犬は好きなものだけを食べていたほうが幸せ?

【獣医師監修】犬は好きなものだけを食べていたほうが幸せ?

みなさんの愛犬の好きな食べものはなんですか?好きなものを食べている時の喜んでいる顔を見るとついついたくさんあげたくなってしまいますよね。しかし、犬が好きなものばかりを食べることは本当に幸せなことなのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬はどんな食べ物を好むの?

ガムを食べているチワワ

犬は基本的に肉食性の強い雑食の動物とされ、何でも口に入れる傾向があるとされています。

そのため猫などに比べて偏食があまり多くなく、どんなものでも喜んで食べる犬はたくさんいると思います。そのようにどんなものでも喜んで食べる犬にも、それぞれ“食の好み”というものがあると思います。犬が好みやすい食べものはにおいが強い食べものや甘みの強い食べものだと考えられています。

特に肉や魚、チーズなどたんぱく質や脂質のにおいが強いものは食欲をそそるようで、ドッグフードなどは食いつきをよくするために動物性脂質などを利用してそういったにおいが強く出るようにつくられているものもあります。

また、犬の食事は基本的に味付けをしないことからバナナやさつまいものように自然な甘みがあるものも好みやすいとされています。

犬が好きなものだけを食べ続ける危険性

フードボウルの前で舌を出しているジャックラッセル

犬にはそれぞれ好みがあり好きな食べものがあると思います。好きなものをもらえるとわかった時や食べている時のとってもうれしそうな顔を見ると、あげているこちらもうれしくなってしまいますよね!

そんな顔が見たくてついつい好きなものばかりを与えてしまうという飼い主さんもいるかもしれませんが、そこにはさまざまなデメリットが隠れているので注意しましょう。

栄養が偏る

まず、好きなものばかりを与えると食事の栄養バランスが偏る危険性があります。

特に犬が好みやすいものは肉やチーズ、芋類、果物などカロリーが高いものが多いのでそればかりを与えることで太りやすくなってしまう可能性が高いと思います。

飼い主としてはほんの少し与えているつもりでも、小型犬などにとっては量が多すぎる場合などもあり1日の摂取カロリーが増えて肥満になる傾向があるので注意しましょう。

偏食になる可能性がある

さらに犬が好きなものばかりを与えているとそれ以外のものを食べなくなって偏食になってしまう可能性もあるので、特に食事の際は注意しなければなりません。

しつけのごほうびやおやつとして好きなものを与える場合はそれほど影響しないかもしれませんが、食事の時に好きなものをドッグフードにトッピングしたり好きな食材ばかりを使って食事をつくると、好きではないものを食べなくなってしまうということはよく見られるので与え方には気をつけましょう。

犬の食事の栄養バランスを整えるコツ

ごはんを前に伏せて待つ犬

最近では手作り食を与えている飼い主さんも多いと思いますが、ドッグフードの方が主流なのではないでしょうか。

しかしドッグフードを与えていても、そこに野菜やお肉などをトッピングしているという人も多く見られます。

基本的にはドッグフードを与えていて、そこに好きな野菜や食いつきのいいお肉などをプラスしている時に注意したいのがトッピングをしないと食べなくなるということと栄養バランスが崩れてしまうということです。

トッピングをする時の注意点

そもそもドッグフードというのは、それだけで栄養バランスが整うようにつくられているため、常に同じ食材をプラスしてしまうとその分栄養が偏るということになります。

そのためドッグフードに何かの食材をトッピングする時は、量に気を付けましょう。また、同じものばかりではなく様々な食材を使ったり、トッピングをしない日というのもつくるようにした方がいいと思います。

また、トッピングがないと食べない場合、食べないからといってすぐに好きなトッピングを加えてしまうと、犬も学習してそれが出てくるのを待つようになってしまいます。そうなると偏食が進んでしまうのでバランスよく食事が出来るように好きなものの与え方には十分注意しましょう。

<まとめ>犬にとって幸せな食事とは

うれしそうな顔の犬とフードボウル

家庭犬にとって食べものというのはとても重要なもの。人間のように毎日様々な出来事があるわけではなく、毎日の楽しみは散歩とごはん(またはおやつ)という犬がほとんどだと思います。

そんな犬にとって好きな食べものがあるというのは大きな喜びです。しかし、そればかり与えていたのでは栄養バランスが崩れたり摂取カロリーが増えすぎて肥満になったり健康を害してしまう可能性も。

大好きな食べものも適度に与えつつ、愛犬の健康を守るために栄養バランスの整った食事を与えることが犬にとって本当の意味で幸せな食生活になると思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    好きなごはんとおやつって決まってきますよね。
    ごはんにはあまり興味が無くておやつ大好きなうちの子は、ドライフードにウェットフードを混ぜてあげています。
    以前はお肉を混ぜていたのですが、アレルギーのような症状が出たのでやめました。
    食餌量は少なめに食後におやつをあげています。とても楽しみにしていて、食べたよアピールをしてきます。おやつは、鹿せんべいやビーフチップ、グリニーズなど食事になるような物なので良いかなと思っています。少しわがままになったかな。
    好きな物ばかりあげては健康な身体は作れないので、ほどほどにしなくてはいけませんね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。