ビターアップルスプレーは噛み癖、誤飲防止にオススメ!

ビターアップルスプレーは噛み癖、誤飲防止にオススメ!

お散歩デビューした時、噛みグセ防止用の「ビターアップルスプレー」持ち歩き、誤飲防止に役に立ちました。お散歩デビューの頃は、家の中だけでなく、散歩中も持っていると便利で大活躍でした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

世界中で愛用されている「ビターアップルスプレー」

ビターアップルスプレー

この、「ビターアップルスプレー」は、未熟リンゴの皮から抽出された天然の苦み成分を使用しているということで、ワンちゃんの体にも害が少なく、「イタズラ防止」や、「ひっかき防止」、「吠えグセなどの矯正」にも使える便利なスプレーです。

お散歩デビューの時には、誤飲防止に役に立ちました。

散歩デビュー

我が家の柴犬は、無駄吠えをした時などに「ビターアップルスプレー」を使用しました。ワンコから見えない上の方の位置からスプレーすると、「ピタッ」と吠えるのを止めるのです。

また、幼犬の頃にお散歩デビューした時には、目につくものは何でも口に入れていしまいがち。
私はそこで「ビターアップルスプレー」を持ち歩き、口に入れそうな物に予めスプレーしたり、ワンコの見えない上の方の位置からスプレーしたりと、散歩中の誤飲防止にも大変役に立ちました。

また、お友達のワンちゃんと遊んでいる時にも役に立ったことがあります。

お友達の子の場合、ロングリードを使って、他のわんちゃんと一緒に走って遊んでいる際に、お友達のロングリードを噛んでしまうという悪いクセがありました。これも、同じように「ビターアップルスプレー」事前にリードにスプレーする事で、直すことに役立ちました。

ビターアップルスプレーの他にも。


プラッツ (PLATZ) ビターアップル ダバー犬用 236ml(8oz)

スプレーする時の「シュッ」という音を嫌がるワンちゃんには、ダバータイプ(先端から少しずつ液がしみ出す、塗るタイプ)もあります。

我が家では、家具やパソコンのコードなど細い物に塗って使っていました。

また、長時間効果が持続するというジェルタイプもあり、我が家では、どうしても噛まれては困る、テーブルや椅子に塗りました。

被毛を噛んだり、皮膚を舐めてしまう時にも。

我が家の柴犬は、梅雨時から夏にかけて足の被毛を、前歯で噛んでしまい部分的にハゲてしまうことがあります。「ビターアップルスプレー」を少しだけ足の被毛にスプレーしてからは、被毛を噛まなくなりました。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 てっしー

    すごい良いかも!このスプレーは、世界的にも有名なスプレーなんですね!知らなかったです。うちの愛犬は、道端のものを拾い食いしたりとか、家の家具を噛む癖はないのですが、なぜか実家の木の椅子だけは噛みます。木の味が美味しいのでしょうか。。この商品購入してみます!
  • 投稿者

    30代 女性 渋凛

    ビターアップルはその名の通り苦いので、ワンコが小さいうちのカミ癖予防に効果を発揮します。シニアになってからだと苦さはあまり感じないのか、我が家では効果がなかったので、出来るだけ若いうちに使用するのが正しいのかと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 クスカ

    わたしも以前このようなビターアップルスプレーを使っていました。
    我が家のわんちゃんが子犬の頃、だんだんイタズラに興味が出てきた頃にリビングのソファーやクッションをかじってイタズラするようになり、何度しかっても聞く耳持たずという感じだったのでビターアップルスプレーを購入し、かじる場所にスプレーしました。
    やはり苦手な味がしたようでかじるのを徐々にやめだしいつしかかじらなくなりました(笑)
    オススメのスプレーです。
  • 投稿者

