犬のウンチは量が少ない方が健康的なのか?

【獣医師監修】犬のウンチは量が少ない方が健康的なのか?

お気に入りに追加

近頃、犬のウンチは量が少ない方が健康的で良いという話を聞くことがあります。そもそも、ウンチの量が少ないとどうして健康的なのでしょうか?ウンチの量の意味を調べてみると、面白いことがわかりました。

4075view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

ウンチの量は少ない方が健康的?

ウンチをとる飼い主と待つ犬

ウンチの量が少ない方が健康的?

あなたは、犬のウンチは少ない量の方が良いと聞いたことはないですか?
話によると、量が少ない方が健康的だというのです。
本当にウンチの量は少ない方が良いのか調べてみると、どうやらウンチの量が少ない方が良いというのは、結果論となるようです。その言葉だけをそっくりそのまま素直に鵜呑みにしてはいけません。

簡単にいうとウンチというのは、栄養を取り終えた後の食べ物の残りカスです。
食べ物から栄養を吸収する量が多いとウンチとして残る部分が減っていくので、自然とウンチの量は少なくなります。
つまり、ウンチの量が少ないと栄養を十分に摂取できているということなので、犬にとって健康的ということになりますよね?
逆にウンチの量が多いと、ちゃんと体内に栄養を吸収できていない可能性があるともいえます。

また、品質の良いドッグフードは栄養豊富なので、少なめの量で必要な栄養を十分取ることができます。
食べる量が少ない上に栄養を効率よく吸収できると、ウンチの量も少なくなることになります。こういった理由から、ウンチの量が少ない方が健康的と言われるようになったのでしょう。

多すぎるのは良くない

ウンチの量はそんなに気にする必要はないと思いますが、先ほども少しお伝えしたとおりウンチの量が多いということは、場合によっては栄養の吸収率が悪く、食べ物の多くをウンチとして外に出している可能性があるといえます。ですので、ウンチの量が多いとそれだけ栄養面に不安がでてくる場合があります。ごはんにアレルギーがあったり、そのごはんが合わないとたくさんのウンチをしたり、ウンチの回数が多くなったりすることがあります。

犬とドッグフードの素材などの相性にもよるのですが、もしウンチの量が多いと感じるのでしたらドッグフードを変えてみて、ウンチの量を比べてみると良いかもしれませんね。
その場合は、ウンチの量以外にもウンチの柔らかさを気にするようにしましょう。
柔らかすぎると相性が悪い可能性が高いといえます。

少なすぎると便秘になりやすい

では、ウンチの量は少なければ少ない方が良いのでしょうか?
実は、少なすぎてもダメなのです。
栄養をたくさん吸収することで健康的にウンチの量が少ない場合は問題ありませんが、ウンチが少ないと感じる場合、便秘の可能性も考えなければいけません。
便秘になると腸内の悪玉菌が増えて、体に様々な悪影響を与えることになってしまいます。
ですので、ウンチの量が少なすぎるのも良いとはいえません。

ちなみに、ウンチの量が少なくなりやすい品質の良いドッグフードは、食物繊維などもちゃんと入っていたり、便秘にならないように工夫されていたりすることが多いと感じます。
ですので、量が少なくてもちゃんと毎日ウンチが出ているのでしたら問題はないと思います。また、しっかり自分の愛犬のいつものウンチの量をある程度把握しておくことも大切です。

ウンチの量は適度がちょうど良い

ウンチの量が多いと栄養面が少し不安に感じ、量が少ないと便秘かもしれない。というわけで、結論としては、ウンチの量は多すぎても少なすぎてもダメということですね。
私の健康的なウンチの見分け方は、ウンチの量の多さよりも柔らかさを重視しています。

ウンチを取ったときに、地面に残らない程度の固さが健康的なウンチだと思っています。
ちなみに2回目のウンチのときに、地面に付いて取りにくいほどの柔らかさだった場合、お腹の調子が悪いのかな?と判断する、という感じです。

ウンチの量に影響しやすいもの

ウンチをする姿勢の子犬

穀物が多く入っているドッグフードはウンチの量が多い?

私の経験上、基本的に穀物が多く入っているドッグフードは、ウンチの量が多くなると感じています。穀物や食物繊維などの消化しにくい食材を多く使用していると、当然のようにウンチの材料となるので、ウンチの量が多くなってしまいます。

また、お手頃な値段のドッグフードは、量を多くするために穀物や質の悪い食材を多く使っている場合があり、品質の良いドッグフードに比べると、栄養の吸収率や消化のしやすさが違うので、わんちゃんによってはお手頃なドッグフードはウンチの量が多くなってしまうことがあります。

ちなみに、穀物は犬にとって悪いもの、ということではありませんので、そこは勘違いしないようにしてください。穀物や食物繊維を取ることで、便秘解消という良い効果があります。

ウェットフードなどはウンチの量が少なくなる

ウェットフードや手作りのご飯などは、ウンチの量が少なくなります。
これらは消化しやすい食べ物ですので、ウンチとして残りにくくなるからです。
ただ、消化しやすいからといって与えすぎていると、水分を多く含んでいるので、下痢などの原因になる場合もあります。

まとめ

トイレに手をかける犬

ウンチの量は多くても少なくてもダメということですね。
ドッグフードの質や材料によってもウンチの量は変わりますので、もしウンチの量や質に不安を感じているのでしたら、別のドッグフードに変えてみてはいかがでしょうか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    ご飯の量が少ないと、体内により多くの栄養を取り込もうとするのでうんちの量が少なくなるとか聞いた事があります。

    うんちの量や硬さを見て太らせず痩せさせず気をつけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。