乾燥する季節に多い犬のトラブル6選

【獣医師監修】乾燥する季節に多い犬のトラブル6選

お気に入りに追加

乾燥する季節になると、犬はさまざまな体のトラブルを起こすことがあります。乾燥によるトラブルを知り、前もって乾燥への対策やケアなどの予防をしておくことでトラブルを回避できるようになりますよ。

2529view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

乾燥する季節に多いトラブル6選

後ろ足で体を掻く犬

1.肌が乾燥してかゆくなる

湿度が低い乾燥した季節は、皮膚が乾燥しやすくなり、皮膚トラブルを起こしやすくなってしまいます。
人間と同じように犬も皮膚が乾燥すると、体のあちこちがカサカサしてかゆくなる場合が多く、フケも目立つようになってきます。

この状態を放っておくと、犬は体のかゆみを抑えようと、かゆい部分を掻いたり舐め続けたりするようになってしまいます。
酷くなると、炎症を起こしたり皮膚病になってしまったりすることがあるので、気を付けなければいけません。

2.被毛が抜けたりパサパサしたりする

乾燥する季節は、皮膚だけでなく被毛にも影響を与えます。
被毛は皮膚を守ったり保温や保湿したりする役割をもっているのですが、乾燥によって被毛がパサついたり抜けてしまったりすると、それらの機能が低下してしまいます。
被毛というバリアが弱くなることで、皮膚は無防備の状態となり、皮膚はさらに乾燥の影響を受けやすくなってしまうといえるでしょう。

3.肉球がひび割れる

乾燥した時期によくみられるトラブルとして、肉球がひび割れるというものがあります。
肉球は一見丈夫そうに見えますが、意外にも繊細な部分だったりするのです。
肉球は乾燥に弱く、特に乾燥している季節はひび割れをしやすいので、保湿ケアをすることが大切となります。

ちなみに、肉球がひび割れると歩行の際に痛みを感じて歩きたがらなくなったり、肉球をかばうために、変な歩き方をして関節を痛めてしまったりすることがあるそうですよ。

4.皮膚病になる

皮膚が乾燥している状態を放っておくと、皮膚のバリア機能が低下したままになります。
免疫力が低下した体は敏感になり、普通だったらなんともない細菌が原因で皮膚炎をおこしたりなど治療が必要になってくる場合もあります。

また、犬がかゆくなった部分をずっと掻いていると、その傷口から細菌が入ってしまい、悪循環をおこしてしまうこともあるので注意しましょう。

5.咳がでやすくなる

乾燥した季節のトラブルは、皮膚の乾燥だけではありません。
乾燥することで、鼻や喉といった呼吸器系の部分も影響を受けてしまいます。
乾燥の影響を受けると、鼻の奥が乾いたり喉がイガイガしやすくなったりします。

ふだんは、粘膜が細菌や花粉などを外に出してくれるのですが、乾燥の季節はどうしても細菌や花粉といった異物を外に出しにくくなってしまいます。
結果的に咳をして、強制的に異物を外に出そうとするそうです。

6.病気になりやすくなる

乾燥する季節は、ウイルスが過ごしやすい季節だということをご存じでしょうか?
特に、呼吸器系の病気を引き起こすウイルスは寒さや乾燥に強く、乾燥によって呼吸器系が影響をうけ免疫力を失っている犬にとって厄介な存在となります。

主に犬風邪として知られている、犬ケンネルコフや犬パラインフルエンザといった病気にかかりやすく、酷くなると肺炎になってしまうことがありますので、病気にならないために日頃から乾燥対策をすることが重要といえそうですね。もちろんこれらのウイルスはワクチンで防げるものなので、ワクチン接種もしっかり行いましょう。

乾燥の時期を快適に過ごすための方法

気持ちよく眠る犬の肉球

適度な湿度を保つ

乾燥する季節は、皮膚や呼吸器系に悪影響を与えやすいので、乾燥対策をすることが大切となります。効果的な乾燥対策は、適度な湿度を保つこと。
50%~60%ほどが適切な湿度だといわれているので、湿度計を用意して乾燥していると感じたら加湿器や濡れたタオルなどを使って、湿度を保つようにしましょう。

保湿をする

乾燥対策として保湿クリームやローションなどを使うのも効果的です。
特に肉球は乾燥が気にならないときでも、定期的にケアをしてあげるとひび割れの予防にもなるのでおススメします。
ただ、クリームなどの保湿アイテムは使いすぎるとかえって良くないので、適切な量をちゃんと守って使うようにしましょうね。

まとめ

ブランケットにくるまって気持ちよさそうに寝ている犬

乾燥する季節は、皮膚が乾燥したり免疫力が低下しやすくなったりするので、日頃のケアや対策が大切といえそうですね。
早めに乾燥の対策やケアをしておくことで、トラブルになる可能性をグッと下げられるので、乾燥する季節が近づいてきたら予防をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。