    20代 女性 タオル

    うちも子犬の頃に家具や手に甘噛みをする癖があったので使用しました。最初はくんくんと臭いを嗅いだり、ペロッと舐めたりして嫌な顔をしていましたが何回もやっているうちに苦手なものだと気づいたようです。それでも噛みたいようで、何度かチャレンジしていましたが結局苦手な気持ちのほうが勝ったようです(笑)
    家具類はスプレータイプだとすぐに乾いて効果がなくなってしまうようなので注意です。ジェルタイプのものは乾きが遅く長時間保つので、スプレータイプは手や布に、ジェルタイプのものは家具に塗ることをオススメします。
    繰り返し使うことでかじってはいけないことを学習したようで、そのうち噛み癖はなくなりました。値段のわりに長く使えるのでコストパフォーマンスもばっちりです!オススメのグッズですね。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    ビターアップルという製品を初めて知ったのはつい最近で、もっと早く知っていたら実家で飼っていたワンコも家具にイタズラしなかったのに・・・と思いました。実は、私の実家で飼っていたパピヨンのパピー時代に実際にあった話ですが、歯がゆいのを解消する為に家具や電化製品【TVなど】をカジカジとかじる癖がありました。食卓のテーブルやイスの脚も知らないうちに結構かじっていました。ある日、母の友人が遊びに来ていて、イスに腰掛けた途端にイスの脚の一本がポキッと折れてしまって危うく尻もちをつく事がありました。それ以来、全ての家具の再確認をしたり、本当に噛み癖を治すのには苦労していました。ビターアップルを上手く利用したら、しつけもしやすいのではないかと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家も、愛犬がカミカミ犬(歯が生え変わる時期の生後6ヶ月前後)、ちょっと目を話すと家具や柱、壁紙を齧られ困っており、ビターアップルスプレーを試したのですが、全く効き目がありませんでした。当時、リンゴではなく柑橘類を使った同様の商品もあり、こちらも購入して試したが、全く効き目がありませんでした。スプレーされた場所を、むしろ喜んで噛んでいたぐらいです(笑)構ってもらってると勘違いしていたのかな?と思ったりもしたのですが、後日、愛犬が生のリンゴも柑橘類も大好きなことがわかり、「効くわけがない」とわかりました。
    しかし、愛犬にも嫌いな物がありが、すりおろした大根、すりおろしたショウガ。この2つは匂いと辛味で、近づきもしません。もしあの頃に帰れるなら、この2つの汁をボトルに入れて、家具にスプレーしてみたかったな。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    女性 tym

    スゴイ効き目ですね!ワンちゃんに見えない上からのスプレーの仕方が、ワンちゃんを警戒させずに、でも香りの抑止効果を効かせるのに有効だと、とても参考になります。この商品は、我が家の愛犬に以前使ってみましたが、慣れてしまったようで、効く時とそうでない時が出てしまったので、今はいくつか他の刺激臭のものを作って併用しています。例えば、木酢酢や穀物酢、ミント精油、ブラックペッパー精油です。木酢酢や穀物酢は、100mlの水に10ml程度を混ぜます。精油は水に溶けにくいので、スプレーボトルに、まずグリセリン(小さじ1)を入れて精油2-3滴を入れ、無水エタノール10mlで溶いて乳化させてから、100mlの水を入れて栓をして良く振って混ぜ合わせます。精油はプラスチック系の素材を分解するので、使い切り量を作り、毎回良く振って使うことをおすすめします。犬の嗅覚は人間の数百~数千倍とも言われているので、刺激の強い酢や、芳香成分の凝縮物である精油はほんの数滴で、効果があります。我が家では、数種類の香りスプレーを使うことで、一定の抑止効果があるので、ご参考まで。
  • 投稿者

    女性 フラワー

    うちの愛犬もビターアップルで「かじる癖」を直しました。プラスティック製の物、ゲージのトレー、クレート、敷物、自分のしっぽなど何でもかじっていました。犬と一緒に居るときはかじらせないように出来ましたが、お留守番や夜寝ているときは監視出来ないので、ゲージのトレーや自分のしっぽなどをかじっていました。ゲージのトレーなどは買い替えればよいのですが、しっぽの毛はどんどん短くなりとっても貧弱で情けないしっぽなっていました。
    そこでビターアップルを試してみたところ、うちの犬にはとても効果がありました。
    ビターアップルを「シュッ!」とひと吹きした物を犬に渡したら飛び上がってビックリし、部屋の隅のほうに行って縮こまっていました。この姿を見た時はちょっと可哀そうかな~と思いましたが、かじる癖や誤飲などの危険性を考慮し、使ってみることにしました。
    でもビターアップルは揮発性なので、塗ってから時間が経つと効果がでないので塗るタイミングがちょっと難しかったです。なのでビターアップルを小まめに塗るようにし、かじらせないようにしました。
    あとは犬の「かじりたい」という欲求は満たしてあげたいので、かじっても良いものとしてコングやガムなどを与えるようにしたところ、「かじる癖」が徐々に減ってかじらなくなりました。
  • 投稿者

