犬が死に際に飼い主から離れたがる理由4つ

犬が死に際に飼い主から離れたがる理由4つ

お気に入りに追加

この記事では「犬が死に際に飼い主から離れたがる理由4つ」というテーマで、ワンちゃんが「死に際に飼い主さんから離れる」とよく言われる理由について調べ、考えてみました。愛犬を看取ったことのある方や、いずれは愛犬の最期を看取る予定になる方も、是非チェックしてみてくださいね!

14435view

死に際に飼い主から離れたがる理由1:迷惑をかけたくない

岩の上で眠る茶色い犬

動物は生まれるときと、死ぬときに最も本能が出ると言われています。
犬も同様で、野生の場合、自分の死期を悟った犬はひっそりと群れから離れ、仲間に迷惑をかけないようにひっそりと息を引き取ります。

ペットとして生活していたワンちゃんも同様に、仲間である飼い主さんに迷惑をかけないように、飼い主さんが留守の間や、目を離したすきにひっそりと亡くなっていることがあるようです。

例えば、飼い主さんが付きっきりで看病していたけれど、ついウトウトしてしまった隙に愛犬が息を引き取っていたなんていう体験談も多くありました。
飼い主としては最期の瞬間に立ち会えなかったことに後悔しますが、愛犬なりの愛情なのかもしれません。

死に際に飼い主から離れたがる理由2:悲しませたくない

外でたたずむシーズー

「飼い主さんが悲しむところを見たくない」と思う感情豊かなワンちゃんは、同じ空間にいたとしても飼い主さんのいない隙や、飼い主さんから見えない場所に行って、息を引き取ることがあるようです。

死に際に飼い主から離れたがる理由3:静かなところで休みたい

黒い袋の中で眠るチワワ

おそらく稀な例ですが、死に際で苦しんでいる中、飼い主さんが大きな声で励ましていたり、泣いていたりする場合、「静かにしたい」という気持ちから最後の力を振り絞って、飼い主さんから離れた所で静かに息を引き取ることがあるでしょう。

死に際に飼い主から離れたがる理由4:戻れなくなった

歩いてくる年老いたフレンチブルドッグ

老犬の場合、身体的な衰えから、無意識に飼い主さんから離れてしまうことがあります。
認知症による徘徊や、迷子になってしまって、家に帰ることができなくなってそのまま死んでしまったと思われるのが例として挙げられます。

この場合、「最期を見せないように出て行ったのね」などと美しく考えずに、捜索してあげることを勧めます。
飼い主さんに会いたくて家に帰りたいけれど、帰り方も分からないし、体力も限界・・・と感じながら独りで息絶えていく愛犬は、想像したくありませんよね。
愛犬の行動パターンや精神状態をよく鑑みて、対応してあげてくださいね。

犬が最期に見せる症状

犬の前足を包む女性の手

愛犬の最期を看取った飼い主さんの情報を集めさせていただくと、

  • 目の焦点が合わなくなる
  • 肛門の力がなくなる
  • 水を飲まなくなる
  • 体温が下がる
  • 痙攣が多くなる

などの症状が多くみられたそうです。
大好きな我が子とのお別れはあまり考えたくはないですが、このような症状が見られたら、「いよいよだな」と、心の準備やお別れの準備ができるようになれば良いですよね。

まとめ

ドアの隙間からこっちを見る茶色い犬

いかがでしたでしょうか?
犬が死に際に飼い主から離れたがる理由の例として、

  • 迷惑をかけたくない
  • 悲しませたくない
  • 静かなところで休みたい
  • 戻れなくなった

の4つを挙げてきました。
もし愛犬の死に際に立ち会えなくても、これらの理由だったのかもしれないと考えて、自分を責めないようにしてくださいね。
愛犬はきっと、飼い主さんがくれた愛情に「ありがとう」と思って旅立っていったはずですから!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    17年家族として一緒に生活してきたロングコートチワワのらん。
    私が一泊で出掛ける朝方痙攣を起こし心配しながら私は、旅行に出掛けました。
    1泊だったので大丈夫だろうと思いながら旅行から帰宅。そこには昨日の朝痙攣を起こしながらも頑張って生きていた愛犬らんは、冷たくなった姿で私の帰りをいつもランが寝ていたベッドに横たわっていた…それから一晩中ランの傍らで泣き続けました。
    周りからは、最期までお利口ならんちゃんだったね!と、飼い主さんを悲しませないようにお出掛けの日を選んで星になったんだねと!
    ずっとそばに起きたかった可愛いお骨。
    49日に近くのペット霊園に納骨しました。
    その日の夜、らんが私の足元を嬉しそうに走り回っている夢を見ました。
    おかあさん、もう悲しまないで…と、言っているように思いました。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 ↑

    旅行ではなく、病院に連れて行っていたらまだ生きてたのでは・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。