ついやってるかも?犬との溝を深めてしまう意外な行為5つ

ついやってるかも?犬との溝を深めてしまう意外な行為5つ

お気に入りに追加

あなたは愛犬との信頼関係はバッチリ築けていますか?自分ではバッチリと思っていても、実は自分でも気付かないうちに愛犬の心が離れていってしまう行為をしてしまっているかもしれません。この記事では「ついやってるかも?犬との溝を深めてしまう意外な行為〇つ」というテーマで、愛犬や周りのワンちゃんが実は嫌がっているかもしれない行為を 5つご紹介します。是非、チェックしてみてくださいね!

18727view

犬との溝を深める行為1:撫でる

人を見上げながら撫でられている犬

優しく犬の好む場所を撫でるのは、犬も嬉しく喜ぶと思います。
しかし、ワシャワシャと強い力で頭を撫でたり、その子の嫌な部分を撫でたりすると、「この人は嫌なことをする人だなあ」という印象がついてしまいます。
そしてだんだんと溝が深まってしまうでしょう。

犬との溝を深める行為2:抱っこする

飼い主に抱えられてこちらを見ている犬

もちろん自ら「抱っこして!」とお願いする、抱っこ好きなワンちゃんもいるでしょう。
ここで触れたいのは、抱っこが苦手なワンちゃんを、無理やり抱っこすることは溝を深めてしまうということです。

犬は4足歩行の動物なので、全ての足が宙に浮いてしまう抱っこは、基本的に苦手です。
そんなワンちゃんを飼い主さんが抱っこしたいからといって、無理やり抱っこする習慣があれば、犬は本当は嫌がっているけれど、我慢しているのかもしれません。

犬との溝を深める行為3:大きな声で怒る

飼い主の指示を見る犬

犬は人間よりも聴力が優れているので(人間の約4倍とも言われています)大きな音が苦手です。
しっかり大きな声で叱ることを善しとするしつけ方も、昔はなされていましたが、現代ではそのような方法は、飼い主さんとの真の信頼関係が築けなくなる恐れがあるのでオススメできません。

大きな声で叱れば恐怖から従ってくれるかもしれませんが、愛犬との溝は深まっていくでしょう。

犬との溝を深める行為4:話しかける

犬と向かい合って話しをする女性

短い言葉で愛情たっぷりに話しかけることは、犬にも伝わりますし、良いことです。
しかし、長々とボソボソ呟くように犬に話しかけることは、犬が理解できないのでストレスになります。
性格の良いワンちゃんならば、首を傾げて一生懸命に飼い主さんの話を聞こうとしてくれるかもしれません。
その姿もとても可愛いですが、愛犬を困らせてストレスを与えたくなければ、しない方がよいですね。

犬との溝を深める行為5:何でも言うことを聞く

散歩中飼い主を引っ張っている犬

愛犬の「ワガママ」を放置していたり、助長させたりするような行動はしていませんか?
お散歩は引っ張らせ放題、ごはんの好き嫌いが激しい、無駄吠えはし放題…。
これらのよく問題行動とされるものは、飼い主さんの観察力と努力で必ず改善できます。

このような問題行動は、犬にとっても辛いもので、ストレスになります。
飼い主さんも犬も気付かないうちに、相互の心の溝は深まっていくことになります。

「うちの子は手に負えない」と匙を投げるのではなく、人間の知恵を発揮して、愛犬を幸せなワンちゃんにしてあげることが大切ですね。

まとめ

夕日と飼い主に寄り添う犬のシルエット

いかがでしたでしょうか。
犬との溝を深めてしまう意外な行為の例として、

  • 撫でる
  • 抱っこする
  • 大きな声で怒る
  • 話しかける
  • 何でも言うことを聞く

の5つを挙げてきました。あなたがついやってしまっている行動はありましたか?
あった人もそうでなかった人も、明日からは愛犬の嫌なことはなるべくしないように心がけて、もっと仲良しになれるようにしたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ドッグランでずっと吠えている子が時々います。ずーっとです。吠えてるワンコ本人も喉が疲れるんじゃないかっていうくらい。なぜ飼い主さんは何もせずずっと吠えさせているのか、ちょっと理解に苦しみます。あきらめずやめさせてあげて欲しいな!と思っていましたが、そう考える私が間違っているのかなぁと思ったりもしていました。この記事を読んで、そういう行動は犬自身にもストレスと書いてあったのでやっぱりそうかと思いました。吠えさせてるワンコの飼い主さんがこの記事を読んでくれているといいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。