愛犬がかわいいからとおやつばかり与えていませんか?

愛犬がかわいいからとおやつばかり与えていませんか?

おやつが大好きな犬はたくさんいると思います。うれしそうにおやつを食べる愛犬の姿を見ると、こちらまでうれしくなってしまいますよね。犬用おやつだけでなく、自分のおやつをついついおすそ分け…なんて飼い主さんも少なくないのでは?しかし、おやつの与えすぎにはさまざまなリスクや危険性を伴うのです。それをしっかりと理解し、適度に楽しくおやつを与えられるようにしましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

おやつの与えすぎによる危険性①肥満・栄養の偏り

体重計に乗っているパグ

おやつの与えすぎで、最も気になるのがやはり肥満です。
当然のことながら、食事とは別におやつを与えすぎると、1日の摂取カロリーが増えるため体重増加につながります。
もちろん、おやつの量に合わせて食事量や運動量を調整することができれば、肥満対策になりますが、そこまで徹底してカロリーコントロールをすることはなかなかむずかしいと思います。

特に、犬のおやつの場合は食事に比べて、ハイカロリーで太りやすい炭水化物が使われていることが多いので、大した量ではないと思っていても、肥満の原因になりやすいのです。

肥満は万病のもとであり、太りすぎによって様々な疾病リスクが生まれます。
また、クッキーやスナックなどのおやつの場合は、食事に比べてどうしても栄養が偏ってしまいがちです。
栄養が偏ることで体の調子を崩したり、内臓に負担をかけたりする可能性もあるのです。
さらに、ガムや骨などを与えすぎると、消化不良を起こしたり胃腸に負担をかけたりすることも多いので与えすぎは禁物です。

おやつの与えすぎによる危険性②偏食・要求癖がつく

カップケーキに顔を近づけるヨーキー

おやつは風味が強く、嗜好性が高いため、喜んで食べる犬は多いと思います。
食の細い犬でも、おやつならば「もっともっと!」と欲しがる犬も少なくないでしょう。

ふだん食が細くて悩んでいる飼い主さんは、愛犬が喜んで食べている姿を見るととてもうれしくなるものだと思います。
そのため、ついつい犬が好むおやつばかりを与えすぎてしまうということも。
しかし、犬が好むおやつばかりを乞われるがままに与えてしまうと、その偏食傾向がさらに進み、余計に食事を食べなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

また、おやつを犬の求めるままに与えることは、しつけの面においても問題となることが…。
吠えたり飛びついたりするなどして、犬が要求することで「はいはい、しょうがないわねぇ」と犬用のおやつや飼い主が食べているおやつなどをすぐに与えてしまうと、要求が通ることを覚えてしまいます。
特におやつという“しつけのごほうび”ともなる大好きなものが手に入るのですから、要求の姿勢はどんどん強化されていってしまいます。
次第に、要求してももらえないときには、吠え続けたり飼い主の手や服を噛んできたり、問題行動を起こす可能性もあるのです。

おやつの与えすぎによる危険性③虫歯・歯周病

黄色い歯ブラシをくわえているミニチュアダックス

私たち人間の場合ですが、いわゆる“ダラダラ食べ”は虫歯の原因になると言われています。
犬は虫歯にならないという話を聞いたことがあるかもしれませんが、絶対にならないというわけではありません。
また、人間と同様の虫歯菌による虫歯になりにくいだけで、歯周病や口臭などの口内トラブルは、犬でも多く見られます。

そのため、時間を決めずにダラダラとおやつなどを食べ続けていると、常に口内に食べ物や食べかすがある状態になりやすく、雑菌が繁殖して口内トラブルの原因となってしまいます。

犬の歯の治療は非常に難しく、歯肉炎や歯周病などで歯が抜け落ちたとしても、どうすることもできない場合がほとんどです。
歯が健康であることは、食事をしっかりと摂り、健康を維持するためにとても大切な要素。
歯や歯茎の健康を守るためにも、おやつの与え方には十分注意しましょう。

犬におやつを与えすぎることに関するまとめ

舌を出しているこげ茶色の犬

犬におやつを与えすぎることは、肥満や内臓疾患、歯周病など、健康をおびやかすトラブルを引き寄せるだけでなく、しつけや飼い主との関係性づくりにおいても、悪影響を及ぼす可能性があります。
ですが、おやつを喜んで食べる愛犬の姿を見るのは、飼い主としてはとてもうれしいものですし、コミュニケーションのひとつにもなるでしょう。

大切なのは、おやつの種類や与え方をしっかりと考えること。
太りやすい犬には、野菜などを使ったローカロリーおやつを与えるようにしたり、手作りしたりしてもいいと思います。

また、与える時間や頻度についても、飼い主さんがしっかりと管理、コントロールして「どれくらい食べたかわからない」というような状態にはならないように注意しましょう。

犬にとっておやつは決して害となるものではありませんので、与えてはいけないというわけではありません。
与えるものや与え方に注意して、愛犬の体と相談しながら、楽しいおやつタイムを過ごしてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。