ウェルシュコーギーカーディガンの性格と特徴、寿命や歴史から仔犬の値段まで

ウェルシュコーギーカーディガンの性格と特徴、寿命や歴史から仔犬の値段まで

お気に入りに追加

日本でも人気犬種のコーギーですが、カーディガンとペンブローグの2種類に分かれることはご存知でしょうか?日本では圧倒的にペンブローグのほうが有名ですが、ウェルシュコーギーカーディガンも、とても魅力的な犬種です。この記事では、ウェルシュコーギーカーディガンの性格や特徴、歴史までをご紹介します。

2778view

ウェルシュコーギーカーディガンの性格

2頭のウェルシュコーギーカーディガン

  • 利口
  • 活動的
  • 忠実
  • 警戒心が強い

ウェルシュコーギーカーディガンは、とても活発で利口な犬種です。活発で運動量は多いですが、性格は落ち着いていて、バランスがとれています。

ウェルシュコーギーカーディガンは、もともと牧羊犬だったので、判断力もあり、飼い主に忠実です。ただ、頭がいい分、飼い主の態度が優柔不断だと、しつけに苦労するかもしれません。ルールを明確に示してあげるほうが、ウェルシュコーギーカーディガンにとって、居心地がいいでしょう。

また、他の犬に対しては、警戒心を抱きやすいため、散歩中に他の犬とすれ違うときは注意が必要です。できれば、子犬のうちに、たくさんの犬や人間と接する機会が多いほうが、ウェルシュコーギーカーディガンは落ち着いた犬に育ちやすいです。

ウェルシュコーギーカーディガンの特徴

ウェルシュコーギーカーディガンの全身

  • 体高:30cm程度
  • 体重:11kg~17kg

ウェルシュコーギーカーディガンはとてもがっしりと頑丈な体をしていて、機敏さと耐久力を兼ね備えています。体高よりも体長が長く、コーギー特有の短足で丈夫な体です。

ウェルシュコーギーカーディガンの体高は30cm程度、体重は11kg~17kg程度です。小型犬と言われていますが、体重からすると中型犬と言っていいでしょう。

ウェルシュコーギーカーディガンの特徴は、キツネのようにふさふさした尻尾です。同じコーギーのペンブロークは断尾されることが多いですが、カーディガンは尻尾をそのまま残すので、低い体に沿うような大きな尻尾を持っています。

ウェルシュコーギーカーディガンは短毛で、さまざまな毛色があります。白地に黒や茶色のまだらがあり、トライカラーも認められています。そのため、中には虎毛の子もいます。どの色であっても、鼻と目のふちは黒でなければいけないと、スタンダードで定められています。

短毛なので、お手入れは比較的簡単で、ブラッシングは週1回程度で良いでしょう。ただ、尻尾の毛は長いので、毛玉にならないように、もつれている部分はきちんととかしてあげたほうがいいです。

ウェルシュコーギーカーディガンの値段

ウェルシュコーギーカーディガンの親子

ウェルシュコーギーカーディガンの子犬の値段は30万円程度が相場のようです。純血種ですから、血統によって値段が違ってきます。親犬がドッグショーでチャンピオンを獲った場合だと、50万円以上の値段がつくこともあるようです。

ペットショップでコーギーの子犬を見かけることがありますが、ペンブローグですね。ウェルシュコーギーカーディガンは、日本ではペンブローグほどメジャーではないので、ペットショップで子犬を見つけるのは難しいでしょう。

そのため、ウェルシュコーギーカーディガンの子犬が欲しい場合は、ブリーダーから直接譲り受けることになります。数は少ないですが、国内にウェルシュコーギーカーディガンのブリーダーがいますので、コンタクトをとって、出産状況を教えてもらいましょう。

また、子犬にこだわらないのであれば、ウェルシュコーギーカーディガンの里親になる方法もあります。里親募集サイトに、ウェルシュコーギーカーディガンが掲載されていることがあります。

基本的に気立てのいい犬種なので、里親になるハードルは比較的低いと思いますが、里子に出された経緯はしっかりと確認しましょう。つらい経験をした子だと、信頼関係を築くまでに時間がかかることもあります。ご自身の手に余るようなことがないよう、性格や健康状態をしっかり確認してくださいね。

ウェルシュコーギーカーディガンの寿命

座っているウェルシュコーギーカーディガン

ウェルシュコーギーカーディガンの寿命は12歳~14歳程度と言われています。もちろん個体差もありますし、飼育環境によっても寿命が違ってきますので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

胴長の犬種が皆そうであるように、ウェルシュコーギーカーディガンも椎間板ヘルニアには要注意です。シニアになると発症しやすい病気ですが、肥満や運動不足で早いうちに椎間板ヘルニアになってしまう場合もあります。腰の痛みは人間でもつらいものですから、食事や運動量には十分注意を払ってあげましょう。

ウェルシュコーギーカーディガンの病気で、もう1つ気をつけなければいけないのは、変性性脊髄症と呼ばれるものです。椎間板ヘルニアに似た症状が出るそうですが、原因や治療法がわかっていないようです。

遺伝性かどうかも不明なので、どのウェルシュコーギーカーディガンにも発症の危険性があります。予後があまり良くない病気で、死に至る場合もありますので、早期発見につとめ、適切なケアで寿命を延ばしてあげたいところです。

ウェルシュコーギーカーディガンの歴史

羊を追うウェルシュコーギーカーディガン

ウェルシュコーギーカーディガン(Welsh Corgi Cardigan)の歴史はとても古く、紀元前1200年ごろにイギリスのウェールズ地方にケルト民族とともにやってきたと言われています。文献にに残っているだけでも、920年にはすでにウェールズ地方に存在したことが認められています。

これほど歴史の古い犬種でありながら、ウェルシュコーギーカーディガンが広く知られるようになったのは最近のことで、1933年に当時まだヨーク公だったジョージ6世が飼育していたことで、人気の犬種になりました。

それまでは、ウェールズ地方のカーディガンシャーに住む貧しい人々が、牧羊犬として有能なウェルシュコーギーカーディガンをあまり広めないように、自分たちの間だけで飼育していたようです。有名になることで、盗まれることを恐れたのかもしれません。

1925年に行われたイギリスのドックショーでは、ウェルシュコーギーカーディガンは、同じコーギーのペンブローグと同一犬種と見なされていました。そのため、混血が進み、2つの犬種はますます似てきました。ですが、1934年には別々の犬種として登録されることになりました。そのため、現在ではコーギーにはカーディガンとペンブローグの2種が存在しています。

かつて、ウェルシュコーギーカーディガンは、一部の地域では、ヤードロングドッグとも呼ばれていました。体長が、ウェールズ地方で使われていた1ヤードという単位と同じだったからです。また、名前が長いので、コーギーについて話しているときは、単に「カーディガン」と呼ばれることもあります。もう1種も「ペンブローグ」と呼ばれていますからね。

まとめ

アジリティをするウェルシュコーギーカーディガン

ウェルシュコーギーカーディガンは、とても頑丈でしっかりした体つきが頼もしいですね。性格も穏やかで、良き相棒になってくれそうです。運動量が多いので、毎日しっかり散歩に行く必要があります。

日本ではペンブローグのほうが有名ですが、ウェルシュコーギーカーディガンのほうが歴史が古く、牧羊犬として活躍していた年月が長いです。その分、とても賢くて機敏に動き、耐久力もあります。スポーツドッグとしても活躍できそうですね。

▼コーギーについて詳しく知りたい方はこちら

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。