垂れ耳がかわいい犬種5選

垂れ耳がかわいい犬種5選

お気に入りに追加

犬の垂れ耳に癒される人も多いでしょう。耳の形、大きさによって顔の印象も変わりますが、垂れ耳の子は優しい印象がありますよね。そこで今回は、垂れ耳がかわいい犬種を歴史と特徴とともにご紹介します。

6517view

垂れ耳がかわいい犬種①ビーグル

伏せをするビーグル犬

  • 英語表記:Beagle
  • 原産国:イギリス
  • サイズ:中型犬

歴史

14~15世紀に、ウサギ狩りのハウンド犬種として活躍していました。ビーグルの祖先が、紀元前400年頃の文書に、「ウサギ狩りが得意な動物」として記載されていることから、とても古い歴史で才能が発揮されていたと考えられています。その後、品種改良が進み、イギリスで犬種登録されました。

集団で狩猟する際に、獲物の居場所を仲間に知らせるために吠えることから、「シンギング・ビーグル」や「森の声楽家」など呼ばれています。

ビーグルの名前の由来は諸説あります。ビーグルの狩猟スタイルや、イギリスでは「この犬は歌うように吠える」という見解から、「開いたのど」を意味する「begueule」から名付けられたという説や、「小さい」を意味する「beag」が訛ったという説もあります。

特徴

足と胸、尻尾の先端、お腹の部分は白色の被毛を持ち、背中や頭部は黒や茶の色を持ちます。スヌーピーのモデルとしても有名なビーグルですが、スヌーピーのような耳と背中だけで黒の斑点が付いた模様は、珍しいといわれています。

垂れ耳がかわいい犬種②アメリカン・コッカー・スパニエル

お座りするアメリカン・コッカー・スパニエル

  • 英語表記:American Cocker Spaniel
  • 原産国:アメリカ
  • サイズ:中型犬

歴史

アメリカン・コッカー・スパニエルの起源は古く、14世紀頃にイギリスにスパニエル種として持ち込まれました。「コッカー」はヤマシギという鳥を意味し、小型の狩猟犬として活動していました。その後、狩猟犬ではなく愛玩犬として改良が進み、ドッグショーなどで注目を集めました。

特徴

くるくるとカールした被毛や、ブロンドの長い被毛が美しく、毛のボリュームを広げるトリミングが特徴的です。ディズニー映画「わんわん物語」の主人公は、アメリカン・コッカー・スパニエルがモデルで、その可愛い容姿と穏やかな性格で人気を博しました。

垂れ耳がかわいい犬種③ゴールデン・レトリバー

舌をだすゴールデン・レトリバー

  • 英語表記:Golden Retriever
  • 原産国:イギリス
  • サイズ:大型犬

歴史

19世紀以前の歴史が明確にされておらず、起源については諸説ありますが、一番有力とされているのが、イギリスのツィードマウス伯爵によって、作出されたのではないかといわれています。

19世紀半ば、伯爵はツウィード・ウォーター・スパニエルを交配し、その後ブラッドハウンドやアイリッシュセッターと掛け合わせ、子犬が誕生しました。そのうちの黄色い毛色を持つ子犬が、ゴールデン・レトリバーの祖先といわれています。

特徴

温和で人懐っこい性格や、優しい顔に癒される方も多いでしょう。麻薬犬や盲導犬、セラピー犬としても活躍するほど頭が良く、飼い主に従順で、責任感も強い犬種です。

垂れ耳がかわいい犬種④ダックスフンド

こちらを見つめるダックスフンド

  • 英語表記:Miniature Dachshund
  • 原産国:ドイツ
  • サイズ:小型犬

歴史

ダックスフンドはサイズの違いから、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3つに分けられます。中世のドイツでは、優れた嗅覚により獲物を探す仕事をし、特に3サイズの中間であるミニチュアダックスフンドは、自分より小さい獲物から大きい獲物まで、幅広い猟犬として活躍していました。

特徴

一般社団法人ジャパンケネルクラブが発表している、犬種登録頭数(2017年)によると、カニンヘンが5,754頭、ミニチュアが19,345頭、スタンダードが57頭で、ミニチュアが圧倒的な人気と分かります。

近年のペットブームにより、ペット可のマンションが増えたこと、さらに体重10kg以下と規定があるマンションが多いこと、一人暮らしでも飼いやすいこと、頭が良いためしつけがしやすいこと、などがミニチュアが人気な理由と考えられます。

その身軽な体型と足の速さ、頭の良さからドッグスポーツでも活躍しており、2013年には全国で初めて警察犬として試験を合格した、ミニチュアダックスフンドが話題となっています。

垂れ耳がかわいい犬種⑤キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

散歩中のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

  • 英語表記:Cavalier King Charles Spaniel
  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬

歴史

16~19世紀にイギリス王室で愛された、小型のスパニエル犬種で、特にチャールズ2世は「犬以外と過ごしているのを見たことがない」といわれるほど溺愛していたそうです。

その後、東洋から狆やパグなどの短吻犬種(鼻が短く平らな顔、いわゆる鼻ぺちゃ犬)がヨーロッパに輸入され、流行となりました。その影響を受け、小型のスパニエル犬種と短吻犬種を交配させて誕生した、短吻の小型スパニエル犬種に、キング・チャールズ・スパニエルという名前が与えられました。

しかし、実はチャールズ2世が溺愛していたスパニエル犬種は、短吻タイプではなかったのです。この短吻ブームの反動として、「チャールズ2世が愛した長吻タイプのスパニエル犬種を復活させよう」と愛好家たちが交配を進めました。こうして、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが生まれました。

特徴

キャバリアは「中世の騎士」を意味しますが、性格は優雅で穏やかで、表情が豊かです。遊び好きな一面を持ちますが、ケンカは好まず、子供に対してもおおらかに対応します。あらゆる犬種の中でも、性格が良い犬種ともいわれています。

まとめ

たくさんの種類の犬たち

動物行動学者のコンラート・ローレンツは、「体の末端が尖っている場合、可愛さの度合いが減る」と述べています。つまり耳でいうと、耳が立っている犬種はかっこいい印象、耳が垂れている犬種は柔らかく優しい印象、とのこと。

あなたの愛犬はどうですか?

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。