    女性 colo

    ビターアップルスプレーは愛犬をペットショップから迎え入れる時、店員さんにどうしますか?と勧められたスプレーです。迎え入れる時点で生後5か月まで育った子だったので、歯が抜け替わる時期だったというのもあります。幸い噛み癖の少ないシー・ズーだったので、特に必要とすることはありませんでした。
    ですが、お散歩の時に目に入ったものはなんでも匂いを嗅いでしまうので、一度それで何か農薬のようなものを嗅いでしまい、急性肝炎になってしまったことがあります。それからはどこに何があるかわからず、お散歩でもあまり歩かせられなくなってしまいました。
    ビターアップルスプレーはこういう時にも活用できたのですね。もっと早くに知っていればよかったです。家具などの噛み癖対策としか認識していませんでした。
    被毛に直接かけても大丈夫なようですし、足を舐める癖もあるのでうちでも活用できそうです。
    オス犬ならマーキング予防にも使えるそうです。マーキングされてしまうところにこまめにスプレーしておくと嫌がってそこにしなくなるそうです。
  • 投稿者

    30代 女性 v_v

    2才手前くらいまで、うちの犬も噛み癖がひどくてビターアップルが役に立っていました。スプレーをしてしばらくすると効果がないため、犬が咬みそうになったら素早くスプレーをするのがコツです。家具の脚やソファなど噛まれて困る箇所もそうですが、ヒマを持て余したときに前脚を舐めることが癖になってしまい、毛が薄くなってきてしまったときも、ビターアップルを被毛の表面につけたところやらなくなりました。
    これはあまりおすすめできませんが、前脚を舐めることが癖になってしまったことを相談したときに「うちはウナクールを塗って直したわよ」とおっしゃっている方がいました。舐めるとひやっとするのが嫌で舐めなくなったそうです。
  • 投稿者

    40代 女性 こたママ

    ビターアップル子犬の時に使ってました!噛み癖で困っていた時にペットショップでかなりおすすめされて使ってみたんですが、最初軽くシュッと吹きかけてた程度ではほとんど効果がなくて「結構いい値段したのにだまされた!無駄だったな~」なんて思ってしばらく封印してしまいました。でもそれからしばらくして、もっとたくさんかけてびしゃびしゃにするくらいじゃないと効かないって聞いて試しにやってみたら効果抜群!前は一瞬嫌そうな顔しつつも、すぐまたトライして克服しちゃうみたいな感じでしたが、たっぷり塗りたくっておいたら何回チャレンジしても嫌な味がするからか噛むのをあきらめてくれました!!初めにたっぷりつけて嫌な味の印象を強烈に残しておいたら、そのあとは軽くつけておくだけでも敬遠するのでかなり家具やクッションを噛むことが減って助かりました!
  • 投稿者

    女性 MOJO

    うちの犬が子犬の頃、とにかく何でも噛んでしまい、いろんなものを破壊されました。一番
    ショックだったのは、新品のハイヒールをボロボロにされてしまったことです。この件が
    あってからビターアップルスプレーを買って試してみましたが、うちの場合は効果がありま
    した。すごく嫌そうな顔をして逃げて行きましたよ!ただ、効かないワンちゃんもいるよう
    です。ぜひ一度試してみてください。
  • 投稿者

    女性 Sakura

    うちの犬が子犬の時、とにかくいろんなものを噛みちぎり、破壊したりしてくれました。もちろん、しつけを怠っていたわけではありません!なかなか噛み癖が治らなかったので、本当に困っていました。このビターアップルスプレーが良いと聞いたので試してみたのですが、うちの犬は最初の2回くらいは効果がありましたが、慣れてしまったようで途中から効かなくなってしまいました。犬によっては効く場合と効かない場合があるようです。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    ビターアップルは昔からよく見る有名なスプレーですね。愛犬に噛み癖が出てきたら用意しようと思っていたのですが、ありがたいことに破壊王にはなりませんでした。ぬいぐるみに当たりちらすだけで済んだので、使用することはなかったですが、最近ゴミ箱漁りを覚えてしまったので、ここにシュっとするのに考え中です。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。