしてみましょう。
愛犬と遊ぶときは、愛犬が興奮しすぎたら遊びを中断してクールダウンさせてから再開する、遊びの主導権は飼い主さんが握るといったルールも忘れずに。

④愛犬がうれしいときは一緒に喜ぶ

楽しそうに笑う女性とゴールデン・レトリーバー

散歩をしているときやドッグランで走り回っているときのうれしそうな自分を見て一緒にニコニコしてくれたり、笑顔で見つめると笑顔で返してくれたりする。そんな飼い主さんを見ると犬は、自分がうれしいと飼い主さんも喜んでくれることに気づき、飼い主さんのことが大好きになります。

愛犬が口角を緩め、目をキラキラと輝かせてうれしそうにしているときは、飼い主さんも一緒にその喜びを分かち合いましょう。

⑤愛犬が怖がっているときは動じない

男性の膝の上でリラックスする柴犬

花火や雷、工事の音などの大きい音や、見知らぬ犬や人などに愛犬が怖がっているときに、一緒におろおろしたりしていませんか?そういうとき飼い主さんは動じずに、いつも通りの表情で「大丈夫だよ」と声をかけてあげましょう。怖いことが起きても動じない飼い主さんに愛犬は信頼を寄せ、好感度がアップします。

愛犬にとって怖いことが起こったときこそ飼い主さんはどんと構えて、頼りがいのある愛され飼い主になりましょう。

⑥愛犬が緊張や不安を感じそうなときはたくさんアイコンタクトを取る

こちらを見つめるボストン・テリア

愛犬と飼い主さんが見つめ合うと、双方にオキシトシンというホルモンが分泌されます。オキシトシンは「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれ、幸福感や安心感をもたらすといわれています。
ですから、愛犬が緊張や不安を感じそうな場所や場面では、たくさんアイコンタクトを取って安心感を与えてあげましょう。きっと、見つめ合うと安心できる飼い主さんへの好感度や信頼度が高まります。

まとめ

ハートのクッションのそばで眠る子犬

いかがでしたか?どれも普段の生活の中で実践しやすいことばかりだと思います。
飼い主としての株を上げて愛犬からもっと愛されるためには、愛犬を甘やかすのではなく、飼い主さんが愛犬にとって頼れる存在になることが大切です。ご紹介したことを参考に、信頼度を高めながら愛され度も高めていってくださいね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。