犬に嫌われやすい人の特徴4つ

犬に嫌われやすい人の特徴4つ

お気に入りに追加

普段、人懐こい愛犬が、ある人に対しては怖がったり、避けたりしている場面に遭遇した経験がありませんか。また、自分は家族の中で順位を一番下にみられているかもしれない、犬に避けられる事が多い、等の心当たりがある方。ちょっと気をつける事で、その順位が逆転したり、初対面の犬から好かれるようになるかもしれません。いくつか考えられる、嫌われやすい人の特徴を挙げてみました。

10945view

1.大きい声を出す人

大声で怒鳴る男性

犬は大きい声を出されるとびっくりしてしまうので、避けたがります。女性よりも男性が苦手な犬が多いのも、声が大きい事が1つの理由としてあげられます。

それは、犬が自分に対して大声で怒られるという経験からだけでなく、普段の生活で電話の声が大きい、ほかの家族に対して大きな声を出している事なども関係しています。人物として嫌いというわけでなく、愛犬はなるべくその「大声」や、「大声を向けられる可能性」を避けたいようです。

2.匂いがする人

香水をつける女性

香水がきつい、煙たい臭いがする、お酒の臭いがするなど、キツイ匂いが付いていると犬は嫌がる傾向にあります。犬は人間の数千〜数万倍も鼻がいいと言われている事からも、これらの匂いにいかに敏感に反応してしまうかが分かります。度を過ぎると、嫌悪感ではなく、そばにいるのが苦しくなってしまうのです。

反対に、自然の匂い、花の匂いや食べ物の匂い、ほかの犬の匂いがすると興味が湧く事が多いようです。

3.予期しずらい突発的な行動をとる人

突然泣き出す子供

これには、急に立ち上がったり、急に手を伸ばしてきたりする人や、突発的に大胆な行動をとる子供などが挙げられます。

犬は会話ができない分、音や動きをよくみて、周囲のことを判断しています。状況を把握できてないうえで 突発的に動かれたり、体に触られる事は、犬にとって苦手な事なのです。

また、犬にとって初対面の際には挨拶がとても重要です。その挨拶の1つとして、匂いを嗅ぐことが挙げられます。ゆっくりと犬の目線に降りて、手は低く差し出し、まず匂いを嗅いでもらうと、犬が安心しやすい状況を作る事ができるでしょう。

4.飼い主にとって実は苦手な人

困っているような微妙な表情の女性

これが、実は意外にも多いのです。飼い主が平然を装っていても、愛犬には、内心相手を苦手に思っている事が、分かってしまうようです。大好きな飼い主を嫌な気持ちにさせる人は、自分にとっても嫌だと感じるのでしょうか。犬は本当に賢くて、私たちの事をよく見ていてくれてるんですね。

まとめ

子供の顔を舐める犬

いつくかご紹介しましたが、上記のような特徴がありながらも、「我が家の愛犬は本当に人懐こくて、怖そうな雰囲気の方にも全く屈しない、だれにでも積極的にご挨拶してしまうから、逆に心配です」などといったお話もたくさんあります。それぞれの愛犬の性格を把握することが、トラブルを避けるのにも大切になってきますね。

犬が苦手という方や、幼い子供達も、理解ある飼い主が間に立つ事で、少しずつ距離を縮めるきっかけを作っていくことが理想なのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。