犬が留守番中に壊してしまうかもしれない6つの物

犬が留守番中に壊してしまうかもしれない6つの物

お気に入りに追加

帰宅してみたら愛犬に壊されていた!という経験のある「物」みなさんにもあると思います。留守番中に壊してしまうかもしれない物、私が実際に壊されてしまった物を交えてご紹介します。

3959view

留守番中に壊してしまうかもしれない物①「リモコン」

リモコンをくわえている犬

お留守番中にリモコンを破壊されてしまった経験のある飼い主さんって多いですよね。うちも何度リモコンを買い替えたことか。予備のリモコンまで用意しておいたこともありました。リモコンを隠して出かけたにも関わらず、隠しているところを見られていたのか、帰ってみたらボロボロになったリモコンを発見したこともありました。ちょっとかじられたくらいではまだ使えるのですが、かじられた部分に手が触れるとトゲトゲして痛いですよね。朝バタバタしているとテーブルやソファーの上にリモコンを置きっぱなしにしてしまいがちですが、留守番中に壊してしまう率が高いので、引き出しの中などにしまって出かけることをおすすめします。

留守番中に壊してしまうかもしれない物②「充電器」

犬のデザインの充電器

スマートフォンやタブレットの充電器も留守番中に壊してしまう率の高い物ですよね。正規品を買い替えるとなると意外と高額ですし、ホームセンターや100円ショップなどで低価格の充電器に買い替えるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。コンセントにさしたままでは危険なので出かけるときは必ず抜いて出かけるのですが、つい引き出しにしまうのを忘れてしまって、10本は壊されています。予備の充電器を用意しておくと良いと思います。

留守番中に壊してしまうかもしれない物③「スリッパ」

スリッパをくわえているトイプードル

玄関にしっかり揃えて置いて出かけたはずのスリッパが帰宅したら消えていたことありませんか?そのスリッパがリビングで粉々の状態で発見されたこと数回。普段はスリッパで遊ぶことのない愛犬たちなのですが、なぜか留守番中になるとスリッパを破壊してしまうんです。スリッパは飼い主さんのニオイが染みついているものですし、遊びながら安心することができるのでしょうか。

留守番中に壊してしまうかもしれない物④「クッション」

クッションの綿を出している犬

クッションを掘って穴を開けたり、カバーを噛みちぎって中身を出したり、
クッションも標的になりやすいですよね。小型犬(ポメラニアン)だから大丈夫と思っていたのですが、見事に穴を開けられ、その小さな穴からキレイに中身を出してありました。刺繍がされたクッションカバーだったのですが、刺繍の糸を引っ張りだし、模様がわからないほどボロボロにされたこともありました。犬用のクッション以外は片付けて出かけた方が良いかもしれませんね。

留守番中に壊してしまうかもしれない物⑤「ソファー」

ボロボロのソファーとコリー

犬と暮らしていて、ソファーが無傷だという飼い主さんはとても少ないのではないでしょうか。大型犬と暮らしていると破壊されるほどボロボロにされてしまうこともありますが、小型犬でも爪で引っ掻いて穴を開けたり、噛みちぎってしまうことがあります。とくに留守番中はソファーの上で寛いだり遊んだりすることがあるので、ソファーもおもちゃにされてしまいやすいです。うちのソファーもボロボロですが、何とかカバーで隠しています。

留守番中に壊してしまうかもしれない物⑥「ぬいぐるみ」

ぬいぐるみの綿を出した二頭の犬

自分のおもちゃのぬいぐるみなのか、飼い主さんが飾っているぬいぐるみなのか、犬に区別しなさいと言っても難しいですよね。留守番中に壊されて中身を出されてしまったぬいぐるみがたくさんあり、いつの間にか犬たちの物になっていることありませんか?綿を詰めなおして縫って直してあげるのですが、うちでは手術と呼んでいます。大切なぬいぐるみは愛犬の手の届かないところに飾らなければなりませんね。

まとめ

ベッドの上で遊ぶ犬

犬は目についた物や興味を持った物を何でも口の中に入れて噛んでボロボロにしてしまいます。ケガや誤飲の可能性もあるので、家の中の整理整頓をしっかりとし、事故を防ぐことも飼い主としての役目です。年齢を重ねるごとにイタズラや物を壊すようなことはしなくなりますが、7歳のシニアに突入したうちの愛犬たちも、たまーにイタズラして物を壊してしまうことがあります。いつだって注意してあげなければなりませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。