犬の心に寄り添った「撫で方」を意識しよう

犬の心に寄り添った「撫で方」を意識しよう

お気に入りに追加

犬が撫でられると喜ぶ場所はどこだと思いますか?お腹?頭?いやいや、それだけではありませんよ!犬が喜ぶ撫でテクニックや初対面の犬を撫でる時に気をつけておくべきことなどについても詳しく解説していきたいと思います。

9145view

犬が撫でられると喜ぶ場所は?

顔をなでられてうれしそうな犬

みなさんの愛犬が撫でられて喜ぶ場所はどこですか?ここでは一般的に犬が撫でられて喜ぶとされている場所を紹介したいと思います。

要注意な部位:のど、お腹

まず、多くの犬が撫でられて喜ぶと考えられがちなのがのどやお腹です。飼い主や心を許している相手に対しては自ら撫でて欲しいと近寄ってきて見せてくることもあるでしょう。ですが、実はこれらの場所は撫でられる相手を選ぶ場所でもあります。のどやお腹というのはとても柔らかい場所で急所でもあります。そのため、慣れてない人や警戒心を持っている相手には触らせないという犬もいるのです。

触られても抵抗が少ない部位:背中、脇腹

どんな相手に対しても比較的抵抗なく触らせてくれるのが背中や脇腹です。背中を触る時、人は犬の横に立ったり座ったりするため犬も恐怖心や警戒心を持ちにくいとされています。初対面の犬を撫でる時は背中からスタートするといいでしょう。犬が慣れて自分からお腹を出すようであればお腹を撫でてあげましょう。

気持ちよさを感じる部位:首、肩、お尻

また、撫でられてマッサージ的な気持ちよさを感じるのが首、肩、お尻です。犬は人を見上げていることが多いため、首や肩が凝っていることが多いので揉むようして撫でてあげると気持ちがいいようです。また、犬は自分の太ももやお尻を掻くことがむずかしいため、お尻をわしゃわしゃと掻くように撫でると喜ぶ犬もたくさんいます。

犬が嫌がる撫で方、場所

上目遣いのジャックラッセル

体の先端は嫌

犬が撫でられて喜ぶ場所があるように、撫でられると少し嫌だと感じる場所もあります。特に尻尾や耳、足先、マズル(口元)など体の先端に近い部分は撫でられることを嫌がる犬が多いようです。これらの場所はいずれも神経が多く通っているなど敏感な場所でもあるたえ、触られたり撫でられたりすることに抵抗を感じる犬が多いとされています。また、背中やお腹などに比べて日頃触られる機会が少ないため、慣れておらず抵抗感を持っている犬もいるようです。

好き嫌いが分かれる頭

ちなみに、頭は好き嫌いが分かれる場所であるとも言われています。頭を撫でられることについては相手との関係性にもよりますし、頭の上から手を出されることに恐怖心を感じる犬は撫でられる時でも怖いと感じてしまうことがあるのです。また、犬が寝ている時に突然撫で始めると犬はびっくりしてしまうことがあるので注意しましょう。犬も驚いたり寝ぼけていたりして、撫でてきた手を誤って噛んでしまったということなどもあるので犬を撫でる時は驚かせないようにすることも大切です。

犬を撫でる時に心掛けるべきこと

なでられる柴犬

驚かせない

犬を撫でる時は驚かせないように、と書きましたがそれ以外にも気をつけるべきことがいくつつかあります。まず犬を撫でる時は驚かせないようにするために、優しく名前を呼んだり「撫でるよ~」と声を掛けたりして合図を出してあげるといいでしょう。また、犬が自ら近づいてきたタイミングで撫でるようにするのもいいでしょう。そして撫でようとしている手が犬の視界に入ってから撫でるようにすることも大切。突然触られると犬はびっくりしてしまうのです。

撫でるときの姿勢

また、頭の上から手を出したり覆いかぶさるような姿勢で撫でられると犬は威圧感を感じてしまいリラックスできない場合も。撫でる時や犬の横や下から手を出してあげるといいと思います。そして毛が生えている方向に沿ってゆっくり大きく撫でてあげるようにします。毛の流れに逆らってストロークを早くして撫でると犬は興奮しやすくなると言われているからです。

犬の心に寄り添った撫で方まとめ

のどを撫でられる犬

  • 好きな場所、スピード、撫で方を探してあげる
  • 犬によって好きな場所は違い、場所によって好きな撫で方も違う
  • うっとりリラックス耳元に力が入っていたり緊張している様子がないか

犬が撫でられて喜ぶ場所や撫で方を紹介してきましたが、実際は犬によってその好みは異なります。撫でられて喜ぶ場所も違いますし、場所によって好きな撫で方が異なる場合もあるでしょう。大切なのは犬の反応を見てどのような撫で方がいいのかを確認して上げることだと思います。撫でられている時体に力が入って緊張していたり、撫でている人をチラチラ確認していたりする場合はリラックスできていないのかもしれません。犬がうっとりと身も心もゆだねるような撫で方をぜひ探してあげてくださいね。

飼い主の許可を得る

それからもう一点気をつけておきたいのが、初対面の犬を撫でる場合には必ず飼い主の許可を得るということです。特に小さな子供に多いことですが、犬を見ると勝手に触ってしまうということがあります。しかし、触られることを嫌がる犬や虐待などで人の手に対してトラウマがある犬もいるのです。そうした場合咬傷事故などのトラブルになりかねないので犬に不安を与えないため、悲しい事故を起こさないために必ず飼い主に確認してから撫でてあげるようにしましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。