そろそろお部屋を冬仕度!犬の事を考えた部屋作り7選

そろそろお部屋を冬仕度!犬の事を考えた部屋作り7選

お気に入りに追加

愛犬のための冬支度を始める頃ですね。愛犬のために部屋も冬の模様替えをすることで防寒対策になります。冬の愛犬のための部屋作りについて8つご紹介しています。

6298view

冬を迎える前に~愛犬のための部屋作り~

ブランケットに包まれた犬とカップ

冬は屋外と室内の温度差がとても激しいですよね。
本格的な冬を迎える前に、愛犬のためにどんな部屋作りをしようか、どんな寒さ対策をしてあげようかなど、みなさんも考え始めているのではないでしょうか。

私は、愛犬と一緒に過ごすときは暖房を使っているのですが、お留守番のときは暖房を使っていません。夏はエアコンを24時間つけっぱなしだったのですが、暖房は少しワケが違います。
火傷や火事の心配があるからです。
コタツやホットカーペットは低温火傷の心配がありますし、ストーブやヒーターなどは火事や一酸化炭素中毒の心配があります。

愛犬のための部屋作りについて、一緒に過ごすときの寒さ対策とお留守番のときの寒さ対策など、私が、「こんなふうにしようかな♪」と考えていることをみなさんにもお話したいと思います。

冬の愛犬のための部屋作り①「床にマットを敷く」

カーペットに伏せをする犬

うちはフローリングなので、夏はひんやりとして気持ち良いのですが、冬はとっても冷たいです。マットやラグや絨毯を敷くようにしています。
マットを敷くと、粗相をしてしまうから敷けないという飼い主さんもいらっしゃると思います。
そんなときは、洗えるタイプのジョイントカーペットがおすすめです。
汚れてしまった部分だけを取り外して洗うことができます。

「マットの下にアルミシートを敷く」

フローリングの防寒対策として、マットに下にアルミシートを敷くのもおすすめです。
アルミシートは保温性が高く、犬にも人にも防寒対策として効果的なんです。
フローリングの冷たさが、マットに直接伝わらないようにすることもできて良いと思います。

冬の愛犬のための部屋作り②「断熱カーテンをつける」

窓から外を眺めている黒い犬

夏は遮光カーテンをつけていますが、冬は断熱カーテンにつけかえています。
断熱カーテンをつけることで、窓から入ってくる冷気をシャットアウトすることができます。
さらに、暖房で温めた部屋の空気が外に逃げてしまうことも防ぐことができます。
暖房を使用しないお留守番のときも、窓からの冷気を防ぐことができるので、寒さ対策になっていると思います。

冬の愛犬のための部屋作り③「隙間テープを貼る」

窓辺で眠るジャックラッセルテリアの子犬

窓やドアの隙間から冷気が入ってきますよね。
とーっても狭い隙間なのに、冷気って入ってくることができるんです。
私も冬は隙間テープを使っているのですが、冷気が入ってくることを防げますし、暖房で温めた空気も逃げにくいです。
ただ、窓やドアが閉めにくくなってしまうこともあるので、貼り方に注意する必要があります。
隙間テープにもサイズがあるので、どのサイズが合うかよく考えて買うと良いです。

冬の愛犬のための部屋作り④「シャッター(雨戸)を閉める」

ブランケットから顔だけ出している犬

シャッターを閉めることで、外からの冷気をシャットアウトすることができます。
私はお留守番をさせるときは、必ずシャッターを閉めて出かけるようにしています。
冷気を防ぐことができ、防犯対策にも良いですよね。

冬の愛犬のための部屋作⑤「冬用のベッド」

犬用ベッドに入っているチワワ

愛犬のベッドも冬用のものに取り換えます。
夏はひんやりとした素材のベッドを使っていましたが、冬はモコモコで保温性の高いものを選んでいます。
大きめのベッドよりも、小さめのベッドを用意します。
ベッドに入ったときにスカスカの状態だと寒いですよね。
ベッドにカラダがぴったりとくっつくくらいの大きさの方が温まりやすいと思います。

冬におすすめのベッド

ドームタイプやカドラータイプ(ボックスタイプ)がおすすめです。
ドームタイプは、入り口にカーテンをつけてあげることで、冷気が入ってくることを防ぐことができます。
カドラータイプはフチがあるタイプなので、カラダを寄せやすく温まりやすいと思います。

冬の愛犬のための部屋作り⑥「ケージを布で覆ってあげる」

ケージの中のトイプードル

ケージの中でお留守番するワンちゃんや、ケージの中で寛ぐことが好きなワンちゃんには、ケージを布や毛布やブランケットなどで覆ってあげると、冷気が入ってくることを防ぐことができます。

冬の愛犬のための部屋作り⑦「湯たんぽ」

赤い湯たんぽを抱えている犬

暖房が苦手なワンちゃんや、屋外で暮らすワンちゃんには湯たんぽがおすすめです。
私の愛犬の男の子は暖房が苦手で、暖房が効いた部屋には入ってくれません。
ベッドの中に犬用の湯たんぽを入れてあげると、とても気持ち良さそうに寝てくれます。

まとめ

暖炉であたたまる二頭の犬の後ろ姿

ニュース番組を見ていると、「去年と比べて今年の冬は暖かい」とか、「温暖化の影響で」とよく耳にしますが、体感として実際はとても寒いです。
犬は暑さと比べると、寒さには強い方だと思いますが、それでも寒いものは寒いですよね。

本格的な冬を迎える前に、犬用の冬のグッズなども用意しなければなと、少しずつ用意を始めています。ご紹介した8つの寒さ対策が、みなさんの参考になると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。