犬に慕われない飼い主の特徴5選

犬に慕われない飼い主の特徴5選

お気に入りに追加

この記事では「犬に慕われない飼い主の特徴5選」というテーマで、愛犬や出会うワンちゃんから慕われない飼い主さんは一体どんな特徴があるか?その例を調べて5つにまとめてみました。愛犬に慕われている方もそうでない方も、是非チェックしてみてくださいね!

7753view

犬に慕われない飼い主の特徴1:すぐに怒る

セントバーナードと飼い主の人差し指

ワンちゃんが少し失敗して、飼い主さんの思い通りに動いてくれないからといって、すぐに怒る飼い主さんは、「こわい人」というイメージが付き、慕われないでしょう。

反対に、犬に好かれやすい人の特徴として、「おおらかで動じない人」がよく挙げられます。ワンちゃんの行動に対して過剰に反応することや、必要以上に怒ることをしない人が慕われるのでしょうね。

犬に慕われない飼い主の特徴2:遊んでくれない

暇そうに伏せるポメラニアン

犬は社会性の高い動物なので、飼い主さんに優しく撫でてもらい、遊んでもらって触れ合うことが大好きです。スキンシップが苦手な子でも、一緒の空間で過ごして、心のふれあいを求めています。

このような触れ合いが足りないと、犬はストレスを感じてしまい、飼い主さんに対しても「この人は好いてくれないんだ」と、慕うことも諦めてしまうかもしれません。

犬に慕われない飼い主の特徴3:力が強い

頭上を撫でられるチワワ

力強く撫でられ、ギュッとハグをすることは犬にとって怖いことです。自分にとって怖いことをいつもしてくる人を慕うことはできませんよね。

特に力の強い男性など、愛情を込めて撫でていても、無意識にワンちゃんに痛みや不快感を与えているかもしれません。

自分が犬を触るときに、犬の身体が強張っていないか?のけぞるように逃げていないか?などの、「嫌だよサイン」をチェックしてみてださい。自分よりも小さいワンちゃんと触れ合う場合は、力を入れないように意識するように心がけたいですね。

犬に慕われない飼い主の特徴4:タイミングを考えない

寝ている犬を触る男性

犬にも飼い主さんと関わりたいタイミングがあります。
例えば、「ごはん中」、「遊びに夢中になっている時」、「寝ている時」などに、飼い主さんからちょっかいをかけられた場合、犬は迷惑と感じるでしょう。

いつもタイミングが悪く関わってくる飼い主さんには、「いつも邪魔してくる人」という印象が付き、慕われる確率は低くなりますね。

犬に慕われない飼い主の特徴5:驚くことをする

拡声器を持つ男性と大型犬

例えば、「急に大声を出す」、「犬の背後から近づいて驚かせてしまう」、「急に抱き上げる」などの行動をしてしまっている場合、飼い主さんの存在に怯えやすくなってしまうでしょう。

愛犬から見て、常に安心できる存在でいることが慕われる秘訣ですので、このような愛犬を驚かせる行為は、慕われにくくなってしまうでしょう。

おわりに

嫌な顔をするシーズー

いかがでしたでしょうか?犬に慕われない、飼い主の特徴の例として、

  • すぐに怒る
  • 遊んでくれない
  • 力が強い
  • タイミングを考えない
  • 驚くことをする

の5つの例を挙げてきました。あなたがついやってしまうことや、このような行動を取っている飼い主さんを見かけたことがあったでしょうか?

愛犬のことが大好きならば、もちろん愛犬から慕われたいですよね。この記事で挙げたような行動をついしてしまっていないか、もう一度見返してみると良いかもしれませんね!

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。